Frida Kahlo

 
 
I have suffered two grave accidents in my life, one in which a streetcar knocked me down… The other accident is Diego.

3 thoughts on “Frida Kahlo

  1. shinichi Post author

    二度の大事故

    東亜日報

    https://www.donga.com/jp/article/all/20210429/2608552/1

    2002年、第59回ヴェネツィア映画祭の開幕作はフリーダ・カーロの伝記映画「フリーダ」だった カーロが生まれ変わったかのように熱演したメキシコ俳優のサルマ・ハエックはその翌年、アカデミー主演女優賞にノミネートされ、演技人生の転換点を迎えた。画家カ-ロの人生にも、2度の転換点があった。自ら「大事故」と表現した出来事だった。

    私の人生では2度の大事故があった。車の事故とディエゴ、まさにあなたのことよ!2つの事故を比べるとあなたのほうがひどいわ!」。映画の中の台詞は、カ-ロがディエゴ・リベラに実際に言った言葉だ。18歳の時に会った交通事故は、医者を夢見た少女の人生を一変させた。ベッドに横になって、激しい肉体的苦痛を忘れるために始めた絵画は、彼女を画家の道に導いた。二度目の大事故は、メキシコ美術の巨匠、ディエゴ・リベラとの結婚を指す。夫の女性遍歴と頻繁な浮気は、彼女に肉体的苦痛よりも大きな心の傷を与えた。2つの事故でカーロは地獄の底まで経験したが、その苦痛を自画像に落とし込んで自らを癒した。

    この絵は、カーロが10年間の結婚生活を終える1年前、ニューヨークに展示旅行に行った時に製作されたものだ。彼女は他の自画像のように、傷ついて血を流したり、悲しい姿ではなく、豪胆で堂々としているように見える。リベラの妻ではなく、独立した画家としてニューヨーク展示を成功裏に終えた後のようだ。濃いカモメのような眉毛が印象的な彼女は、メキシコ伝統衣装の上に動物の骨のネックレスをしていて、まるで密林の女戦士のようだ。隣で肩を組んで慰労している動物は、一緒に住む猿だ。実際に、カ-ロは猿やオウムのような異国的動物と植物を育てながら、心の安静を取り戻した。

    切迫さが奇跡を作ったのか。ハリウッド映画の素材になるほど劇的な人生を送ったカーロ。2度の大事故は恐ろしい苦痛の始まりだったが、その苦痛から脱したい切迫さは、彼女をリベラに劣らぬ世界的な美術家にした原動力だった。

    Reply
  2. shinichi Post author

    人は見かけによらない
    フリーダ カーロのワードローブ
    Museo Frida Kahlo

    https://artsandculture.google.com/story/rAUBPDLcNAzkJA?hl=ja

    フリーダ カーロのワードローブ

    フリーダ カーロは 1907 年にメキシコシティで、ハンガリー系ドイツ人の写真家である父ギリエルモ カーロと母マティルデ カルデロン イ ゴンサレスの娘として生まれました(母のマティルデはアオハカでスペイン人の母とメキシコ人の父の間に生まれました)。フリーダ カーロは芸術家として、その絵画作品を通じて彼女自身について多くのことを語っているだけでなく、外見やスタイルを通じて私たちの心に強い印象を残しています。

    フリーダ カーロについては研究しつくされたと思われていましたが、2004 年 4 月、フリーダ カーロの生家である「青い家」で彼女のワードローブ(衣服などの私物)が発見されました。彼女のワードローブと身の回りの品は、夫であるメキシコ人壁画家ディエゴ リベラと、その後パトロンであり友人のドロレス オロメドの特別な要望により、家の上階にあるフリーダ カーロの部屋に隣接した白いタイル張りのバスルームで、50 年以上にわたり保管されていました。民族衣装や現代的な衣服、アクセサリー、医薬品、整形外科用器具など 300 点ほどが発見されました。

    人は見かけによらない: フリーダ カーロのワードローブ 展は、これらの品々を初めて展示し、カーロが自身のアイデンティティをどのように構築したのかについて研究したものです。本展示では、身体障害、伝統、ファッションやドレスを通じてカーロが構築したスタイルに焦点を当てています。また、カーロの個人的なスタイルが、世界的なアーティストやファッション デザイナーにとってインスピレーションの源泉であり続けている様子もご紹介します。

    My Dress Hangs There(私のドレスがそこにかかっている)

    フリーダ カーロにとって、テワナの民族衣装は、脚の障害を隠すための身体に合った服というだけでなく、自身を融合させたものとして第二の皮膚のように着こなしていました。フリーダ カーロは、衣服の隠喩的な媒体としての役割の中に存在すると同時に外見的にわかりやすい記号論的な質を感知することができました。

    自身のアイデンティティを強めるために民族衣装を利用することで、政治的信条を再確認し、身体の不完全性を隠し、親から受け継いだものや自らの生い立ちの上にアイデンティティを構築していきました。

    フリーダ、彼女のスタイル: サーカスはどこ?

