蜻蛉

長い幼虫時代を水中で過ごした十何兆もの蜻蛉が
羽根の生えた成虫になり 交尾をして 一日で死ぬ
同時に孵化することで 食べられてしまう可能性が減り
交尾できるチャンスが大きく広がる
口も消化器官も持たない蜻蛉が食事をすることはない
水上を飛び ただ交尾する
そして水中で死ぬ

そこには 人権ならぬ蜻蛉権とか
人道ならぬ蜻蛉道とかは なく
その短い命は どこまでも儚い

蜻蛉になった僕が 蜻蛉になった君を探す
死ぬ前に 会えるように
いつも一緒の君と 生を終えるように

1 thought on “蜻蛉

Leave a Reply

Your email address will not be published.