久米書店

Yanuki潜入ルポ 東京タクシー運転手

走れども稼げない、「陸上の蟹工船」。
多発する事故、激減する水揚げ、理不尽な客の要求。潜入ルポから見えてきたのは、「身近な足」のはずのタクシー業界が抱える闇だった!


2 thoughts on “久米書店

  1. shinichi Post author

    矢貫隆・潜入ルポ 東京タクシー運転手

    久米書店(久米宏、壇蜜)

    BS日テレ

    2015年03月15日 放送

    http://www.bs4.jp/kumebook/onair/48.html

    お客様はノンフィクション作家の矢貫隆さん。約3年間、実際に東京でタクシードライバーとして働きながら潜入取材を行った。タクシードライバーは時代や世相の影響を直接受ける。不況と規制緩和が生んだタクシー業界の闇とは!?客を奪いあうタクシードライバーの危険な心理、奇妙で理不尽なお客たち・・。東日本大震災が発生したあの日、矢貫さんが目撃した忘れられない光景とは?

    48-guest矢貫 隆(やぬき たかし)
    1951年栃木県生まれ。龍谷大学経営学部卒業。交通問題や医療問題を中心とした執筆活動を行っている。『刑場に消ゆ——点訳死刑囚二宮邦彦の罪と罰』『タクシー運転手が教える秘密の京都』(以上、文藝春秋)『自殺——生き残りの証言』(文春文庫)、『いのちの夢——難病の子どもたちが願ったこと』(草思社)、『救えたはずの生命——救命救急センターの10000時間』(小学館文庫)など、著書多数。


    Reply
  2. shinichi Post author

    矢貫 隆

    ・ ドキュメント交通事件―現場からの報告 (1988/4)

    ・ それでも事故は起こった (1992/11)

    ・ 奈美ちゃんの赤い靴―車椅子の少女が街に出た! (1993/12)

    ・ 救えたはずの生命―救命救急センターの10000時間 (1998/9)

    ・ 通信簿はオール1―テストを通じて子どもの個性を見つめた父親の記録 (1999/7)

    ・ 交通殺人 (2001/3)

    ・ いのちの夢―難病の子どもたちが願ったこと (2004/10)

    ・ 刑場に消ゆ―点訳死刑囚 二宮邦彦の罪と罰 (2007/8)

    ・ クイールを育てた訓練士 (2009/3/10) [共著]

    ・ タクシー運転手が教える秘密の京都 (2010/9/11)

    ・ 自殺──生き残りの証言 (2012/9/20)

    ・ 潜入ルポ 東京タクシー運転手 (2014/12/19)

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.