IBM

ブロックチェーンの定義:ブロックチェーン とは、ビジネス・ネットワークにおいてトランザクションを記録し、資産を追跡するプロセスを容易にする、変更不可能な共有台帳です。 資産 には有形の資産(家、車、現金、土地など)と無形の資産(知的財産、特許、著作権、ブランディングなど)があります。 実質的に、価値のあるものは何でもブロックチェーン・ネットワーク上で追跡して取引することができ、すべての関係者のリスクを軽減し、コストを削減することができます。
ブロックチェーンが重要な理由:ビジネスは情報の上に成り立っています。 情報は早く受け取るほど、またその情報が正確であるほど有用です。 ブロックチェーンがこのような情報を提供するために最適である理由は、許可されたネットワーク・メンバーのみがアクセスできる変更不可能な台帳に保管された、即時性、共有性、完全な透明性を兼ね備えた情報を提供できるためです。 ブロックチェーン・ネットワークは、注文、決済、アカウント、生産など、さまざまなものを追跡できます。 また、メンバーが1つしかない真実の情報を共有し、エンドツーエンドでトランザクションの詳細を確認することができるため、情報の信頼性が高まるだけでなく、新たな効率性と機会を得ることもできます。
変更が必要なこと:オペレーションでは、重複レコードの保持や第三者による検証のために無駄な作業が必要になることがよくあります。 記録保持システムは、不正行為やサイバー攻撃に対して脆弱である可能性があります。 透明性が限定的なものになると、データ検証に時間がかかる場合があります。 さらに、IoTの登場により、トランザクション量が爆発的に増加しています。 これらはすべて、ビジネスの速度を低下させて、収益を悪化させるため、改善する必要があります。 このような問題の解決に役立つのがブロックチェーンです。

1 thought on “IBM

  1. shinichi Post author

    ブロックチェーン・テクノロジーとは
    IBM
    https://www.ibm.com/jp-ja/topics/what-is-blockchain

    ブロックチェーンの概要

    ブロックチェーンの定義:ブロックチェーン とは、ビジネス・ネットワークにおいてトランザクションを記録し、資産を追跡するプロセスを容易にする、変更不可能な共有台帳です。 資産 には有形の資産(家、車、現金、土地など)と無形の資産(知的財産、特許、著作権、ブランディングなど)があります。 実質的に、価値のあるものは何でもブロックチェーン・ネットワーク上で追跡して取引することができ、すべての関係者のリスクを軽減し、コストを削減することができます。

    ブロックチェーンが重要な理由:ビジネスは情報の上に成り立っています。 情報は早く受け取るほど、またその情報が正確であるほど有用です。 ブロックチェーンがこのような情報を提供するために最適である理由は、許可されたネットワーク・メンバーのみがアクセスできる変更不可能な台帳に保管された、即時性、共有性、完全な透明性を兼ね備えた情報を提供できるためです。 ブロックチェーン・ネットワークは、注文、決済、アカウント、生産など、さまざまなものを追跡できます。 また、メンバーが1つしかない真実の情報を共有し、エンドツーエンドでトランザクションの詳細を確認することができるため、情報の信頼性が高まるだけでなく、新たな効率性と機会を得ることもできます。

    ブロックチェーンの重要な要素

    分散台帳テクノロジー

    すべてのネットワーク参加者が、分散台帳と変更不可能なトランザクション記録にアクセスできます。 この共有台帳により、トランザクションは一度だけ記録され、従来のビジネス・ネットワークにありがちな作業の重複がなくなります。

    変更不可能な記録

    参加者は、一度共有台帳に記録されたトランザクションを後で変更したり改ざんしたりすることはできません。 トランザクションの記録にエラーが 含まれていた 場合は、そのエラーを訂正するための新しいトランザクションを追加する必要があり、両方のトランザクションを確認することができます。

    スマート・コントラクト

    トランザクションを高速化するために、スマート・コントラクトと呼ばれる一連の規則がブロックチェーンに保管され、自動的に実行されます。 スマート・コントラクトでは、社債の譲渡条件を定義したり、旅行保険の支払い条件を含めたり、あるいはその他にも非常に多くのことが可能です。

