3 thoughts on “Book Buddy

  1. shinichi Post author

    ブックバディー (Book Buddy)

    キハラ株式会社

    KohazeBook Buddy > 製本/補強・補修用品 > 材料 > 【こはぜ】 小

    材質:骨製
     サイズ:30mm

     伝統的な和本の帙(ちつ/和本用収納ケース)作りには欠かせない、牛骨でできたこはぜです。
     “ち”のひもに引っかけて、ふたの留め具として使用します。

     時には日本古来の製本にふれてみませんか。

    http://store.shopping.yahoo.co.jp/bookbuddy/a20-822810.html

    Reply
  2. shinichi Post author

    大辞林

    ちつ【帙】
    ( 名 )
    和本などの書物を保存するために包む覆い。厚紙を芯にして,丈夫な布や紙を貼りつけたもの。

    Reply
  3. shinichi Post author

    (sk)

    彼岸花 (詩: 石牟礼道子、銅版画: 秀島由己男、南天子画廊、1974年)について、国立国会図書館サーチで調べたところ、価格が150,000円 (税込) となっていた。

    この価格が、1974年に発売された時の価格なのか、国立国会図書館が買い取った時に支払った額なのか、それとも現在の市場価格なのかわからず、国立国会図書館サーチのウェブページにあった問い合わせフォームから質問してみた。

    驚いたことに、なんとたった1日で、国立国会図書館収集書誌部国内資料課の中村さんという方からEメールが来た。返事が来ることを期待していなかったので、とても感激。

    返事は、

    書誌データには、出版社が定めた刊行時の販売価格を記録しており、通常は図書館で取得した際の価格と一致することになります。古書であっても現在の市場価格ではありません。

    お問合せいただいた資料の現物には価格の表記が見あたりませんでしたが、版画8点が大型のに収められており、限定的に刊行された美術品的なもののようですので、この価格が明らかに高すぎるとは判断できないように思われます。

    ということだった。

    無学ゆえ「帙」という言葉をしらず、調べた結果が上記のポスト。なんだかとても嬉しかった。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.