人が作ったもの

古地図を見れば陸と海が絶えず動いているのがよくわかる
陸地が盛り上がったり沈み込んだり海の位置が変わったり
強固な岩盤だって大きな大陸だって動かないわけじゃない

6000年前には江東区はもちろん墨田区も葛飾区も足立区も
そして草加市や川口市や越谷市やまでもが海だったという
気温が上がって氷河が融けて 海面が100mも上昇したのだ

1万8000年前には東京湾は隅から隅まで陸だったというし
それよりも前には日本は大陸と陸続きだったみたいだから
将来の日本が動かないなどと思うのは科学的とはいえない

盛り上がったり沈み込んだり動きまわっている陸地の上に
橋やトンネルやダムや堤防や高層ビルや発電所など作って
それでそれらがいつまでも壊れないで役に立つわけもなく

それでも僕たちは陸地が動かないと信じているフリをして
何が起きても原子力発電所は絶対に安全だって嘘をついて
想定外の事故があるとそれを自分でない誰かのせいにする

作ったものはいつかは壊れて築いたものはいつかは崩れる
そんなあたり前のことをみんなまるで知らないふりをして
今日もどこかで完成を祝い竣工式や落成式が執り行われる

神に感謝しても仏に祈っても作ったものはいつかは壊れる
構造計算をどれだけやっても築いたものはいつかは崩れる
完璧なことなどありえないし永遠のものなどどこにもない

人が作ったものなんかが
自然が作ったものよりも
すごいなんてわけはない

This entry was posted in globe. Bookmark the permalink.

1 Response to 人が作ったもの

  1. shinichi says:

    (sk)

    第81作
    Human made things

Leave a Reply

Your email address will not be published.