ウィキペディア

ウサーマは、ムハンマド・ビン・ラーディンの10番目の妻でシリア生まれのハミド・アル=アッタスの子としてサウジアラビアのリヤドで生まれ育った。アラブの部族社会では事業を拡大するためには事業を行う地域を支配する部族長の娘を嫁にもらわなければならず、ムハンマド・ビン・ラーディンは22回の結婚をし55人の子供を儲けることになったが、最初の妻以外はウサーマの母のように短期間で離婚している。ウサーマを始め妻子の大半は40代を過ぎて事業が拡大してからの子供たちである。ウサーマはその17番目の子である。ムハンマドは妻ハミドとウサーマ生誕直後に離婚、ハミドは同じ部族のムハンマド・アル=アッタスと再婚し新しい夫との間に4人の子を儲けた。ウサーマはその新しい兄弟の頭として成長した。このためウサーマはラディーン族ではなくアッタス族の社会で幼少期を過ごし実の父とは一緒に暮らしたことがない。敬虔なワッハーブ派ムスリムとして育てられ、世俗の学校に通ったがエリート教育がなされた。

3 thoughts on “ウィキペディア

  1. shinichi Post author

    ウサーマ・ビン・ラーディン

    ウィキペディア

    https://ja.wikipedia.org/wiki/ウサーマ・ビン・ラーディン

    **

    Osama bin Laden

    Wikipedia

    https://en.wikipedia.org/wiki/Osama_bin_Laden

    Osama bin Laden was born in Riyadh, Saudi Arabia, a son of Mohammed bin Laden, a billionaire construction magnate with close ties to the Saudi royal family, and Mohammed bin Laden’s tenth wife, Hamida al-Attas (then called Alia Ghanem).

    Mohammed bin Laden divorced Hamida soon after Osama bin Laden was born. Mohammed recommended Hamida to Mohammed al-Attas, an associate. Al-Attas married Hamida in the late 1950s or early 1960s, and they are still together. The couple had four children, and bin Laden lived in the new household with three half-brothers and one half-sister. The bin Laden family made $5 billion in the construction industry, of which Osama later inherited around $25–30 million.

    Bin Laden was raised as a devout Sunni Muslim. From 1968 to 1976, he attended the élite secular Al-Thager Model School. He studied economics and business administration at King Abdulaziz University. Some reports suggest he earned a degree in civil engineering in 1979, or a degree in public administration in 1981.

    Reply
  2. shinichi Post author

    ラーディン一族

    ウサーマ・ビン・ラーディンの父のムハンマド・ビン・ラーディンは、イエメンのハドラマウト地方の貧困家庭の出身で、第一次世界大戦前に家族と共に、イエメンからサウジアラビアのジッダに移住し、1930年に荷夫から身を興し、ジッダで建設業を起業した。ファイサル国王の目にとまり王室御用達の建設業者となり事業は急成長を遂げ財閥「サウディ・ビンラディン・グループ」を柱とするラーディン一族を形成した。一族の巨額な財産分与が様々な方面に流出した結果、そのいくつかがイスラム教原理主義テロ組織の資金源になっているとされる。グループは石油ブーム時代に建築業で財を成し、メッカおよびマディーナ(メディナ)のモスクの修理を任されるほど、サウード家と深く結びついている。

    現在、「サウジ・ビン・ラーディン・グループ」は、アメリカ・アジアおよび欧州に多数の支部と子会社(60社以上)を有し、石油および化学プロジェクト、遠距離通信および衛星通信に従事している。グループは、50億ドル以上の資本を所有しており、その内、約3億ドルがウサーマの取り分だった。ウサーマは、スーダンの建設会社「アル・ヒジュラ」、イスラム銀行「アシュ・シャマリ」の支配株も保有していた。これに加えて、投資財閥「タバ」を所有し、代理人を通して、ケニアで貿易会社、イエメンで器械製造会社、出版社、セラミック生産工場を監督していた。

    グループの特徴としては、創業者自身が外国人労働者であったこともあり積極的に外国人を雇用していることがあげられ、多数のアメリカ人ビジネスマンが参加している。アメリカのブッシュ一家とも金銭的つながりがあり、父のムハンマド・ビン・ラーディンは元アメリカ大統領ジョージ・H・W・ブッシュとともにカーライル投資グループの大口投資家であり役員だった。また、ウサーマの長兄のサーレムは前アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュがかつて経営していた石油会社の共同経営者である(サーレムは1988年に自らの飛行機の操縦ミスでテキサス州サンアントニオで死亡した)。無論、これらはウサーマが反米に立場を転じてテロリストとなる前の話であり、また、彼ら親族はウサーマのようなテロリストではなくそのような組織との直接的関係もない。ウサーマの息子は父に対しテロ行為をやめるようメッセージを発していた。しかし、それはジェスチャーに過ぎないとの説がある。

