本のなかの社会

本を読む
 富裕層に富を集中させれば経済が成長する
なんて書いてある
 なんというまやかし
そう思ったら もうその先は読めない

違う本を読む
 豊かさをもたらすのは資本主義なのか コミュニズムなのか
なんていう文章に行き当たる
 えっ その二択?
そんな疑問が頭をかすめ 読むのを止める

今度こそと思いながら 話題の本を広げる
 社会における生産活動の水平的共同管理
なんて書いてあるのを見て 嫌悪感を抱く
 生きていくのに必要とされる様々な生産‣消費活動を行う領域「必然の国」

 芸術 文化 友情 スポーツ等の人間らしい活動を行う領域「自由の国」
も 嫌だ

飲み屋ばかりの「赤羽の国」や 風俗店が並ぶ「西川口の国」のような
猥雑で 垢ぬけていない感じのほうが
「必然の国」や「自由の国」より ずっといい
混んだ飲み屋では 知らない人たちが
からだを斜めにして並んで立っていて(それをダークダックス飲みというらしい)
タバコの吸い殻は床にポイ捨て

正しいことしかしないなんていう人がいないように
悪いことしかしないなんていう人は(たぶん あまり)いない
ひとりひとりが正しさと悪さを身に纏い
立派な人生と サエない人生を 同時に送る
「必然の国」や「自由の国」も特別でなくて
昼しかないような人なんて いなくて
夜しかないような人なんかも いなくて
悩んで生きる普通の人がいるだけ

人が生きている社会は キャピタリズムでもコミュニズムでもない
人が人らしく生きているところに イズムはいらない

1 thought on “本のなかの社会

  1. shinichi Post author

    (sk)

    第370作
    Imaginary

    Imaginary (sociology)
    https://en.wikipedia.org/wiki/Imaginary_(sociology)

    The imaginary (or social imaginary) is the set of values, institutions, laws, and symbols through which people imagine their social whole. It is common to the members of a particular social group and the corresponding society. The concept of the imaginary has attracted attention in anthropology, sociology, psychoanalysis, philosophy, and media studies.

    The roots of the modern concept of the imaginary can be traced back to Jean-Paul Sartre’s 1940 book The Imaginary: A Phenomenological Psychology of the Imagination in which Sartre discusses his concept of the imagination and the nature of human consciousness. Subsequent thinkers have extended Sartre’s ideas into the realms of philosophy and sociology.

    For John Thompson, the social imaginary is “the creative and symbolic dimension of the social world, the dimension through which human beings create their ways of living together and their ways of representing their collective life”.

    For Manfred Steger and Paul James “imaginaries are patterned convocations of the social whole. These deep-seated modes of understanding provide largely pre-reflexive parameters within which people imagine their social existence—expressed, for example, in conceptions of ‘the global,’ ‘the national,’ ‘the moral order of our time.'”

    John R. Searle uses the expression “social reality” rather than “social imaginary”.

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.