ペク・セヒ

我慢できないほどつらい時も、友だちの冗談に笑ったり、そうしながら心のどこかで虚しさを感じ、それでいてお腹がすいたからと、トッポッキを食べに行く自分が可笑しかった。ひどく憂鬱なわけでも幸せなわけでもない、捉えどころのない気分に苦しめられた。これらの感情が同時に起きるということを知らなかっただけに、なおさらつらかった。

1 thought on “ペク・セヒ

  1. shinichi Post author

    死にたいけどトッポッキは食べたい
    by ペク・セヒ
    translated by 山口ミル
    (2020/1/21)

    この本は気分変調性障害(ひどい憂鬱症状を見せる主要憂鬱障害とは違い、軽い憂鬱症状が続く状態)にかかった私の治療記録をまとめたものだ。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.