戸川貞雄

Togawaただいま委員長から御指名いただきました平塚の市長でございます。新聞、雑誌その他ですでに宣伝されておりますが、競輪廃止反対の、世論に抗して、ようやく文化人市長の悪名高からんとしている、平塚の市長でございます。
市長の立場からの反対を簡単に申し上げます。平塚市は、大体市域の八割が焦土と化しました。学校を初め公共営造物、民家、商店街、工場、ほとんど焦土に帰したといっていいような被害を受けたのでございます。
そこで、競輪と自治体との関係について私は競輪悪妻論というものをただいま唱えているわけでございます。私は元来戦災によってこうむった被害は、これはことごとく政府の責任において、国の力において復興すべきものだと、初めから考えておるわけでありますが、本家が未曽有の敗戦という歴史を喫して、そうして十分に火事で焼け出された分家を助けてやるわけにはいかない。仕方がない。分家が独自の力で世帯の立て直しをやってもらいたい。ここに幸か不幸か、大へん手癖の悪い、素性も悪い女がおるけれども、これは多くの働きのある女だから、お前の世帯の立て直しにもらったらどうかというお勧めをいただきまして、そのときには戦災都市連盟の石見さんあたりが橋渡しをして大へん苦労なすって、そうして私の市といたしましても、戦災都市連盟といたしましても、この競輪を迎えますには、堂々たる仲人があって、自由結婚や恋愛結婚をしたのではない、政府、国会が仲人として差し向けて下さった悪妻でございます。私は良妻と申し上げません。これは悪妻であります。
さらに、その悪妻の力で廃止に踏み切られた、あるいは廃止された各都市の実情は、この悪妻が今日まで――戦災をこうむってきた都市でほとんど戦災の被害から立ち直った都市は、これは多かれ少なかれ、悪妻だけのかせぎにたよってきた。この悪妻がそろそろだんだん悪性を出してきて、松戸でこんな騒ぎを起こした。どこどこでよろめいた。こんな悪評高き女房を抱えているのと、そうしてまたここらで追い出すのと、プラスマイナスを考えたならば、どっちが経済的理由で、あるいは道義的理由で得であるかということを考えて、その上で廃止、存続の二つに分れた。私はこう解釈しますから、道義的理由がきわめて薄弱であります。これは私は各自治体にとりましては表看板だ。要するに、私のところではこれ以上悪名高き悪妻の御厄介にならなくても立ち直ることができる状態になったから、ここで離縁するということです。私のところは、八割も焦土と化しておりまして、大へんかいしょうのない亭主でありますから、今日までほんとうにふがいなく、今なお立ち直っておらないのであります。従いまして今しばらくの間は、この悪妻とそっと連れ添わしてほしい。十分亭主としましては、その悪妻に注意も与えますし、世間で評判の悪いこともしないように、十分今後も気をつけてやりますから、しばらくの間は仲人さんもめんどう見て下さい。

娯楽ということは楽しむということです。娯楽は、不健全性が多ければ多いほど魅力があるのです。

1 thought on “戸川貞雄

  1. shinichi Post author

    衆議院会議録情報 第033回国会 商工委員会 第10号

    昭和34年12月9日

    http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/033/0216/03312090216010a.html

