1 thought on “エリザベス・キューブラー・ロス

  1. shinichi Post author

    死ぬ瞬間

    by エリザベス・キューブラー・ロス

    **

    五段階モデル

    http://www.grief-survivor.com/study/deathanddying.html

    • 否認・隔離:自分が死ぬということは嘘ではないのかと疑う段階である。
    • 怒り:なぜ自分が死ななければならないのかという怒りを周囲に向ける段階である。
    • 取引:なんとか死なずにすむように取引をしようと試みる段階である。何かにすがろうという心理状態である。
    • 抑うつ:なにもできなくなる段階である。
    • 受容:最終的に自分が死に行くことを受け入れる段階である。

    このような表には出ていないのですが、ロスは「これらの段階全てには通常一つずっと続くことがあり、それが希望だ」と述べています。「死ぬ瞬間」では、5つの段階にそれぞれ1章が割り当てられていますが、5つの章のあと、もう1章、「希望」という章がある事については覚えておく必要があると思います。

    それをどう呼ぼうと、わたしたちの患者のすべては微量の希望を持ち続け、とくにつらい時期時期を、それによって励まされている。現実的な希望にしろそうでないにしろ、そのような希望をもたせてくれる医師へは最大の信頼がかけられる。悪いニュースに囲まれながらも、そとに一つの希望が差し示されれば患者は感謝する。だからといって医師が患者にウソをつかなければならないというととではない。それはただ、わたしたちが患者と希望を分けもっという意味である。なにか不測のよい事態が起とるかもしれない、病気の軽快があるかもしれない、寿命が案外のびるかもしれない、そういった希望を関係者が患者とともに分けもっということである。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.