U.S. Dietary Guidelines Advisory Committee

Perhaps the biggest change this year could breathe some life into your breakfast habits: The cholesterol in egg yolks is no longer as much of a health concern. The US Dietary Guidelines used to recommend that you eat no more than 300 milligrams of dietary cholesterol a day, or under two large eggs. But this year, the committee has scrapped that advice as new research suggests that the cholesterol you consume in our diets has little to do with your blood cholesterol. Saturated fats and trans fats, on the other hand, could boost your blood cholesterol levels, as could unlucky genes.

3 thoughts on “U.S. Dietary Guidelines Advisory Committee

  1. shinichi Post author

    コレステロール「過剰摂取心配ない」…米報告書

    by 中島達雄

    http://www.yomiuri.co.jp/science/20150223-OYT1T50027.html?from=ytop_main5

     とり過ぎると健康によくないとされてきた食品のコレステロールについて、米政府の諮問委員会は「過剰摂取を心配する必要はない」とする報告書をまとめた。

     米政府は今年中に食生活指針を改定するが、1日300ミリ・グラム以下という摂取量の目安が撤廃される可能性がある。

     これまで、卵やエビなどコレステロールが多いものを食べ過ぎると、血中のコレステロールが増えて動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳卒中などの病気につながるとされてきた。

     しかし、米保健福祉省と農務省の食生活指針諮問委員会が、コレステロール摂取量と血中コレステロールの関係を調べたところ、両者の関連性を示す証拠はなかったという。

     日本では、厚生労働省が昨年3月にまとめた食事摂取基準の2015年版から、生活習慣病予防のためのコレステロール摂取の目標量を廃止している。

     寺本民生・帝京大臨床研究センター長は「摂取量が血中コレステロール値に与える影響には個人差がある。摂取量に一律の基準を設ける必要はなく、血中の値が高い人は個別に医師から指導を受けるのが望ましい」としている。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.