    中村委員長 次は、平塚市長戸川貞雄君。
    戸川参考人 ただいま委員長から御指名いただきました平塚の市長でございます。新聞、雑誌その他ですでに宣伝されておりますが、競輪廃止反対の、世論に抗して、ようやく文化人市長の悪名高からんとしている、平塚の市長でございます。
     私は、二つの点から廃止反対を唱えております。一つは、平塚の市長の立場からの反対でございます。これはしかしきわめて低姿勢でございます。残りの一つは、一人の文化人として、私は過去作家生活を送ってきた人間でございますから、作家の立場から私は廃止絶対反対、これは高姿勢でございます。この二つにつきましては、すでに最近出ます雑誌に、私は長論文を発表しておりますので、ごらん願いたいと思いますので省きます。雑誌のPRに属しますから、省きますが、お読み下さると十分御理解願えると思います。
     市長の立場からの反対を簡単に申し上げます。先ほどすでに論者がいろいろ論じ尽しなすった御意見のうちにも、十分御理解できる点が多々あると思うのでございますが、戦災都市は百十幾つございまして、今の姫路の市長さんが戦災都市連盟の生みの親として、非常に御苦労なすったわけでございます。そうしてそこにおいて誕生したのでありますが、平塚市も戦災都市の仲間入りをさしていただきました。おそらくあれだけの戦災都市のうちで、平塚市の被害は、右から十番あるいは二十番以上の被害だと思います。大体市域の八割は焦土と化しました。学校を初め公共営造物、民家、商店街、工場、ほとんど焦土に帰したといっていいような被害を受けたのでございます。
     そこで、競輪と自治体との関係について私は競輪悪妻論というものをただいま唱えているわけでございます。当時、先ほど川崎の市長さんからも説明がございましたが、私は元来戦災によってこうむった被害は、これはことごとく政府の責任において、国の力において復興すべきものだと、初めから考えておるわけでありますが、御承知の通り、ただいま御説明のありました通り、本家が未曽有の敗戦という歴史を喫して、そうして十分に火事で焼け出された分家を助けてやるわけにはいかない。仕方がない。分家が独自の力で世帯の立て直しをやってもらいたい。ここに幸か不幸か、大へん手癖の悪い、素性も悪い女がおるけれども、これは多くの働きのある女だから、お前の世帯の立て直しにもらったらどうかというお勧めをいただきまして、そのときには戦災都市連盟の石見さんあたりが橋渡しをして大へん苦労なすって、そうして私の市といたしましても、戦災都市連盟といたしましても、この競輪を迎えますには、堂々たる仲人があって、自由結婚や恋愛結婚をしたのではない、政府、国会が仲人として差し向けて下さった悪妻でございます。私は良妻と申し上げません。これは悪妻であります。
     さらに、その悪妻の力で廃止に踏み切られた、あるいは廃止された各都市の実情は、この悪妻が今日まで――戦災をこうむってきた都市でほとんど戦災の被害から立ち直った都市は、これは多かれ少なかれ、悪妻だけのかせぎにたよってきた。この悪妻がそろそろだんだん悪性を出してきて、松戸でこんな騒ぎを起こした。どこどこでよろめいた。こんな悪評高き女房を抱えているのと、そうしてまたここらで追い出すのと、プラスマイナスを考えたならば、どっちが経済的理由で、あるいは道義的理由で得であるかということを考えて、その上で廃止、存続の二つに分れた。私はこう解釈しますから、道義的理由がきわめて薄弱であります。これは私は各自治体にとりましては表看板だ。要するに、私のところではこれ以上悪名高き悪妻の御厄介にならなくても立ち直ることができる状態になったから、ここで離縁するということです。私のところは、八割も焦土と化しておりまして、大へんかいしょうのない亭主でありますから、今日までほんとうにふがいなく、今なお立ち直っておらないのであります。従いまして今しばらくの間は、この悪妻とそっと連れ添わしてほしい。十分亭主としましては、その悪妻に注意も与えますし、世間で評判の悪いこともしないように、十分今後も気をつけてやりますから、しばらくの間は仲人さんもめんどう見て下さい。もしここで分れろとおっしゃるならば分れてもよろしゅうございますが、それは自治体と競輪との夫婦関係だからいいようなものの、個人同士の関係だったら、これは家庭裁判所へ慰謝料請求の提訴をされます。ここで私は、政府の方でも何とかして、そうしてあとあとのめんどうまで一つ見ていただけないかということが、ある会合である市長から出ましたときに、自治庁さんは、これは私は率直に申し上げますが、世論に皆さんはほんとうに弱い。そこで今までめんどう見させたのだからいいじゃないか。わがままを言うな、競輪なんかやらない都市だってあるんじゃないかというお言葉で、けんもほろろのあいさつで突っ放されたということも聞いておりますけれども、そりゃ聞こえません自治庁さんと、言わざるを得ない。私のところは特にそういう状態でございますから、どうしても市民の要望としましても、競輪は少なくとも――先ほど話がございましたが、私どもは全国都市整備促進連盟の一員でございまして、すでに建設省の指示を受けまして、私どものところでは予算を立てて五カ年間の実施計画を立てております。