シャクシャイン

 
シャクシャインは蝦夷地全域のアイヌへ、不平等な交易を強いた松前藩への戦いを呼びかけ、1669年6月蜂起を起こした。シャクシャインに率いられたアイヌ軍は松前を目指し進軍、7月末には現在の山越郡長万部町のクンヌイまで攻め進んだ。クンヌイでの戦闘は8月上旬頃まで続いたが、シャクシャイン勢が和人側の妨害により渡島半島のアイヌと連携できなかったのに対し、松前藩は幕府や東北諸藩の支援を受け、アイヌ軍はクンヌイからの敗退を余儀なくされた。シャクシャインは10月23日に現在の新冠町にあたるピポクの松前藩陣営の「和睦の席」で謀殺され無念の最期を遂げた。

1 thought on “シャクシャイン

Leave a Reply

Your email address will not be published.