生と死

宇宙を研究する学者たちが
宇宙には 生まれたての星と
死んでしまった星が あるという

人が生まれて成長して死ぬように
星もまた 生まれて成長して死ぬ
私たちが知っている生と死とは
少しだけ違うかもしれないけれど
星も生まれて死ぬ

太陽は45億くらい前に生まれ
あと50億年くらいすると死ぬ

地球が死ななくても
太陽が死ねば
人間は生きていられない

138億年前に生まれたという宇宙も
あと何百億年かしたら死ぬ

もちろん地球も例外ではない
銀河系も例外ではない
地球も銀河系もいつかは死ぬ

はじめがあれば 終わりがある
生まれたものは みんな死ぬ
  なんだかつまらないので 言い方を変えてみる
生まれたものは 死ぬまでは生きている
  そう みんな 生きている
いま地球上にいる人は みんな 生きている
そして 驚いたことに
太陽は 生きている
宇宙は 生きている

1 thought on “生と死

Leave a Reply

Your email address will not be published.