    生い立ち

    ウサーマは、ムハンマド・ビン・ラーディンの10番目の妻でシリア生まれのハミド・アル=アッタスの子(最初の男児)としてサウジアラビアのリヤドで生まれ育った。生年はウサーマ自身がアルジャジーラとのインタビューで1957年3月10日である、と述べている。アラブの部族社会では事業を拡大するためには事業を行う地域を支配する部族長の娘を嫁にもらわなければならず、ムハンマド・ビン・ラーディンは22回の結婚をし55人の子供を儲けることになったが、最初の妻以外はウサーマの母のように短期間で離婚している。ウサーマを始め妻子の大半は40代を過ぎて事業が拡大してからの子供たちである。ウサーマはその17番目の子である。ムハンマドは妻ハミドとウサーマ生誕直後に離婚、ハミドは同じ部族のムハンマド・アル=アッタスと再婚し新しい夫との間に4人の子を儲けた。ウサーマはその新しい兄弟の頭として成長した。このためウサーマはラディーン族ではなくアッタス族の社会で幼少期を過ごし実の父とは一緒に暮らしたことがない。敬虔なワッハーブ派ムスリムとして育てられ、世俗の学校に通ったがエリート教育がなされた。ウサーマの実父・ムハンマド・ビン・ラーディンはウサーマが10歳の時に飛行機事故で死亡している。ウサーマは高校時代にイスラム原理主義に触れたとも言われる。ウサーマは17歳の時、シリアのラタキアで最初の結婚をした(最初の妻とは2001年に離婚)。CNNによるとウサーマは他に4度の結婚歴があり、子供の数は20人を越える(子供らの多くは2001年以降、イランに亡命している)。ウサーマは、ジッダのキング・アブドゥルアズィーズ大学経済管理学部に入学するが、宗教や詩作に向かいクルアーンやジハードの研究に没頭した。慈善活動に精力的に参加する一方、バーナード・モントゴメリーなどの軍記物を好んで読んだ。ウサーマはムスリム同胞団に加入、サイイド・クトゥブの思想に引き付けられる。さらに同大学で教鞭をとっていたムスリム同胞団のアブドゥッラー・アッザームの教えを受け、師と仰ぐようになった。ウサーマは自身に影響を与えた人物として、クトゥブとアッザームの名を挙げている。ウサーマはシャリーアの復権だけがイスラム世界を正しい道に導き、社会主義・共産主義・民主主義・国民主義・汎アラブ主義などは打倒されるべき対象であると述べている(後年、「ムハンマド・オマル支配下のアフガニスタンだけが唯一のイスラム国家である」とも述べている)。従って反セム主義でシーア派・スーフィズムを異端であると攻撃対象にする思想が形成された。イスラエルの後見人というだけでなく、退廃的で堕落的な文化と規定して反米であった。厳格なサラフィー主義から、ウサーマは音楽や映画などにも不寛容であった。一方でウサーマは乗馬とサッカーをするのを非常に好んだ。ウサーマは、1979年に大学で学位取得後、少しの間、クルアーンの規定の遵守を監督する勧善懲悪委員会(ムタワ)に勤務していた。

