偽善者

雌が産む卵や子の数は
死亡率の大小に比例する
死亡率が高いと生まれる数は多くなり
死亡率が低いと生まれる数は少なくなる
それが動物の世界

たくさん生まれれば
たくさん死んでもいい
ひとりしか生まれなければ
ひとりも死んではいけない
そんなものなのだろうか

何百人もの人を殺した地震は悪
何千匹もの魚を釣り上げた釣り人は善
何万人もの人を殺したウイルスは悪
何億もの菌を消毒して殺した人は善
そんなことはあたりまえ

命を大切にと説く人たちが
戦争に行けば敵をたくさん殺し
人の命は地球より重いという人が
人々が殺されていることに目を瞑る
大事なのは自分の命だけ

誠実さという仮面をかぶった人が
したり顔で話す
それを聞いた僕は
気持ち悪くなる
偽善を偽善とも思わない人

連帯という言葉を使って
繋がりが大事だという
その人と繋がらない僕は
連帯の外にいる
連帯というこころの狭さ

共感し合う人たちは
共感しない人たちを
冷たい目でみたり
疎外したりいじめたりする
いったい誰が共感などするものか

誠実さ、連帯、共感
思い上がってはいけない
人が怖い
人のすることが怖い
いい人がいちばん怖い

1 thought on “偽善者

Leave a Reply

Your email address will not be published.