己の心は忌わしく
自らの心は息たえだえ
奴の心は怒る

今は心を念じ
次の心は恣(ほしいまま)にし
中の心は忠(まごころ)で
亦の心は恋しく
耳の心はなぜか恥だ

物の心は惣
音の心は意
士の心は志
田の心は思
串の心は患
亜の心は悪
徴の心は懲
欲の心は慾
休む心は恷
能の心は態
恕は心の如く
忿は心を分け
懲は心を徴し
懸は心に縣る

心の上の刃を忍び
心の上の台で怠ける

悲しいのは心に非ず
忘れるのは心が亡いからだ

門のなかの心は悶え
若い心に惹かれ
秋の心は愁い
相手の心を想う

2 thoughts on “

Leave a Reply

Your email address will not be published.