    ムジャーヒディーン

    1979年、ソビエト軍のアフガニスタン侵攻が起こると、サウード家は、アフガニスタンのムスリムの抵抗を積極的に支援することに決め、王室に近かったラーディン家に支援を要請した。アル=ハラム・モスク占拠事件の影響でイスラム過激派を国外に追い出す狙いもあった。同年のイラン革命の進展に強い影響を受けたウサーマは、アブドゥッラー・アッザームの誘いで、アフガニスタンでソビエト軍と戦うことを決意、パキスタンのペシャーワルに向かう。駐アフガニスタン・サウジ王国公式代表に任命され、アフガンゲリラ諸派とともにムジャーヒディーンとなった。1980年にはペシャーワル郊外に居を構え、この時期より迷彩服を着用し、素手でロシア人兵士を殺して奪った(とされる)アサルトライフルを常に携帯するようになった。またパキスタン軍統合情報局(ISI)長官のハーミド・グル中将の知己となった。1989年まではサイクローン作戦を通じウサーマらムジャーヒディーンはアメリカの中央情報局(CIA)の援助を受けたが、ムジャーヒディーンの軍事訓練はムハンマド・ジア=ウル=ハク政権のパキスタンが担い、ISIとパキスタン陸軍が指導した。サウジアラビア総合情報庁(GIP)の長官トゥルキー・アル=ファイサル王子の委任により、ウサーマは個人財産とGIPからの資金でムジャーヒディーンのスポンサーとなり、アブドゥッラー・アッザームと共に1984年までにはペシャーワルで「サービス局」(マクタブ・アル=ヒダマト。MAK)を開設し、エジプト・スーダンなどからムジャーヒディーンをリクルートし、パキスタンの北西辺境州に設立した軍事キャンプに送り込んだ。ムジャーヒディーンは主にグルブッディーン・ヘクマティヤールを支援した。アフガニスタンでの対ソ戦の戦況はムジャーヒディーンの活躍で好転する。ウサーマがオマル・アブドッラフマーンやアブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィーなどと関係を構築したのはこのときである。

    反米

    1988年頃にはMAKは路線対立で分裂を強め、アフガニスタンでの活動を優先させようというアッザーム派は離れ、1988年8月にはビン・ラーディンを中心にムハンマド・アーティフらジハード団からのメンバーらがアル・カーイダを創設した。 ムジャーヒディーンはアフガニスタンでは反共の観点からCIAやパキスタンのISIを後ろ盾に活動を続けていたが、1989年2月のソビエト軍の敗退後、ビン・ラーディンらは反米活動に転じた。ユーゴスラビア紛争に積極的に関与し、バルカン半島のイスラム勢力を支援した。ビン=ラーディンは1990年にサウジアラビアへ英雄として帰国した。同年8月、サッダーム・フセインのイラク軍がクウェートに侵攻すると、ビン=ラーディンはファハド・ビン・アブドゥルアズィーズ国王と国防相のスルタン・ビン・アブドルアジーズ・アル=サウード王子と面会し、メッカ・マディーナという聖地を有するサウジアラビアの国内にアメリカ軍を駐留させない代わりにムジャーヒディーンによってイラク軍からサウジアラビアを防衛する計画を提案した。しかしアメリカ大統領ジョージ・H・W・ブッシュの圧力に負けたサウード家は異教徒のアメリカの軍の駐留を認め、イスラム世界を驚かせた。湾岸戦争はビン=ラーディンを急速に反米活動に傾倒させていった。このあたりは2001年10月7日に出された彼の声明の中でも「不信心者の軍はムハンマドの地を去れ」という文言で表されている。米軍のサウジアラビア駐留直後の1990年11月、FBIはニュージャージー州のエル・サイード・ノサイルの住居を摘発、ニューヨークの超高層ビル爆破計画の資料を押収した。ノサイルはラビのメイアー・カハネを殺害したアル・カーイダのメンバーで、これが西側での爆弾テロ計画が露見した最初となった。サウード家は、ビン・ラーディンを危険視、国外出国を禁止する。

