週刊オブイェクト (Объект)

2012年10月に普天間基地への配備される予定のオスプレイですが、4月11日にモロッコでMV-22(海兵隊仕様)が墜落、6月13日にフロリダでCV-22(空軍仕様)が墜落しました。
事故が2回続いた事で安全性を懸念する声が出るのは仕方がないですが、問題となるのはその内容です。事故が2回起きたというだけなら、日本の海上自衛隊のSH-60J対潜ヘリコプターも今年の2月8日に横転大破、4月15日に墜落と重大事故が連続していますが、パイロットの操縦ミスが原因であり、機体の欠陥などではないとされています。オスプレイについても現時点では機体の問題は発見されておらず、パイロットの操縦ミスの可能性が高いとされています。
◯ モロッコの事故は経験の浅い操縦士が機体の速度が遅いまま転換飛行を試みる操縦マニュアル違反を犯し、機首下げ状態で追い風の中、失速した。
◯ フロリダの事故は前方の僚機との距離が近過ぎた事で僚機の出す乱流に巻き込まれた可能性があり、250フィート離れるという操縦マニュアルに違反していた。。。かもしれない。
この二つの事故を入れたオスプレイの実戦配備以後の事故件数は、MV-22がクラスA事故2件(うち墜落1回)、CV-22がクラスA事故3件(うち墜落2回)、計5件です。総飛行時間についてはMV-22が11万5千時間、CV-22が2,2266時間(2012年6月15日時点)で、MV-22とCV-22を合わせて約13万7千飛行時間です。ここからオスプレイの事故率は10万飛行時間あたり約3.65件となります。最近10年の軍用ヘリコプターの事故率の平均が10万飛行時間あたり2~3件なので、若干悪い程度です。海兵隊に限れば、MV-22は2件未満で、平均以下です。

4 thoughts on “週刊オブイェクト (Объект)

  1. shinichi Post author

    週刊オブイェクトとは、軍事と釣りについてのブログサイトである。

    アドレスはhttp://obiekt.seesaa.net/

    概要
    サイト管理者はJSF氏。雑誌「航空情報」にF-2戦闘機についての記事を投稿したこともある。

    プロフィールを以下に引用する。

    名前 JSF
    宗教 T72神
    授業 徴兵制シリーズ
    SNS mixi

    JSFの由来はJapan Sports Fishingとのことで、F-35戦闘機(Joint strike fighter)とは関係ないらしい。
    ブログでは基本的に軍事系のニュースに対する解説・ツッコミを中心に、政治ネタやネット上でのあれこれも扱っている。

    閲覧数・書き込み数ともに日本の軍事系サイトでは有数のもの。基本的なスタンスを「デマゴーグを撲滅するために正確な情報を伝える」ことにおいており、マスコミ報道や軍事系”専門家”についてしばしば辛辣な批判を加えている。清谷信一、神浦元彰と言ったメディア露出の多い軍事ジャーナリストをはじめ作家、大学教員、国会議員から一般のブロガーまで幅広く批判の俎上に載せることも多く、特にmixiのコミュニティにおいては、しばしば喧嘩が起きる。

    軍事関連のニュース以外にも時折小説やTRPGの話をしたり、ニコニコの動画を紹介したりすることもある。趣味の釣りについては(特にライギョ釣り)定期的にについてのエントリも投稿している。

    と言うのは隠れ蓑で
    T-72神を奉ずる未認可の宗教組織の本部である。

    日々名無し信者たちが集い、「オブイェークト」と祈りをささげている。信仰の堅さの割に他宗教には寛容で、ギネアアブラヤシ教や陸自神道、日本仏教などとも概ね友好的な態度をとっている。

