歴史の改ざん

些細なことを大きくして
繰り返し話す人がいる
起きたことのうちの
大事なことを小さくし
どうでもいいことを大きくし
事実を捻じ曲げる

大事なことは人それぞれ違う
ものの見方も人それぞれ違う
だからといって
起きたことを 起きていないように話したり
起きていないことを 起きたように話したり
一回起きたことを 千回起きたかのように話したり
千回起きたことを 一回だけのように話したりするのは
歴史を捻じ曲げることでしかない

歴史を物語にするのは構わないが
歴史を捻じ曲げるのはいけない

1 thought on “歴史の改ざん

Leave a Reply

Your email address will not be published.