    ビン・ラーディンはアフガン帰還兵への福祉支援組織を隠れ蓑にイスラム主義(イスラム原理主義)的な背景を持つ国際テロリズムのネットワークを作り上げたといわれている。

    ビン・ラーディンは1992年に密かにサウジアラビアを脱出、サウード家を攻撃し続けるビン・ラーディンに対しファハド国王による追放であったとも言われている。民族イスラム戦線のハッサン・アル=トゥラビの招きでスーダンに渡り、ハルツームや青ナイル川地域に軍事キャンプを設立した。財閥「サウジ・ビン=ラーディン・グループ」からの資金が止まり、スーダン国内で建設事業を行うことで財政面を安定化させるとともに、アフガニスタンで共に戦ったジハード団の指導者アイマン・ザワーヒリーなどと関係を深め、組織の拡大育成を行った。オスロ合意に反発、反米闘争がエスカレートしていった。1993年にはボスニア・ヘルツェゴビナの市民権を取得し、サラエヴォなどでの紛争に主にスーダンからイスラムのムジャーヒディーンを送り込み、アルジェリア内戦では武装イスラム集団を支援する財政的な援助を行った。北米や西欧で偽造旅券を所持したアルジェリア人が次々に逮捕され爆弾テロの計画が露見した。さらにイエメンやソマリアなど活動を広げた。ビン・ラーディンが指導したアルカーイダの爆弾テロは1992年末のイエメンのアデンでのホテル爆破が最初とされる。中東における自爆テロは1980年のイラン・イラク戦争でシーア派が行ったのが最初である。車爆弾を用いた自爆テロは1983年、レバノン内戦下のベイルート・アメリカ大使館爆破事件が最初である。さらにヒズボラによるベイルート・アメリカ海兵隊兵舎爆破事件が起こり300人を越える米兵・フランス兵が死亡した。米軍基地までもがテロの標的となった波紋は大きく、アルカーイダでもそれに習い、イスラム集団などと共闘して、世界貿易センター爆破事件など世界各地で一般市民をも巻き込んだ無差別な爆弾テロを行っていく。サウジアラビア政府は、1994年にビン・ラーディンの国籍を剥奪、同時期にラーディン家は、ウサーマを一族から追放したとの声明文をサウジアラビア国内のマスコミに送っている。エジプトのホスニー・ムバーラク大統領への暗殺未遂事件を起こしたジハード団(EIJ)は1995年にスーダン追放となり、さらにアメリカ・サウジアラビアの圧力で、ビン・ラーディンもスーダン国内に居られない状況となり1996年5月にスーダンを出国し、チャーター機でアフガニスタンのジャラーラーバードに渡った。直後にサウジアラビア東部のダーランで米軍宿舎爆破事件が発生した。この頃がビン・ラーディン一派が最も苦境であったとされる。

    アフガニスタン滞在

    アフガニスタンにビン・ラーディンを招いたのはアブドゥル・ラスル・サイヤフで、ソビエトとの戦いでジャラーラーバードにビン・ラーディンと軍事訓練キャンプを創設して以来の関係であった。アブドゥル・ラスル・サイヤフは、世界貿易センター爆破事件の首謀者のラムジ・ユセフやアメリカ同時多発テロ事件の起案者とされるハリド・シェイク・モハメドなどアル・カーイダの首脳たちにかつてペシャーワルで軍事指導したことがあった。ビン・ラーディンは、最初はハリス派の庇護を受け、ISIの資金援助で食い繋いだ。ジャララバードがターリバーンの手に落ちると今度はターリバーンの客人となり、ムハンマド・オマルと緊密な関係を構築、アフガニスタン国内にアル・カーイダの訓練キャンプを設置していった。またアリアナ・アフガン航空をハイジャックしたことからそれを用いて現金やアヘン、武器、偽造旅券などをパキスタンやアラブ首長国連邦との間で効果的にやり取りすることが可能になった。1997年にはイスラム集団を財政的に支援しルクソール事件を起こした。同年、北部同盟がジャラーラーバードを圧迫するとカンダハール東部のカルナクに拠点を移した。同じ頃、マザーリシャリーフ攻略にターリバーンは失敗し大打撃を受けた。その窮地を救うためビン・ラーディンは数百人のアラブ兵を送り、1998年8月にはマザーリシャリーフのシーア派のハザーラ人住民5,000人以上を大虐殺した。1998年2月にはユダヤ・十字軍に対する聖戦のための国際イスラム戦線を結成し、「ムスリムにはアメリカと同盟国の国民を殺害する義務がある」「エルサレムのアル=アクサー・モスクを解放せよ」というファトワーをザワーヒリーと連名で布告した。ジェマ・イスラミアとも関係を深めた。8月7日にはタンザニアのダルエスサラームとケニアのナイロビでアメリカ大使館爆破事件を起こしFBIから訴追をうけた。アメリカはビン・ラーディンをかくまっていたアフガニスタンのターリバーン政権に対しビン・ラーディンとアル・カーイダの引き渡しを求めたが、ターリバーンは応じなかったため、国際連合安全保障理事会において引き渡しを求める国際連合安全保障理事会決議1267が採択された。ターリバーン政権はこれにも応じず、経済制裁が発動された。同年、ビン・ラーディンはアルジェリアでサラフィスト・グループの創設に深く関わった。クリントン政権はアメリカ大使館爆破事件の首謀者として同年8月、アラビア海の艦艇から巡航ミサイルでアフガニスタン東部ホーストにある潜伏先を爆撃したがビン・ラーディンは間一髪逃れたとされる。この頃、アルバニアにアルカーイダは拠点を構築し、コソボでの戦闘にアル・カーイダ系ムジャーヒディーンが参加している。1999年、CIAとISIは共同で大規模なビン・ラーディン捕獲作戦を計画したが、パルヴェーズ・ムシャラフによるクーデターが発生し中断を余儀なくされた。

