医療

日本では 普通の人が 毎日のように医療機関に行く
医院とかクリニックとか診療所に数十万人
病院に行く人は百万人を超す
合わせれば百数十万人が待合室で診察を待つ
これとは別に百万人以上が入院していて
合わせて数百万の人が医療機関の世話になっている
なぜか医療機関では待つのがあたりまえになっている
診察を待ち 会計を待ち 薬局で待つ
1回の診療で半日はつぶれる
何百万人もの人たちが毎日のように時間をを無駄にしている
診察を受けたおかげで命拾いをしたという物語は多い
でも そうした人が 診察を受けなかったら どうなったのか
なにが見つかったにせよ それは結局無害だったかもしれない
50代男性の約半数の前立腺にがんの組織的証拠が見られ
80歳になる頃にはそれが80%にあがっている
でもこの病気で亡くなる男性は26人に1人しかいない
治療などしなくても 26人中25人は死んだりしない
人びとは どれほどの必要のない不安を抱えさせられているのか
どれほどの必要のない検査を受けさせられているのか
どれほどの必要のない治療がなされているのか
そして毎日 百億円以上のカネが浪費される
日本は誰でもが医療を受けられる いい国だと言われ
みんなが医療に組み込まれていく
こんな可能性もある あんな可能性もある と脅かされ
一度医療に組み込まれれば 抜け出す術はない
安心を求めれば 不安になる
健康を求めれば 不健康になる
医療にはいろいろお世話になっているけれど
必要のない医療とは距離を置く
それがいちばんだ

1 thought on “医療

Leave a Reply

Your email address will not be published.