大渡海

こい【恋】

人を好きになり、
いつまでもそばにいたいと思う気持ち:
「少年は━を知り、
はじめて胸の痛みを知った」

3 thoughts on “大渡海

  1. shinichi Post author

    アニメ『舟を編む』第3話(サブタイトルは「恋」)のエンディングで記述される語釈。簡潔で明瞭な意味の記述は『大渡海』にふさわしい。


    Reply
  2. shinichi Post author

    舟を編む

    ウィキペディア

    https://ja.wikipedia.org/wiki/舟を編む

    『舟を編む』(ふねをあむ)は、三浦しをんによる日本の小説。女性ファッション雑誌『CLASSY.』に、2009年11月号から2011年7月号にかけて連載され、2011年9月16日に光文社より単行本が発売された。雑誌連載時の挿絵や単行本の装画、文庫のカバー装画は、雲田はるこが担当。2012年、本屋大賞を受賞。

    「玄武書房」に勤める変人編集部員・馬締光也が、新しく刊行する辞書『大渡海』の編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられ、個性豊かな編纂者たちが辞書の世界に没頭していく姿を描いた作品。「辞書は言葉の海を渡る舟、編集者はその海を渡る舟を編んでいく」という意味でこの書名が付いている。執筆にあたって、岩波書店および小学館の辞書編集部の取材を行なっている。

    2013年、石井裕也監督、松田龍平主演で映画化された。2016年10月から12月までテレビアニメが放送された。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.