そうしてこれが五カ年間に平塚市は八億を要します。そのうち市の負担額が、これはこまかいプランもございますけれども、ほぼ二億を五カ年間で負担しなければ都市整備が完了しません。都市整備事業というものは、都市改造を含めて、戦災都市連盟の看板を塗り変えて始めたものでございます。率直に申し上げますと、いつまでも戦災々々じゃないということで、建設省あたりが戦災都市の予算を要求しましてもなかなか思うようにいかない。なるほどわれわれもそうでございます。これだけ経過いたしましたら戦災々々と言えた義理でございませんから、そこで看板を塗り変えて戦災復興事業として残っておりました都市整備計画を、ただいま手直しをするということで、ちょうど政府の方針も五カ年計画で建設省の実施計画も五カ年間、そこで私のところもすでにそういう計画を立てております。そのうち二億を市が独自の負担で、これは都市改造に振り向けなければならない負担でございます。そうしてそのほかに焼けました学校がございますから、社会増を考えなくて自然増だけでも、小中学校の学級増が五十学級を五カ年間に必要とします。それでないとすし詰め教室になります、不正常授業をやらなければなりません、これは教育優先を考えているわれわれとしては忍びがたいことでございますから、そこでそれに対する費用と、それからなお学校で十校が雨天体操場を持っていません。これは焼けました。これを今後五カ年間にすべてやります。その数を全部合わせますと、ほぼ四億に及びますから、これを五カ年間でやりますと年八千万でございます。その八千万程度の財源は、従来通りで今急に競輪をおやめになるというような騒ぎになろうと思いませんでしたから、すでに五カ年間の計画を立てております。従いましてこの計画が実施されまして、ようやくにして戦災都市平塚市が世間並みの市に立ち直るまでの間は、しばらくこの悪妻との離縁話を持ち上げないで一緒にさしておいていただきたい、これが私の市長としてのお願いでございます。
     なお最後に、私の市長でない立場からの廃止反対論を聞いていただきたいと思うことは、こういうことでございます。私は五年前に、これは新聞や雑誌に冷やかされましたけれども、選挙に立ちましたときにこういうことを――事実の真偽のほどは私保証いたしかねますが、こういうことを聞いたわけであります。戦災で焼けました学校で、もう校舎を整備したからでしょう、ピアノを買うことになったのでございます。そうしたらば、そこの女生徒はこういうことを言った、競輪の上がりで、いうならばばくちのテラ銭で、そういう不浄なお金で買うようなピアノで、私どもは教育を受けたくはございません、こういう女生徒が敢然と立ち上がって拒否した、これは選挙演説には持ってこいのテーマでございます。当時の市長は競輪を行なっております、ギャンブル・スポーツにたよって市の学校の施設を建てておる。そのときに対立候補として立ちました私が、反対の選挙演説をするのに絶好の資料でございますから、私はこれを選挙演説に利用いたしましてとうとうと演説をぶちました。これが婦人層、青年層、労組などに非常に人気を博しまして、私が当選をいたしましたことに多少役に立った。それだけではございません、選挙というものは複雑なものでございますから。皆さんも御承知でしょうが……。ところが私が市政を担当してみますると、私はびっくりしたのです。私がそういう演説をしましたのはのんき千万であります。ただいまの廃止論者は四年前の私の意見と同じです。私は望むらくは、各戦災都市を対象にして申し上げますが、先ほど申し上げました通り、自分のところはもうすでに済んだのだから、ここらで離縁しなければ工合が悪いから離縁するのだ、同じ仲間でもお前のところは立ち直らないのだ、しっかりしろ、いつまでも一緒にいられる女房ではないぞ、だからそういうことを考えてなるだけ早く禁止しなさい、こういうふうにお勧め下さるならば、私もけっこうでございます、一生懸命努力しますと申し上げたいのでありますが、ただ単純な、しかも重要な経済的理由があるのにかかわらず、世論に迎合をして、社会正義感の錦の御旗を振りかざして一がいに押えつけなさるから、私はあとに続くわけにいきませんと申し上げざるを得ない、そういう実情でございます。
     私の市としては反対でございますが、なお私はギャンブル・スポーツについても意見がございます。娯楽についても意見がございます。最後の結論から簡単に申し上げますと、今日は池田通産大臣がお見えでございませんが、この間私はテレビでちょっと見たのですが、議員さんが非常に激しく論難しておられる、競輪に八百長はつきものである、これはばくちである、ばくちを公営をして庶民からしわくちゃの百円札を収奪するとは何ごとだというきびしい批判の声が聞こえて参りました。池田大臣は非常に慎重に神妙にお答えになっておられました。世論も重んじなければならないから、遠くない将来には何か考えなければならない、こういうお答えでございますが、願わくば、私は直言してもいいと思って、きょうは出てきたのでございますけれども、池田さんが蔵相のときに貧乏人は麦を食えとおっしゃった、それによって大臣のいすを棒に振ったということを伺っております、真偽のほどは知りませんが。