    複雑な手刺繍が施されたドレスを着て、三つ編みの髪型に花飾りをつけるという彼女の決断は、まったくの個人的な選択だったと考えられています。それは一方では、おそらく母親と娘の関係に根差した自己肯定の探索であり、もう一方では、芸術の世界に自分自身を位置づける直観力でした。当時の女性芸術家は自分の作品を実力で認めてもらうために闘っており、彼女の場合は、著名な夫とは異なる自立した人物として認知される必要がありました。

    自らのアイデンティティを定義し文化的遺産と政治的信条を表現するために象徴的なドレスとしてカーロが選んだのは、テワナの民族衣装でした。ワードローブの大部分は、メキシコのアオハカやその他の地域の伝統的なアイテムで構成されています。しかし、グアテマラや中国の民族衣装、ヨーロッパやアメリカのブラウスの興味深いコレクションも含まれています。

    好奇心のキャビネット

    急性灰白髄炎(ポリオ)にかかった日から亡くなる日まで、フリーダ カーロは 22 回の外科手術を受けたため、崩壊しそうな身体を抱えて生きていました。この分裂しそうな身体が、形状とアイデンティティのユニークな融合を通じて、彼女自身と彼女が受けた制約の物質的な表現へとつながっていきました。

    テワナのドレスは、それを純粋に表現したものです。凝った装飾の上半身に置かれた幾何学的な重点、四角いチェーン ステッチが施された丈の短いブラウス、ドレスが暗示するジェンダー的、政治的表明。フリーダとテワナのドレスは、アイデンティティ、美しさ、デザインの完璧な融合として、一体化していました。

    テワナ ドレスの装飾は身体の上半身に集中しています。上半身に集められたチェーン ステッチ ブラウス、花、凝ったジェリー、イヤリング、ネックレス、リングはフリーダの上半身に注目を集めることで彼女自身を再構成し断片化して、見る人の意識を脚や下半身から逸らす効果がありました。
    ウィピルの持つ丈の短い四角形の幾何学的な構造は、彼女の背を高く見せるのに効果的でした。座ったときは布地がウェストの辺りでまとまらないため不快にならず、それ自体に注目を集めることができました。

    視覚芸術家として、また、世界に提示してきた身体的イメージを形成するために多くの時間とエネルギーを注いだ者として、フリーダがテワナの民族衣装のもつ着映え効果を意識していたことは明らかです。

    フリーダが常に、自分の感覚やリアリティと、自らのアイデンティティを探して定義しようとした努力からインスピレーションを得ていたとすれば、今回の展示は、彼女の心地よさ、強さ、個人的な安心感のツールや起源としての、ドレスの心理的効果を証明するはずです。その効果は、極めて強力なものでした。

    コルセット: アートとアバンギャルド

    身体の治療を受けていたカーロにとって、コルセットは支えであり必要なものでしたが、抵抗を表すものでもありました。コルセットによって病弱な人として自らを定義するだけでなく、自分のコルセットを装飾することにより明示的な選択として表現し、外見の構成に不可欠な要素として取り入れました。

    伝統的要素: レース、花、白

    多くのデザイナーが、カーロを解釈するための出発点としてコルセットに着目しています。彼女のコルセットは、まさに身体の脆弱性の象徴であり、困難に耐え抜く性格を支える存在でした。カーロがコルセットを医療用の器具としてだけでなく様式化して作品に取り入れる試みに利用した事実からヒントを得て、彼女のスタイリングがファッショナブルな衣服に変換されました。川久保玲、ダイ リース、ジャン ポール ゴルチエは、カーロがかつて個人的かつ入念に絵画を創作したのと同様に、それぞれのスタイルの個性を活かして、細部まで丁寧に工夫をこらした作品を制作しました。

    Reply
  3. shinichi Post author

    Why Did Frida Kahlo Say Diego Was An Accident?

    by Brittney

    https://artradarjournal.com/2021/11/18/why-did-frida-kahlo-say-diego-was-an-accident/

    Why Did Frida Kahlo Say Diego Was An Accident?
    As soon as she showed Diego the paintings, he complimented her and said, “You are a talented artist,” adding, “I think you should keep painting.”. Frida devoted herself completely to her art and made it her career because of this encouragement. In 1930 and 1934, they experienced an extremely intense period of time.

    How Did Frida Kahlo Feel After Her Accident?
    Having children is unlikely to have been possible for Kahlo because of the crash. She had over 30 additional surgeries and suffered pain as a result of her injuries for the rest of her life. One procedure involved reshaping her back as well as breaking and resetting it. Her latest setback became a creative opportunity for Kahlo, who painted her cast in her characteristic style.

    What Happened To Frida Kahlo During Her Accident?
    Frida suffered 11 fractures in her right leg after being broken in a serious bus accident. Her injuries included a broken spinal column, a broken collarbone, broken ribs, and broken pelvis. A dislocated and crushed right foot, as well as a fractured shoulder, were also visible.

    What Happened Between Frida And Diego?
    A messy affair, multiple extra-marital affairs, and even a divorce led Frida Kahlo and Diego Rivera to remarry a year after they split up makes Frida Kahlo and Diego Rivera’s marriage different than your usual love story. Over the course of 25 years, they painted each other.

    What Did Frida Kahlo Call Diego?
    Frida and Diego share an admiration for their art. Frida calls Diego an artist of the highest magnitude while Diego considers Frida the best painter of her time. Frida and Diego are inseparable.

    Was Diego Rivera Jealous Of Frida?
    Frida Kahlo’s many love affairs were also influenced by those passions that led her to greatness as an artist. While she was married to fellow artist Diego Rivera twice, these events still took place. Although Kahlo was jealous of her male lovers, she never let them stop her from pursuing her goals.

    Did Frida Kahlo Really Love Diego?
    The relationship between Frida Kahlo and Diego Rivera, two of the most captivating and provocative artists of Mexico, never failed to amaze and astound. Frida Kahlo and Diego Rivera had a troubled relationship: they married in 1929, divorced in 1940, and then remarried in 1947.

    Did Diego Rivera Know Frida Kahlo?
    It was Rivera who was a key member of Mexico’s mural movement, and Kahlo who produced 65 of the 150 works in her oeuvre that showed the artist’s own face. During Kahlo’s time as a member of the Mexican Communist Party, she asked advice from the accomplished painter who was 20 years older than her.

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.