ビッグデータ

F社が管理するビッグデータに
C社の社員がアクセスした
F社がきちんと管理していなかったために
C社の社員が F社のビッグデータを簡単に手に入れた

C社は手に入れたビッグデータを使い
データマイニング技術をフルに活用し
一人の候補の潜在的な有権者ベースを拡大し
リーダーを選ぶ選挙の結果に影響を与えた

F社が管理していたビッグデータが
C社の社員の手に渡らなければ
違うリーダーが選ばれていたかもしれない

ビッグデータを手にすれば
思いもよらないことができてしまう
そんなことが証明されたわけだ

F社がC社の社員にアクセスさせるために
わざと管理を緩めていたとか
いや C社の社員が不法にアクセスしたのだとか
真相は闇のなかに葬り去られた

F社が悪いにせよ
C社の社員が悪いにせよ
F社がビッグデータを持っているという事実は変わらない
F社がそれを使えば同じことができる

C社でないG社がアクセスしても
P社がアクセスしても
M社がアクセスしても
同じことができる

一企業がビッグデータを持っている
一企業はビッグデータを使って 社会を変えることができる
それがあたりまえだというのか
そんなことが許されていいのか

2 thoughts on “ビッグデータ

Leave a Reply to shinichi Cancel reply

Your email address will not be published.