労働

働くってどういうことだろう

なぜか多くの人たちが
似たような給料に満足し
朝から晩まで働かされて
嬉々としている

どこかにいる少ない数の人たちは
自分たちは働かず
多くの人たちを働かせて
安らいでいる

働くことがあたりまえだと
働かなければ食べていけないのだと
刷り込まれ
信じ込まされて
今日も働いている人たちは
ろくな朝食も摂らずに駅に急ぎ
満員電車に揺られて会社に行き
なんのためなのかも知らされずに
与えられた仕事をこなす

目の前に自然の織りなす景色が広がっている
アルヴォ・ペルトの静かな音楽が流れている
僕は働いていない
隣に君がいる
ここはどこだろう
きっと この世ではない

1 thought on “労働

  1. shinichi Post author

    (sk)

    第337作
    Slave

    飼いならす――世界を変えた10種の動植物 by アリス ロバーツ から
    そして Muse から
    何らかの刺激を受けて

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.