平均的な人

平均的な人なんてどこにもいない
平均身長と平均体重の人がいて
その人が平均的な価値観を持っていて
平均的な考え方をしているなんて
そんなことは ありえない
日本人男子の平均身長は170センチ
身長分布では標準偏差が6センチで
164センチから176センチの間に 68%が含まれ
158センチから182センチの間に 95%が含まれる
だからって155センチの人を高くしたり
185センチの人を低くしたりはしない

健康診断の数値がすべて基準範囲に入っているという
そんな人もいるのかもしれないけれど
大抵は基準範囲を少し はみ出して
要注意とか異常とか 言われてしまう
ひとりひとり からだが違い 体質だって違うのに
大きな人も小さな人も一括りにして
基準範囲に入っていれば健康で
そこからはみ出したら不健康というような
いい加減な判断で
健康な人に病気というレッテルを貼り
基準値に入るまで治療をするのが
医療だとするならば
そんな医療は 受けたくない

人を属性から観察し
平均的な人などという いもしない人を妄想し
健康を数値で測ることに慣れ
それで人を区別する
それがおかしいと言うと
まるで悪人のように扱われる
おかしいのは統計学者や医者ではないのか
それとも 僕が間違っているのだろうか

1 thought on “平均的な人

Leave a Reply

Your email address will not be published.