Thomas Varela

ClubMed1仏リゾート運営企業クラブメッド(地中海クラブ)は1950年に2人のフランス人が起業して以来、「世界に広がる夢、幸せ、友情」を象徴してきた――同社のパンフレットにはそう書いてある。
元フランス大統領バレリー・ジスカールデスタン氏の息子、アンリ・ジスカールデスタン氏は、2005年にクラブメッドの会長兼最高経営責任者(CEO)に就任して以来、クラブメッドを富裕層向けに変革しようとかじを切った。木造バンガローの並ぶリゾートを閉鎖し、ディオールやシャネルといった高級ブラント店が入るリゾート施設の建設を進めた。だが2009年に欧州を襲った景気後退で行き詰まり、資金不足に陥った。
ClubMed2ジスカールデスタン氏は復星国際に支援を要請。同社は2010年にクラブメッドの株式の7%を取得し、アジア進出を進める方針を表明した。 だが復星国際がクラブメッドの支配権を確実にするまでの2年間、フランス産業史上ほとんど例のない激しい買収合戦が繰り広げられた。
フランス証券当局の11日の発表によれば、復星国際が率いるグループはクラブメッドの株式の92.8%を手中に収めた。復星国際は、やはりクラブメッドの株式を保有するフランスの未公開株投資会社アルディアンと組んで買収合戦を戦った。
過去10年にわたり復活を目指し苦しみ抜いてきたクラブメッドは、復星国際の下で大きな変革を余儀なくされるだろう。

3 thoughts on “Thomas Varela

  1. shinichi Post author

    クラブメッド、復星国際による買収で復活なるか

    by Thomas Varela

    ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

    http://jp.wsj.com/articles/SB12091905799479333513004580457251360520596

     仏リゾート運営企業クラブメッド(地中海クラブ)は1950年に2人のフランス人が起業して以来、「世界に広がる夢、幸せ、友情」を象徴してきた――同社のパンフレットにはそう書いてある。

     だが11日に中国の複合企業、復星国際がクラブメッドの支配権を確実にするまでの2年間、フランス産業史上ほとんど例のない激しい買収合戦が繰り広げられた。

     この買収合戦は戦いをいとわない企業を呼び込み、8ラウンドに及ぶ提案と対抗提案が飛び交った。製薬、鉱業などのグループ企業を率いる復星国際の郭廣昌会長に挑んだのは、イタリアの銀行家アンドレア・ボナミ氏だ。ボナミ氏の一族はイタリアのオートバイ・メーカーのドゥカティ・モーターを再建させたことで知られる。

     戦いは復星国際の勝利でようやく決着したものの、大きな疑問が残った。買収合戦が始まる前の株価より80%近く高い1株当たり24.6ユーロという買収価格が、最後に配当を払ったのが2001年という赤字会社にふさわしい価格だったのか。この買収価格に基づけば、クラブメッドの時価総額は9億3900万ユーロ(約1270億円)になる。

     パリのオッド証券は昨年9月、「旅行業界の厳しい現状を考えれば22ユーロより高い価格は経済合理性を欠く」と警告していた。

     復星国際は世界に知られたクラブメッドのブランドに魅力を感じたという。同社の郭会長は「買収提案を取り下げることは一度も考えなかった」とウォール・ストリート・ジャーナルに電子メールで回答した。

     フランス証券当局の11日の発表によれば、復星国際が率いるグループはクラブメッドの株式の92.8%を手中に収めた。

     復星国際は、やはりクラブメッドの株式を保有するフランスの未公開株投資会社アルディアンと組んで買収合戦を戦った。両社によると、まだ市場に残っている株式を取得するため買収期間を2週間延長した。

     過去10年にわたり復活を目指し苦しみ抜いてきたクラブメッドは、復星国際の下で大きな変革を余儀なくされるだろう。

     元フランス大統領バレリー・ジスカールデスタン氏の息子、アンリ・ジスカールデスタン氏は、2005年にクラブメッドの会長兼最高経営責任者(CEO)に就任して以来、クラブメッドを富裕層向けに変革しようとかじを切った。木造バンガローの並ぶリゾートを閉鎖し、ディオールやシャネルといった高級ブラント店が入るリゾート施設の建設を進めた。だが2009年に欧州を襲った景気後退で行き詰まり、資金不足に陥った。 

