奴隷

ハリエット・ジェイコブズの
『ある奴隷少女に起こった出来事』を読んで
アメリカの奴隷制度は酷いとか
アメリカの白人の黒人への差別はは酷いとか
ブラック・ライヴズ・マターとか
いろんなことが言えるのだけれど
そして確かに酷いことではあるのだけれど
19世紀の半ばといえば日本はまだ江戸時代で
罪人の妻子は上がり者という奴婢になって
希望する者に引き取られたなんていうことを読むと
あれっアメリカも日本も変わりないじゃないかって
そんなふうに思えてしまう
庄屋喜兵衛が租税を免れるため隠田をして
磔で家財没収で家族は上がり者になったとか
庄屋文五左衛門は悪政に憤り騒動を煽動して
獄門で家財没収で家族は上がり者になったとか
そうでなくても奴という身分刑があって
人別帳から除き個人に下げ渡し奴婢にして
新吉原などで娼婦として働かせただとか
幕府は人身売買を禁じていたのだが
年貢上納のための娘の身売りは認めていて
遊女奉公をさせられた少女は多かったとか
借金の前借りをして年季奉公に出され
丁稚や女中や芸娼妓としてこき使われたとか
その苛酷さはアメリカの黒人奴隷と変わらない
奴隷制度が廃止されたあとのアメリカで
黒人への差別がずっと続いていたように
明治になっても人身売買は続いていて
児童を中国人に売ることが禁止されたり
娼妓解放のお触れが何度も出されたりしたが
古い慣行はなくなることなく続けられていた
製糸工場では何も知らない少女たちが
わずかの借金の前借りで奴隷状態に置かれ
牢獄のような寄宿舎での生活を強制され
逃げれば残虐なリンチが加えられた
戦争に負けて人身売買は廃止されたが
売春関連のビジネスは今でも続いている
アメリカの黒人差別が今でも続いているように
日本の人身売買は今でも続いているのだ
韓国で徴用工や慰安婦のことが問題になるけれど
酷い目にあったのは朝鮮の人たちばかりではない
徴用工も慰安婦も その大半も日本人だったのだ
みんなで忘れるために目を瞑っているうちに
黒い歴史は白い歴史になり
黒い企業は白い企業になり
悪い人たちは良い人たちになる
歴史はすべて変えられて
日本には人身売買はなかったことになる
Harriet Jacobs の
Incidents in the Life of a Slave Girl のような本が出て
日本人が日本人にしてきたことをみんなが読んで
これからは酷いことをなくそうと思わない限り
悪いことはまたやってくる
経済はきっと悪くなる
それでも人身売買のようなことが
はびこるるようにしてはならない
風俗嬢は いなくならなければいけない
人材派遣事業は なくならなければならない

2 thoughts on “奴隷

  1. shinichi Post author

    (sk)

    第229作
    Slave

    Incidents in the Life of a Slave Girl
    by Harriet Jacobs
      ある奴隷少女に起こった出来事
      by ハリエット・アン・ジェイコブズ
    から何らかの刺激を受けて

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.