    アメリカ同時多発テロ事件以後

    ブッシュ政権は、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件の首謀者をウサーマ・ビン・ラーディンとアル・カーイダであると断定した(アル・カーイダでもサイード・アル=マスリーやサイフ・アル=アデルは計画に反対した、とされる)。アメリカ政府の公式報告書(『9/11委員会レポート』)によると、航空機を使用したテロ計画の発案者は、2003年に逮捕され計画の全貌を自白したハリド・シェイク・モハメドであり、ウサーマ・ビン・ラーディンは彼から計画を持ちかけられたという。

    Reply
  3. shinichi Post author

    Early life and education

    Osama bin Mohammed bin Awad bin Laden was born in Riyadh, Saudi Arabia, a son of Mohammed bin Awad bin Laden, a billionaire construction magnate with close ties to the Saudi royal family, and Mohammed bin Laden’s tenth wife, Hamida al-Attas (then called Alia Ghanem). In a 1998 interview, bin Laden gave his birth date as March 10, 1957.

    Mohammed bin Laden divorced Hamida soon after Osama bin Laden was born. Mohammed recommended Hamida to Mohammed al-Attas, an associate. Al-Attas married Hamida in the late 1950s or early 1960s, and they are still together. The couple had four children, and bin Laden lived in the new household with three half-brothers and one half-sister. The bin Laden family made $5 billion in the construction industry, of which Osama later inherited around $25–30 million.

    Bin Laden was raised as a devout Sunni Muslim. From 1968 to 1976, he attended the élite secular Al-Thager Model School. He studied economics and business administration at King Abdulaziz University. Some reports suggest he earned a degree in civil engineering in 1979, or a degree in public administration in 1981. One source described him as “hard working”; another said he left university during his third year without completing a college degree. At university, bin Laden’s main interest was religion, where he was involved in both “interpreting the Quran and jihad” and charitable work. Other interests included writing poetry; reading, with the works of Field Marshal Bernard Montgomery and Charles de Gaulle said to be among his favorites; black stallions; and association football, in which he enjoyed playing at centre forward and followed the English club Arsenal F.C.

    Personal life

    In 1974, at the age of 17, bin Laden married Najwa Ghanem at Latakia, Syria; they were separated before September 11, 2001. Bin Laden’s other known wives were Khadijah Sharif (married 1983, divorced 1990s); Khairiah Sabar (married 1985); Siham Sabar (married 1987); and Amal al-Sadah (married 2000). Some sources also list a sixth wife, name unknown, whose marriage to bin Laden was annulled soon after the ceremony. Bin Laden fathered between 20 and 26 children with his wives. Many of bin Laden’s children fled to Iran following the September 11 attacks and as of 2010, Iranian authorities reportedly continue to control their movements.

    Nasser al-Bahri, who was bin Laden’s personal bodyguard from 1997–2001, details bin Laden’s personal life in his memoir. He describes him as a frugal man and strict father, who enjoyed taking his large family on shooting trips and picnics in the desert.

    Bin Laden’s father Mohammed died in 1967 in an airplane crash in Saudi Arabia when his American pilot Jim Harrington misjudged a landing. Bin Laden’s eldest half-brother, Salem bin Laden, the subsequent head of the bin Laden family, was killed in 1988 near San Antonio, Texas, in the United States, when he accidentally flew a plane into power lines.

    The FBI described bin Laden as an adult as tall and thin, between 1.93 m (6 ft 4 in) and 1.98 m (6 ft 6 in) in height and weighing about 73 kilograms (160 lb), although the author Lawrence Wright, in his Pulitzer Prize-winning book on Al-Qaeda, The Looming Tower, writes that a number of bin Laden’s close friends confirmed that reports of his height were greatly exaggerated, and that bin Laden was actually “just over 6 feet (1.8 m) tall”. Bin Laden had an olive complexion and was left-handed, usually walking with a cane. He wore a plain white turban and he had stopped wearing the traditional Saudi male headdress. Bin Laden was described as soft-spoken and mild-mannered in demeanor.

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.