ちづかみゆき

冬の食事のポイントは、体を温め、「気」「血」を補い、免疫力の低下を防ぐことです。
体が冷えると、生命力の貯蔵庫である「腎」が影響を受け、疲れやすくなったり、老化が進んだりするので、「腎」を補うものを食べましょう。黒ゴマや黒キクラゲ、ひじきなど。黒いものは「腎」を補います。
また、シナモンやクミン、こしょう、花椒などのスパイスやしょうが、ねぎや唐辛子など「辛味」のあるものは、「気」を巡らせて寒さを発散させたり、「血」の巡りを促して体を温めたりします。

1 thought on “ちづかみゆき

Leave a Reply

Your email address will not be published.