ハッピーキャンパス(身分社会)

学歴評価
①世間に蔓延している漠然とした社会的評価
②社会階層をベースとしたブランドイメージ
③知識や技術の水準を大雑把に知る判定材料
④可能性を知り配属を決めるための判断材料
⑤学習歴や訓練可能性を推定するための評価

1 thought on “ハッピーキャンパス(身分社会)

  1. shinichi Post author

    学力社会とは何か

    ハッピーキャンパス

    https://m.happycampus.co.jp/doc/13573/

    学歴社会において問題とされているのは学歴が一体何をどの程度あらわすと考えられるのかという問題である。これについては主に二つの疑問があり、一つは学歴が大学入試を受験する18歳から20歳頃の時点での学力を表すに過ぎない問題である。若いときに獲得した学歴が、その人の将来の可能性を拘束する、つまり一種の身分と化する点である。もう一つはその時点の学力はいわゆる受験学力であり実力・能力の一部を表すにすぎないのに、あたかも実力・能力の主要部分を表現し人格の評価にまで関わってしまうのはおかしいというわけである。また当該大学・学部で求められる人材の選抜を適切な入試方法が行われているかも問題であるとされている。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.