銀行

はじめてはいる未来の銀行は
明るくて清潔で静かだ
目の前に現れた大きなスクリーンには
運用や投資しかない
仕方なく その他を選んで タッチする
どこからか
 ただ今の時間はサービス時間外となっております
という声がする
どうしたらいいかわからず
辺りを見回す
誰もいないし なにもない
監視カメラに映る僕は
さぞかし間抜けに見えていることだろう
スクリーンにヘルプのボタンを見つけ
おそるおそるタッチする
どこからか響いてくる無機質な声が
いろいろな質問をする
それにひとつひとつ答える
20か30の答えのあとで
無機質な声が
 申しわけありません 本人確認ができませんでした
と言う
どうしたらいいのかと尋ねたら
 もう一度はじめからやり直してください
という答えが返ってくる
こんなことで 冷たいと感じたらいけない
みんなが冷たいわけではないのだ
世の中には冷たい AI ばかりじゃなく
暖かい AI もいる
だから
もしかしたら次の問い合わせには
暖かい答えが返ってくるかもしれない
マニュアル化して画一化した AI といえども
なかには少し違う AI もいて
助けてくれるかもしれない
未来の社会では 生きづらいことも多いけれど
そう捨てたものじゃないことも いっぱいある
 かもしれない
効率化と自動化とが進み
なにもかもがオンラインで
受付が無人受付システムになり
紙の預金通帳はデジタル通帳になったのは
遠い昔のこと
人は要らない
紙も要らない
そして 客も要らない
 カネのない客は客ではありません
 当行は必要としておりません
 当行がお客様に合う銀行なのか
 もう一度お確かめください
そういう未来の銀行に比べれば
今の銀行は夢みたいだ
そう考えて今の銀行に行けば
感謝で満たされるに違いない
って そんなわけないか

1 thought on “銀行

Leave a Reply

Your email address will not be published.