世界

僕は神が造った世界にいないし
ましてや 神の子どもなんかではない
大きく広がった宇宙のなかにいて
小さくて どうでもいい存在なのに
悲しみや苦しみから逃れようとして
必死になってあがいている
貨幣という価値を追い求めているわけではないし
自由という価値を信じているわけでもない
僕はただ 君といたい
僕はただ 君とすごしていたい

1 thought on “世界

Leave a Reply

Your email address will not be published.