    ブロックチェーンの仕組み

    発生した各トランザクションをデータの「ブロック」として記録

    これらのトランザクションは、有形資産(製品など)や無形資産(知的財産など)の移動を示しています。 データ・ブロックには、誰が、何を、いつ、どこで、どのくらい、どのような条件で(食品の出荷の温度など)といった任意の情報を記録することができます。

    各ブロックを前後のブロックに接続

    これらのブロックは、資産がある場所から別の場所に移動したり、所有権が変更されたりしたときに、データのチェーンを形成します。 ブロックはトランザクションの正確な時刻と順序を確認し、ブロック間のリンクを保護することで、ブロックが変更されたり、2つの既存のブロックの間にブロックが挿入されたりすることを防止します。

    トランザクションをブロックチェーンと呼ばれる不可逆的なチェーンでブロック

    各追加ブロックが前のブロックの検証を強化するため、ブロックチェーン全体の検証が強化されます。 これによりブロックチェーンの改ざんの痕跡が明確に残るため、不変性という重要な強みがもたらされます。 これにより、悪意のある行為者によって改ざんされる可能性がなくなり、お客様と他のネットワーク・メンバーが信頼できる、トランザクションの台帳が構築されます。

    ブロックチェーンのメリット

    変更が必要なこと:オペレーションでは、重複レコードの保持や第三者による検証のために無駄な作業が必要になることがよくあります。 記録保持システムは、不正行為やサイバー攻撃に対して脆弱である可能性があります。 透明性が限定的なものになると、データ検証に時間がかかる場合があります。 さらに、IoTの登場により、トランザクション量が爆発的に増加しています。 これらはすべて、ビジネスの速度を低下させて、収益を悪化させるため、改善する必要があります。 このような問題の解決に役立つのがブロックチェーンです。

    高い信頼性

    メンバー専用ネットワークのメンバーとしてブロックチェーンを使用することで、正確でタイムリーなデータを受け取っていること、機密のブロックチェーン・レコードは特別に権限を付与したネットワーク・メンバーのみで共有されるということが保証されるため、安心することができます。

    強力なセキュリティー

    データの正確性に関するコンセンサスは、すべてのネットワーク・メンバーから得る必要があります。また、すべての検証済みトランザクションは、永続的に記録されるため、変更不可能です。 システム管理者であっても、トランザクションを削除することはできません。

    高い効率性

    ネットワークのメンバー間で共有される分散台帳を使用すると、時間のかかるレコードの照合が不要になります。 また、トランザクションを高速化するために、スマート・コントラクトと呼ばれる一連の規則をブロックチェーンに保管し、自動的に実行することができます。

    ブロックチェーン・ネットワークのタイプ

    ブロックチェーン・ネットワークを構築する方法はいくつかあります。 パブリック、プライベート、あるいは許可制にすることも、コンソーシアムで構築することもできます。

    パブリック・ブロックチェーン・ネットワーク

    パブリック・ブロックチェーンは、ビットコインのように、誰でも参加できるブロックチェーンです。 欠点としては、かなりの計算能力が必要であること、トランザクションにプライバシーがほとんどあるいはまったくないこと、そしてセキュリティーが弱いことなどが挙げられます。 これらは、企業がブロックチェーンを 利用する際の 重要な考慮事項です。

    プライベート・ブロックチェーン・ネットワーク

    プライベート・ブロックチェーン・ネットワークは、パブリック・ブロックチェーン・ネットワークと同様に、分散型のピアツーピア(P2P)ネットワークです。 ただし、1つの組織がネットワークを管理し、誰が参加できるかを制御し、コンセンサス・プロトコルを実行し、共有された台帳を維持します。 ユースケースによっては、参加者間の信頼性と確信度を大幅に向上させることができます。 プライベート・ブロックチェーンは企業ファイアウォールの内側で実行することができ、オンプレミスでホストすることもできます。

