吉本隆明

僕は、ふつうに生きている人、あるいはそういう生き方をすでにやっている人の生き方が、いちばん価値ある生き方だと、理想としています。何かを膝にかけて、一日黙りこくって細工物をしている、何かのデザインを描いたり、染織物をしたりして、一日終わる。日常いつでもありふれたことなんですけど、そういうことで一日を送っているような人がテレビなんかに出てくると、これは偉い人だよ、たいしたもんだよと思って、おれもまねしたいもんだなと思うわけです。

1 thought on “吉本隆明

Leave a Reply

Your email address will not be published.