民族

近代になってから民族は国家に取り込まれ
人々は国家の枠組みにはめ込まれていった
国家は国歌や国旗や物語や法律を作り
人々に忠誠心を求めた
戦争で敵の正義を信じるものはなく
スポーツで敵を応援しようとする人はいない
連帯の感情で出来上がった国民は
かきたてられた愛国心を疑ったりしない
連帯にはなんの根拠もなく
愛国心も郷土愛の延長にはない

どの枠組みからもこぼれ落ちた人たちは
民族にも国家にも属することができず
流浪する民を演ずるしかなかったが
流浪の果ての無国籍の不自由は
時間と共に消えてゆき
気づけば自由人になっていた
国家にはめ込まれた人たちは
心から自由人を憐れんで
自由人の自由に気づくことはなかった

1 thought on “民族

Leave a Reply

Your email address will not be published.