     ジスカールデスタン氏は復星国際に支援を要請。同社は2010年にクラブメッドの株式の7%を取得し、アジア進出を進める方針を表明した。

    Reply
  2. shinichi Post author

    復星国際、クラブメッド買収成功も高い対価

    http://jp.wsj.com/articles/SB10441675140911724742004580381813719568520

    ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

     いくら優雅に過ごせるリゾート施設とはいっても、本当にそれだけの価値があるだろうか。中国の複合企業、復星国際の率いるグループは、長期にわたった争奪戦を制し、フランスのリゾート施設運営会社クラブ・メディテラネ(クラブメッド)の買収目前までこぎ着けた。だがいま一度考えを巡らしてみる可能性もある。

    Reply
  3. shinichi Post author

    中国のバフェット、郭広昌身柄拘束 5兆円企業が一瞬で崩壊

    http://thutmose.blog.jp/archives/50137748.html

    郭広昌中国有数の資産家で企業家の郭広昌が中国当局に拘束され、反汚職運動の対象だと噂されています。

    郭広昌が会長を務める復星グループは株価が売買停止になり、社債は元本割れで破綻が有力視されている。

    中国のバフェット

    中国の上場企業・復星集団の郭広昌会長が行方不明になり、その後当局に拘束されているのが分かり衝撃が広がっている。

    中国では「餃子事件」など一部の事件以外は、捜査の進行状況も被疑者の逮捕も、その後の処遇も発表されません。

    逮捕されても逮捕容疑すら公表されず、逮捕した事実すら認めないまま「失踪者」になる人が大量に存在する。

    特に公表すれば政府に打撃と成る事件ではそうで、連行されたフリーカメラマンや人権活動家に失踪者が多い。

    だがそれが世界的な資産家で、中国でも有数の富豪となれば隠しおおせるものではない。

    復星集団の上場会社・復星国際は12月11日に売買停止になり、さながら「ライブドアショック」の様相を呈している。

    復星国際の株価は一時は15元だったが、停止前は13元台になり、下げ幅が大きく売買停止になっていました。

    復星国際のドル建て社債は額面1ドルに対して88.3セント(0.883ドル)となり、企業として破綻したのを示している。

    郭広昌(48)は過去3年間で企業買収を繰り返して、小さな保険会社から巨大財閥に拡大しました。

    投資手法はウォーレンバフェットに学んだと話していて、フランスやギリシャのリゾートを多く保有している。

    2014年ごろギリシャでは「中国人による爆買い、乗っ取り」と騒がれたが、こういう事だったらしい。

    ブルームバーグによると郭会長の純資産は56億ドル(約6840億円)で中国17位となっている。

    習近平の汚職狩りターゲット

    復星集団の資産規模は480億ドル(約4兆9000億円)にまで成長しました。

    郭広昌は1967年生まれ、上海の復旦大学で哲学を専攻したが、貧しかったので仕入れたパンを学生に売り歩いた。

    町で仕入れたパンを、店が閉店した後で学生の部屋を一部屋ずつ訪問して売り、一日1元(約50円)ほどの収入を得た。

    ウォーレン・バフェットを真似て保険会社から(バフェットのバークシャー・ハサウェイも保険会社)買収攻勢を掛けた。

    保険会社には徴収した保険料から多額のキャッシュを確保でき、買収資金を得やすいとされている。

    得意としているのは土地転がしとリゾート開発で、バブル期の日本の土地成金にも似ている。

    復星集団は2015年の12月に北海道の「星野リゾートトマム」を約183億円で買収発表しているが、白紙に戻る可能性があります。

    中国のメディアによると郭広昌の失踪は、最近激しさを増している習近平主席の「汚職狩り」と関係がある。

    12月9日午後、上海空港で突然連行され、それきり行方不明になった。

    9日夜には、「微博(ウェイボー)」の郭広昌の書き込みが(おそらく当局によって)すべて削除されました。

    上海市前副市長の艾宝俊氏と企業幹部の汚職を捜査しているが、郭広昌もこれに関係している疑いがある。

    習近平の反汚職運動については「逮捕されるのは習近平反対派だけ」という悪評が聞こえてきます。

    習近平の最大の政敵は江沢民であり、江沢民の息が掛かった人物が次々に拘束されている。

    復星集団は前政権時代に急成長したので、江沢民派の資金源になっている事は充分に考えられる。

    このまま会長の拘束が続いたり、逮捕・起訴になれば復星集団は破綻するか、習近平派に乗っ取られる可能性が高い。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.