维基百科

FuDao朱元璋、马皇后说。明太祖朱元璋攻占南京后,命心腹悄悄在曾经支持和帮助过自己的人家门上贴一“福”字,以便第二天将门上没有“福”字的人家通通按暗通元贼杀掉。好心的马皇后得知这一情况后,为消除这场灾祸,遂令全城大小人家必须连夜在各自门上贴一个“福”字。于是,各家各户都遵懿旨照办。其中有一廖姓人家因为不识字,把“福”字给贴倒了。第二天,朱元璋命令御林军把没有贴“福”字的人家满门抄斩。不料没过多久,御林军头目却前来回禀说,全城家家都贴有“福”字。朱元璋一听,不由勃然大怒。御林军头目接着又说,有一家人把“福”字倒着贴在了门上。朱元璋听了更加生气,立即命令御林军把那家人一个不留全部杀掉。马皇后一看事情不好,忙对朱元璋说:“那家人知道您今日来访,故意把‘福’字贴倒了,这不是‘福到’的意思吗?”朱元璋听完后立刻转怒为喜,便消除了杀人的念头,一场大祸得以避免。从此以后,有些人便将“福”字倒贴起来。

2 thoughts on “维基百科

  1. shinichi Post author

    福字

    https://zh.wikipedia.org/wiki/福字

    “福”字是新春时的一个传统习俗,与爆竹、春联、年画一样,成为春节的一种像征。寄托了人们对幸福生活的向往,也是对美好未来的祝愿。据宋代吴自牧的《梦粱录》记载:“士庶家不论大小,俱洒扫门闾,去尘秽,净庭户,换门神,挂钟馗,钉桃符,贴春牌,祭祀祖宗。”文中的“贴春牌”即是写在红纸上的“福”字,由此可知,贴福字的风俗,至少从宋代已经开始,历史可谓悠久。

    福字倒贴的传说

    关于倒贴“福”字的来历有三种有趣的传说:

    1、 朱元璋、马皇后说。明太祖朱元璋攻占南京后,命心腹悄悄在曾经支持和帮助过自己的人家门上贴一“福”字,以便第二天将门上没有“福”字的人家通通按暗通元贼杀掉。好心的马皇后得知这一情况后,为消除这场灾祸,遂令全城大小人家必须连夜在各自门上贴一个“福”字。于是,各家各户都遵懿旨照办。其中有一廖姓人家因为不识字,把“福”字给贴倒了。第二天,朱元璋命令御林军把没有贴“福”字的人家满门抄斩。不料没过多久,御林军头目却前来回禀说,全城家家都贴有“福”字。朱元璋一听,不由勃然大怒。御林军头目接着又说,有一家人把“福”字倒着贴在了门上。朱元璋听了更加生气,立即命令御林军把那家人一个不留全部杀掉。马皇后一看事情不好,忙对朱元璋说:“那家人知道您今日来访,故意把‘福’字贴倒了,这不是‘福到’的意思吗?”朱元璋听完后立刻转怒为喜,便消除了杀人的念头,一场大祸得以避免。从此以后,有些人便将“福”字倒贴起来。

    2、 慈禧太后说。我国古代历来有“腊月二十四,家家写大字”的风俗。清光绪某年腊月二十四,慈禧太后传旨,叫翰林院的翰林写些庆贺春节的对联。这些翰林们拿出浑身解数,用尽华美辞藻,写好之后恭送太后过目。太后见其中连个“福”字都没有,很是不高兴。翰林们见老佛爷生气,吓得忙跪在地上说:“请老佛爷指教。”太后说:“去写几个‘福’字来。”翰林们忙回去写了一堆“福”字送上,太后从中挑了几张,让大总管李连英带着太监到宫内各处去张贴。没曾想有个太监不识字,把一个“福”字贴倒了,但当晚谁也没有发现。第二天,太后出来欣赏对联和“福”字,碰巧据看到了那个贴倒了的“福”字。她刚要发怒,大总管李莲英脑子一转,急忙上前说:“老佛爷请息怒,这是奴才有意把它倒着贴的。这‘福’字倒贴,就是‘福’倒了,福到了,不是大吉大利吗?”慈禧听后,果然转怒为喜,不但没惩罚那个太监,还赏了他几两银子。

