5 thoughts on “久保孝久

  1. shinichi Post author

    『大法輪』2019年1月号 

    特集:仏教のここがすごい!

    表紙「雪林に差す」-久保孝久

    (院展╱五郎の家〈秋田県三種町〉蔵)

    Reply
  2. shinichi Post author

    雪林に差す 日本画 久保孝久作 秋田へ!

    by むじな庵

    http://faf21.jugem.jp/?page=1&month=201809

    この作品、昨年秋の院展に出品されたものだが、これを大層気に入った秋田生まれの文化人がいて、この度秋田の図書館に飾られることになった。

    その文化人とは、読売新聞特別編集委員の橋本五郎さん。

    昨年の院展会場でこの「雪林に差す」に出会い、絵の前で釘付けになったという。

    「雪国で育った私には、しんしんと降る雪は温かさを感じる。「雪林に差す」にはその温かさがあり、文庫へ寄贈したいと思った」のだという。

    久保孝久先生もとても喜び「雪をテーマに描いてきて、雪国の方々に見ていただけるのはとてもうれしい」と言っている。

    飾られたのは、橋本さんの蔵書2万冊をもとに開館した秋田県三種町の「橋本五郎文庫」。

    この図書館は閉校した小学校を活用した住民手作りの図書館。

    心のこもった図書館に、心のこもった作品が展示されて、きっと三種町に降る雪はますます温かくなることだろう。




    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.