私は、所管の通産大臣だとしたら、そして庶民から選ばれた政治家としたら、最低の生活をしている庶民のために、せめて競輪くらいは楽しませてやれと言っていただきたい。競輪にはほんとうに庶民が楽しんで行っている。しかしこれは弊害はたくさんあります。こういうものは幾らもあります。それでちょっと申し上げますが、マージャンにしろこれは娯楽でございます。娯楽でございますけれども、娯楽廃止を唱える方は、みずから謙虚に反省していかなければならぬことは、娯楽ということは楽しむということです。娯楽の魅力は、不健全性が多ければ多いほど本来娯楽には魅力があるのです。たとえば例をマージャンにとりましてもその通りであります。お父さんとお母さんと長男と長女とが食事を囲んで、食事後の腹ごなしにマージャンをやりましょうというと、あしたのお勤めにじゃまになるから、あしたの学校にじゃまになるからイーチャンだけですよといってやるマージャンなら健全であります。しかしマージャン好きな人は、こういうマージャンでは魅力を感じない。この中にもマージャンに魅力を感じておられる方がたくさんおいでになると思うのですが、そういうマージャンでは魅力がないのです。娯楽というものは本来そういうものでございまして、娯楽を全部なくしてしまえば別でございまとけれども、娯楽のない社会というものをわれわれ考えたときに、どういう社会ができるかというと、私はほんとうに索然たるものを感じる。しかも競馬の場合と比較いたしますと、競馬だって同じです。馬券と車券の性格は同じ、これはギャンブル・スポーツで値段は百円、それなのになぜ競馬の方が非難の対象にならなくて競輪だけがなるかということは、競馬の方が生活のレベルの高い人が行きます。御承知でしょう、馬を買うのには数百万の金が要ります。あそこでもって競馬を楽しむには、馬券は百円でございますけれども、遠くのところにありますので、自家用車を持っている方は別でございますが、足代も時間もかかりますので、庶民も大ぜい行っ出てはおりますけれども、その点手近なところで非常に安易な費用で出入りできる競輪へ行く。競馬場へ行きます人の程度よりも生活程度の低い、収入の低い、低額所得者の、社会生活のもっと低い層をなしている庶民が競輪へ来る、従いまして弊害が多い。あそこは実際殺気立った場になります。ほんとうに低額所得の人たちがあそこで楽しんでおるから、たとえば比較的財産の豊かな、生活に恵まれた方々が千円の券でもって損をしても、すっても、そう痛手を感じないから、にこにこ笑っているかもしれませんが、あそこに出入りしてばくちをしている人たちは百円、二百円が大へんです。この大へんな金をかけてまで競輪を楽しまなければならない庶民の生活です。私はその点を根本的に考え直さなければいけないと思う。私はその点で京都の高山市長さんが言っておられたことに同感です。私は社会党の議員でも何でもありません。むしろ保守系の無所属といわれている人間でございますけれども、私はこういう根本的な問題から考えて、娯楽の本質はどこにあるか、娯楽というものはどういうものかというところまで突き詰めていかなければ、一がいに、競輪をつかまえて、いきなり競輪は社会悪の根源であるという非難は当たらないと思います。それからまた新聞で非難されておる、競輪ではずれた札をかかえて自殺した人間のあることを、市長は知っているかという非難を私は加えられたけれども、そういう大へん気の毒な犠牲者がたくさん出ておりますが家業に失敗して首をくくった人間も競馬でしくじって首をくくった、あるいは犯罪を犯して金を持ち逃げしてとどのつまり死んだ人間もある、いろいろそういうふうな人がございますが、そういう人は、たとえば競輪にしますと、競輪の側においてそれを誘惑する諸国があることはもちろんでございましても、そこにはまり込んでくる当人の内側にも自殺し、あるいは破滅に導く原因がある。ところがかりにただいま急にそういうことはないと私は思いますが、常識ある皆さん方は、そういうことをなさるとは私は思いませんけれども、たとえば急に少しの準備期間もなく競輪を廃止した場合に、競輪によって、直接間接に生活を保障されている人たちの中に、ノイローゼを起こして、非常に気の小さい人間が一人二人あって、失業の苦しみのために、前途暗たんとして、そしてもし首をくくった人間が一人でもあったならば、この人間は、私は競輪にはまり込んで、首をくくった人よりも、より同情に値する人間だと考える。そういう点も考えますと、私はどうしても競輪というもの自体をそう簡単な道義論から、社会的正義論から、簡単に割り切って、そうしてこれをことごとくギャンブル・スポーツであるから、悪であるから、悪であるからといって、これを即時おやめということはないと思いますけれども、廃止すべきだというようなことに対して、私は根本的にきわめて批判的であり、ただいまのような意見を持っているわけでございます。
     大へん勝手なことを申し上げて、恐縮でございますが、多少とも私の御意見が皆さん方の御参考になっていただいて、正しい競輪のあり方あるいはまた、各地方自治体が立ち直ることができるようになるといたしますれば、大へんありがたいことだと思いまして、意見を述べさせていただきました。大へん失礼いたしました。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.