ウィキペディア

  • 避病院(ひびょういん)とは、明治時代に造られた日本の伝染病専門病院である。昭和期では「隔離病舎」として小学校教科書に記載。伝染病予防法が制定され「伝染病院」に、感染症予防法が制定され「感染症指定医療機関」へと、現代もその役割を担っている。
  • 1876年、アモイから寄港したアメリカ海軍の船内からコレラが広まり、国内で爆発的な流行となった。日本では、既に江戸時代末期より、幾度と無く多数の死者を出す流行が見られており、早期対策の重要性を認識していた明治政府は、虎列刺病(コレラ)予防心得(内務省)とともに避病院仮規則(警視庁)を整えた。実際には、1878年頃から日本各地で避病院の設置が進められ、患者の収容・隔離体制が整えられた。
  • 江戸時代においては天然痘が発生した場合、熊本県では天草の下馬刀島に隔離し、死後墓を建てたという。
  • 病院という形式は取っていたものの、コレラは未知の病であり治療を施す余地は少なかった。また、当時は医療従事者が少なかったこともあり、現代の医療水準からすれば感染者を隔離するだけの施設という状況にあった。当時の患者側の意識も、「コレラは祟り」という時代であり、加持祈祷で回復を試みたあげく症状を悪化させ、末期的症状になってから運ばれてくるケースが多く「生きて帰れる場所ではない」という風評に拍車を掛けた。政府は、通達等で官憲による収容も可能とするとともに、患者の加持祈祷を規制した。
  • 病院の性格上、最初から郊外に造られることが多かったという事情もあるが、あまりにも多くの収容患者が次々と死亡することから、最初から火葬場の近隣に避病院を設置したケースも多い。戦前の地形図には、一般病院と避病院(伝染病院)の地図記号は別々に記載されており(1999年(平成11年)までは隔離病舎の地図記号が存在)、こうしたケースを追跡することができる。
  • また、いわゆる迷惑施設であったため、流行が収まると速やかに破却されることが前提であった。

1 thought on “ウィキペディア

Leave a Reply

Your email address will not be published.