    3、 恭王府说。清咸丰年间的一个春节前夕,恭王府大管家为讨主子欢心,写了几个斗大的“福”字,叫人贴于库房和王府的大门上。有一家丁因目不识丁,竟将大门上的“福”字贴倒了。为此,恭亲王的福晋十分气恼,欲鞭罚惩戒。幸好大管家是个能说善辩之人,他怕福晋怪罪下来连累自身,慌忙跪倒陈述:“奴才常听人说,恭亲王寿高福大造化大,如今大福真的倒(到)了,乃吉祥之兆。”福晋一听,转怒为喜,心想:怪不得过往行人都说恭亲王福倒(到)了,吉语说千遍,金银增万贯,一般的奴才,还真想不出这招呢!遂赏管家和家丁各50两银子。

    Reply
  2. shinichi Post author

    倒福

    倒福(とうふく、拼音:dào fú)とは春節の際に家々に貼られる「福」の字を書いた赤色の紙。一般に上下逆さまに貼ることから「倒」(逆さにする)「福」と称される。

    「福」の文字は現在「幸福」の意味で使用されることが多いが、倒福では「福気・福運」の意味で使用されている。その福が到(中国語の発音は拼音: dào)るようにという願いを込めて、倒(拼音: dăo)して貼ることが一般的となっている。

    宋代に記された『夢梁録』に“洒掃間閭,去塵穢,浄庭戸,換門神,掛鍾馗,釘桃符,貼春牌,祭祀祖宗”との記載があり、“春牌”が赤紙に“福”の字を記した倒福であり、現在確認できる最も古い倒福の記録である。

    倒福の習慣に関しては明洪武帝の皇后であった馬皇后の伝承がある。

    とある春節に際し洪武帝はお忍びで市井を散策した際にとある人物の描いた年画(春節用の縁起ものを描いた絵)を目にした。そこには豊作を願った纏足をしていない西瓜を抱えた女性が描かれていたが、洪武帝は「懐西(西瓜を抱える=淮西と音通)の婦人の足が太い」という画題が、淮西出身(養父郭子興が安徽省定遠県の出身)の馬皇后が民間の出身で纏足をしておらず気品に欠けると嘲笑したものと考え、年画を描いた者を処罰しようとした。

    宮廷に戻った洪武帝は年画を描いた人物を調べさせ、無関係な者の家には「福」の文字を書いた紙を貼るように命じ、翌朝「福」の表示がない家の者を処刑しようとした。馬皇后はこの計画を知ると、無実の罪で処罰される民衆に同情し、明け方までに全ての家に対し「福」の表示を貼ることを命じた。

    馬皇后の命により翌朝城内の家中に「福」の文字が貼ってあり、洪武帝の命を受けた士兵はどの家の者を処罰するか分からなくなっていた。しかしその中の一軒が文字を知らなかったために「福」の文字を逆さまに貼ってあることを発見し洪武帝に報告した。

    洪武帝は福を倒して貼るということは民衆の生活が苦しいことを皮肉った行為であると激怒し、御林軍に対しその家の者を斬首するように命じた。またしても夫である洪武帝により無辜の民衆に危害が及ぶことを恐れた馬皇后は機転を働かせ、その家の者は洪武帝の使者が訪問することを知って故意に福を逆さに貼って「福が到る」を表現したと洪武帝を説得し、無辜の民衆に危害が及ぶことなく済んだというものである。

    それ以降善良な馬皇后を顕彰し徐夕(大晦日)に民衆は門上に「福」の文字を大書した赤紙を逆さに貼り、一家が平安であることを願ったと言われている。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.