志村正彦

このブログの題名(偶景web)の「偶景」は、フランスの批評家ロラン・バルトの著書《INCIDENTS》の邦訳書名『偶景』から借りてきたものである。
「INCIDENT」は通常「出来事」「偶発事」などと訳されるようであるが、訳者の沢崎浩平氏は「偶景」という言葉を新たに造り、書名とした。バルトによれば、「偶景(アンシダン)」とは「偶発的な小さな出来事、日常の些事」であり、「人生の絨毯の上に木の葉のように舞い落ちてくるもの」を描く「短い書きつけ、俳句、寸描、意味の戯れ」のような類の文でもある。
私は学生時代、仲間が主催していた、沢崎氏を師とする「ロラン・バルトを読む会」に参加する幸運に恵まれた。1988年、沢崎氏は55歳という若さでご逝去されたが、翻訳者本人からバルトを読む方法を学ぶことができたことを深く感謝している。実直で穏やかな氏から、バルトを巡る幾つかの挿話を伺った日々を、今、懐かしく思い出す。
「偶景」は沢崎氏の造られた言葉、造語であり、未だに辞書にも掲載されていない言葉ではあるが、この言葉そのものとこの言葉が指し示す方法に強く惹かれるものがあり、このブログの題名とさせていただいた。

4 thoughts on “志村正彦

  1. shinichi Post author

    %e5%81%b6%e6%99%af偶景

    by ロラン バルト

    translated by 沢崎浩平 and 萩原 芳子

    故郷バイヨンヌの風光と思い出を語った「南西部の光」、パラス座の自由な空間を称えたエッセー、モロッコでの見聞を記録した「偶景」、ソドムの都市の住人を描いた日記「パリの夜」の4篇で構成。89年刊の新装。

    このうち、「偶景」は、1968‐69年にかけてのモロッコでの見聞を記録した断章である。モロッコは、スタンダールのイタリア、ジッドのアルジェリアと同様、バルトの欲望が漂流する狂気の場であった。

    そして、「パリの夜」、これは『失われた時を求めて』の同性愛者シャルリュスがさまよい歩くソドムの都市の住人にかんする日記=ロマネスクである。


    Reply
  2. shinichi Post author

    Roland Barthes

    Wikipédia

    https://fr.wikipedia.org/wiki/Roland_Barthes

    Roland Barthes, né le 12 novembre 1915 à Cherbourg et mort le 26 mars 1980 à Paris, est un critique littéraire et sémiologue français, directeur d’études à l’École des hautes études en sciences sociales et professeur au Collège de France.

    Il fut l’un des principaux animateurs du structuralisme et de la sémiologie linguistique et photographique en France.

    Reply
  3. shinichi Post author

    incidentsIncidents

    Wikipedia

    https://en.wikipedia.org/wiki/Incidents

    Incidents is a 1987 collection of four essays by Roland Barthes. It was published posthumously by François Wahl, Roland Barthes’s literary executor.

    In the first essay, La Lumiere du Sud-Ouest, first published in L’Humanité in 1977, Roland Barthes reflects on the South West of France, the Adour and Bayonne.

    The second essay, Incidents, written in 1969, details Barthes’s holiday in Morocco, where he pays men and boys for sex.

    In Au Palace Ce Soir, the third essay, first published in issue 10 of Vogue-Hommes in May 1978, Barthes describes Le Palace, a fashionable theatre-house in Paris.

    The fourth essay, Soirées de Paris, is a diary from August to September 1979, where Roland Barthes admits to using male escorts as all his relationships have been disappointing to him.

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.