高橋寿郎, 大阪市立自然史博物館

松村博士の研究材料を提供されていた人に鈴木元次郎氏があり、その頃各地を採集していたが、晩年は明石に花園昆虫研究所を開いておられ、私もその頃お伺いしたことがある (昭和15年頃)。氏はその後宝塚昆虫館にもおられた。
%e5%ae%9d%e5%a1%9a%e6%98%86%e8%99%ab%e9%a4%a8**
鈴木元次郎は中部地方の出身で、もともとは蒔絵の職人。絵柄の参考にするために昆虫の標本に興味を持ち始めた。京都で私設の花園昆虫研究所を作り、昆虫標本の販売や昆虫研究者らへの提供などを行う。1939年に阪急電鉄が宝塚昆虫館を開館させる際、展示標本をほぼすべて、自身の標本から提供し、また昆虫館に勤務して、資料拡充の活動を支えた。

2 thoughts on “高橋寿郎, 大阪市立自然史博物館

Leave a Reply to shinichi Cancel reply

Your email address will not be published.