自分のため

画家がいる
描き始めて20年経った頃
描きたいように描けるようになったと思ったけれど
思うように売れなかった
そもそもその画家の絵が人の目に触れることは
ほとんどなかった

演奏家がいる
奏で始めて20年経った頃
奏でたいように奏でられるようになったと思ったけれど
思うように稼げなかった
そもそもその演奏家の音が人の耳に届くことは
ほとんどなかった

詩人がいる
書き始めて20年経った頃
書きたいように書けるようになったと思ったけれど
思うように稼げなかった
そもそもその詩人の詩が人の心に届くことは
ほとんどなかった

画家は今日も描き
演奏家は今日も奏で
詩人は今日も書いている
売れなくても
したいことをしたいようにして
自分に素直に生きている

多くの人たちが家族のために生きる
自由に生きているようにみえる子どもたちも
やがて大きくなって家族のために生きる
家族でなくても誰かのために生きる
誰かのために生きるのが幸せなのだと
目の前の本が言う

誰かのためでなく自分のために生きて
したいことをしたいようにして
いったいなにが悪いのか

誰かのために生きる人の作品のほうが
自分のために生きる人の作品より
ずっと素晴らしいという
でも僕には自分のために生きる人の作品のほうが
ずっと輝いて見える

少ない時間のなかで 君に
自分のために生きてほしい
君に
輝き続けてほしい

1 thought on “自分のため

Leave a Reply

Your email address will not be published.