衣斐弘行

  戦に敗れし日より憂きことは親のなき子らさまよひあるく
私は毎年八月十五日に「慈眼堂歌日記」を繙き拝誦する。この歌集を知ったのは私が高校生の頃で、医師で妙心寺派の僧侶でもあった叔父松原弘兆からであった。
歌集の著者は河野宗寛老師(一九〇一~七〇年)という方でそのとき手にした歌集はガリ版刷りのものであった。
叔父は戦前、名古屋の師団から軍医として家族で旧満州(中国東北部)に渡った。そこで二人の幼い子供を残し妻を亡くし、敗戦後ソ連に捕虜として抑留された。抑留直前に二人の子供を当時新京(現・長春)妙心寺別院住職であった宗寛老師に預けた。

1 thought on “衣斐弘行

  1. shinichi Post author

    8月に誦む 慈眼堂歌日記

    by 衣斐弘行 (上)

    東京新聞
    2016年8月6日 朝刊

    孤児救済の誓願詠
    「平和の罪責」 戒める

    衣斐弘行


    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.