1 thought on “杉田玄白

  1. shinichi Post author

    後見草

    天下大変-飢饉-天明の飢饉

    国立公文書館

    http://www.archives.go.jp/exhibition/digital/tenkataihen/famine/contents/45/index.html

    『後見草』には、何もかも食べ尽くした果てに人の屍肉をすすった飢民の話や、犬の肉と偽って人肉が売られたことなど、われわれの想像を超えた「天明の飢饉」の光景が記録されています。地獄絵さながらの惨状を紹介する一方で、著者の杉田玄白は、領内から1人の餓死者も出さぬよう指導力を発揮した米沢藩主上杉治憲(鷹山)を「賢君」と称えています。適切な対策を講じていれば被害はこれほど大きくならずに済んだのではないか。玄白が「賢君」に言及した背景には、大飢饉を招来した領主たちに対する厳しい批判の目があったのでしょう。飢饉は天災であると同時に人災でもありました。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.