    Reply
  2. shinichi Post author

    もし駅前の街頭で新興宗教の勧誘員に「貴方は神を信じますか?」と聞かれた場合は、

    「はい、私はT-72神教を信仰しています。オブイェークト!」

    と答えれば、簡単に勧誘を断ることが出来るでしょう。また自宅に某キリスト教系新興宗教の勧誘員が子供を連れて押しかけて来ても、平然と断ることが可能です。マウンテンバイクに乗ってヘルメットを被った外国人が宗教の勧誘にやって来ても、全く問題となりません。

    海外に出たらここぞとばかりにT-72神教を宣伝しましょう。「何で日本人なのにロシアの戦車を信仰してるの?」と聞かれたら、

    「仏教とて発祥の地はインドですが世界中で信仰されており、逆にインドでは今やヒンドゥー教が主流です。元の発祥国が何処かなんて問題では無いのです。」

    と答えればいいでしょう。もし「戦車なんて人殺しの兵器です!」と拒絶されても、

    「インドのヒンドゥー教では破壊神や軍神が普通に信仰の対象です。戦車神も似たようなものではないですか?」

    で何とかなるでしょう。

    Объект

    Reply
  3. shinichi Post author

    神戦車T-72

    見よ。わたしはすぐ来る。
    わたしはそれぞれの戦闘に応じて報いるために、
    わたしの各種砲弾を携えて来る。
    わたしはαであり、Ωである。最初であり、最後である。
    初めであり、終わりである。
    泥濘を突破し、到着し、
    APFSDS弾とHEAT弾を撃つ権利を与えられ、
    門を通って都に凱旋できるようになる者は幸いである。
    負け犬のような者、戦闘薬を使い過ぎた者、
    車内でみだらなことをする者、戦闘神経症者、
    投降する者、偽りを好み敵に通じた者は皆、車外に放り出される。
    わたし、T-72は斥候を遣わして、
    諸国について、これらのことをあなたがたに証した。
    わたしは、ロシアの蘖、また子孫、輝く明けの明星である。
    御霊も人民も言う。
    「来て下さい」
    これを聞くものは皆、
    「来て下さい」と言いなさい。
    渇いた(燃料切れ)ものは来なさい。
    命の水(燃料)が欲しいものは、それを価無しで受けなさい。
    これらの事をあかしするかたがこう言われる。
    「然り。わたしはすぐに征く」
    オブイェークト
    我等がT-72よ、来て下さい。
    聖なるT-72の火力(めぐみ)が、
    すべての人民と共にあるように。
    Объект(オブイェークト)
    T-72神は仰られました
    目に見えるものに縋ってはならない
    あなた方の心の中に神殿を築きなさい
    そしてあなた方が築いた神殿の中に私は住まう、と

    T-72神に祈りましょう

    Объект

    Reply
  4. shinichi Post author

    日本の報道では「オスプレイは未亡人製造機と呼ばれている」と紹介される事があります。確かに開発段階で事故が多発していた頃はアメリカでそう言われていました。しかし今、何処の誰がそう呼んでいるのでしょうか。実はアメリカではオスプレイの事はもう未亡人製造機とは呼ばれていません。今年オスプレイが配備されるイギリスも同様です。

    アメリカやイギリスでは航空ショーでV-22オスプレイがデモ飛行を披露しています。ニューヨークのマンハッタン上空やロンドンのテムズ川の上空といった都心の市街地も飛んでいます。ですがそれを騒いで非難するような報道は見受けられません。反対する市民運動も起きていません。それどころか一般市民は体験搭乗でオスプレイに乗っています。

    アメリカで毎年開かれるフリートウィーク・ニューヨーク、マリーンウィーク。先週末のイギリスのRIAT航空ショーでもオスプレイは姿を見せました。そして今週始まったファーンボロ航空ショーにも。6年前のRIAT参加の際はロンドン上空にも姿を見せました。 V22 Osprey Flies Over Big Ben – Boeing Image Gallery 今年もロンドン上空を飛んだそうです。

    なおイギリスでは今年中にミルデンホール基地へアメリカ空軍のCV-22オスプレイが配備される予定です。オスプレイについて英と日本で、全く空気が違っています。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.