Wikipedia

In the broadest sense, merchandising is any practice which contributes to the sale of products to a retail consumer. At a retail in-store level, merchandising refers to the variety of products available for sale and the display of those products in such a way that it stimulates interest and entices customers to make a purchase.
Visual merchandising is the activity and profession of developing the floor plans and three-dimensional displays in order to maximise sales.
Both goods or services can be displayed to highlight their features and benefits. The purpose of such visual merchandising is to attract, engage, and motivate the customer towards making a purchase. Visual merchandising commonly occurs in retail spaces such as retail stores and trade shows.

2 thoughts on “Wikipedia

  1. shinichi Post author

    ビジュアルマーチャンダイジング(VMD)とは

    by Neo-Knowledge,Ltd.

    http://www.f-biz.net/kiso01/kisotisiki004.html

    __________________________________

    VMDを日本語に訳すと、『視覚的演出効果』となります。

    VMDとは、自店のマーチャンダイジング(Marchandising)を、視覚的に(Visual)訴求していくことです。

    要するに、消費者にとって、『見やすく、選びやすく、買いやすい』売り場を総合的につくっていくことが目標となります。

    よく、「VMD=ディスプレー」と思われている方もいるようですが、それは、間違いです。

    ディスプレーは、あくまでもVMDの一要素にすぎません。

    VMDの展開は、以下のような、ハード面とソフト面から構成されています。

     ○ハード面‥内外装、什器、照明など
     ○ソフト面‥ゾーニング、レイアウト、陳列、ディスプレー、POPなど

    ■VMDの「3つの場」■

    VMDは次の「3つの場」で構成されています。

     ●VP(Visual Presentation)…ショップイメージを作る場。

    重点商品やテーマなどをトータルで表現します。場所はショーウインドウなど。

     ●PP(Point of Sales Presentation)…それぞれのコーナーの「顔」を作る場。

    IPの中の代表する商品を強調して見せます。場所はコーナー横トルソー、テーブルや棚の上など。

     ●IP(Item Presentation)…商品を陳列する場。

    商品特性(アイテム、デザイン、カラーなど)で分類して見せます。場所は棚、ハンガーラックなど。

    どうして、このように、わざわざ3つに「場」を分けて、プレゼンテーションする必要があるのでしょうか?

    それは、お客様が買い物をする際の、心理変化と関係しています。

    人は購買決定を行なう場合、一定のプロセスを経て決定しています、一定の心理変化を経てから、「これを買う」という最終決定を下しているのです。

    この一定の心理変化を一般的には、「AIDMA(アイドマ)の法則」とよんでいます。

    VMDを展開する際には、このAIDMAの法則を知っておくとよいと言われています。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.