夢を見る

朝のひかりのなかで
僕には 夢を見る資格がない
と 気づく

遠くから声が聞こえてくる
 資格なんていらない
 夢は見るものではない

 夢は生きるものだ
 夢を生きればいい
 ただ生きればいい

ふと前を見ると
朝のひかりは消え
風が吹いている

夢はどこかに
飛んで行ってしまった
なんの夢
どんな夢

君と夢を見る
君を夢見る

1 thought on “夢を見る

Leave a Reply

Your email address will not be published.