    許可制ブロックチェーン・ネットワーク

    一般的に、プライベート・ブロックチェーンを構築する企業では、許可制ブロックチェーン・ネットワークを構築します。 パブリック・ブロックチェーン・ネットワークも許可制にすることができるので注意してください。 これは、ネットワークに誰が参加できるか、どのトランザクションに参加できるかを制限するものです。 これに参加するためには、招待されるか許可を得る必要があります。

    コンソーシアム・ブロックチェーン

    ブロックチェーンを維持する責任を複数の組織で共有できます。 これらの事前に選択された組織が、トランザクションを送信できるユーザーや、データにアクセスできるユーザーを決定します。 コンソーシアム・ブロックチェーンは、すべての参加者を許可制にする必要があり、 すべての参加者でブロックチェーンに対する責任を共有するようなビジネスに最適です。

    ブロックチェーンのセキュリティー

    ブロックチェーン・ネットワークのリスク管理システム

    企業のブロックチェーン・アプリケーションを構築する際には、サイバーセキュリティー・フレームワーク、保証サービス、ベスト・プラクティスを活用した包括的なセキュリティー戦略を構築して、攻撃や不正行為に対するリスクを軽減することが重要です。

    ブロックチェーンのユースケースとアプリケーション

    新鮮な魚介類を獲った瞬間から追跡する

    IBM Food Trustは、すべての漁獲物について、水揚げからスーパーマーケットやレストランまでのすべての道程を追跡することにより、Raw Seafoods社が食品サプライチェーン全体の信頼性を向上させるのを支援しています。

    金融サービスにおける暗号通貨セキュリティーの向上

    INBLOCK社は、Hyperledger FabricをベースにしたMetacoin暗号通貨を発行し、デジタル資産のトランザクションをより速く、より便利に、そしてより安全なものにできるように取り組んでいます。

    ブロックチェーンでヘルスケアの成果を変える

    IBM Blockchain Platformにより、お客様のエコシステムが信頼性、データ来歴、効率性を確保する方法を変えることで、患者のケアと収益性を改善することができます。

    石油・ガス業界のイノベーションを促進

    Vertrax社とChateau Software社は、大量の石油・ガス流通におけるサプライチェーンの混乱防止に役立てるため、IBM Blockchain Platform上に構築した初めてのマルチクラウド・ブロックチェーン・ソリューションを発表しました。

    小売店とサプライヤーの関係における信頼性の向上

    Home Depot社は、IBM Blockchainを使用して、出荷および受領された商品に関する、信頼できる共有情報を入手することで、ベンダーの紛争を減らし、紛争解決を迅速化しています。

    産業向けブロックチェーン

    業界のリーダーたちは、IBM Blockchainを使用して、摩擦を取り除き、信頼を築き、新しい価値を解き放っています。 セグメントごとの方法をご覧ください。

    サプライチェーン
    ヘルスケア
    政府機関
    小売
    メディアと広告
    石油・ガス
    通信
    製造
    保険
    金融サービス
    旅行と運輸(PDF、340 KB)

    ブロックチェーンに関するFAQ

    ブロックチェーンとビットコインとの違いは何ですか?

    ビットコインは、規制されていないデジタル通貨です。 ビットコインは取引台帳としてブロックチェーン・テクノロジーを使用しています。

    IBM Blockchain PlatformとHyperledgerはどのように関連していますか?

    IBM Blockchain Platformは、Hyperledgerテクノロジーを採用しています。
    このブロックチェーン・ソリューションを使用すると、あらゆる開発者をブロックチェーンの開発者に変えることができます。

    どのようなクラウドにもデプロイできますか?

    IBM Blockchain Platformソフトウェアは、Red Hatの最先端のエンタープライズKubernetesプラットフォームであるRed Hat® OpenShift®上にデプロイするように最適化されています。
    つまり、オンプレミスでも、パブリッククラウドでも、あるいはハイブリッドクラウド・アーキテクチャーでも、ブロックチェーンのネットワーク・コンポーネントのデプロイ場所をより柔軟に選択できるということです。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.