小田匡保

bukkyou日本の仏教地域は
 
北海道浄土系地域
東北禅系地域
関東天台・真言系地域
中部禅系地域
西日本浄土系地域
四国・岡山天台・真言系地域
沖縄仏教希薄地域
 
の7地域に区分することができる。

1 thought on “小田匡保

  1. shinichi Post author

    日本における仏教諸宗派の分布 ―仏教地域区分図作成の試み―.

    by 小田匡保

    http://repo.komazawa-u.ac.jp/opac/repository/all/16343/kg039-03.pdf

    日本国内における仏教諸宗派の分布について, 先行研究を整理したうえで,藤井ほか論文の地域分類図の修正を行ない, また, 明治期・戦前期の地域分類図, 檀家数による戦前の地域分類図を作成した。 その結果, 禅系が東北・中部地方に, 浄土系が北海道と北陸・東海・近畿・西中国・九州地方に, 天台・真言系が関東地方に多いことが改めて確認された。また, 諸宗派の分布状況にいくつかの時代的変化があること, 指標の違いによって異なる地図が描かれることも判明した。 最後に, 戦前の檀家数をもとに日本の仏教地域区分図を作成し,日本の仏教地域を, 沖縄県の仏教希薄地域を含む7地域に区分した。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.