目黒区

当初は、目黒区は比較的空襲被害が少なく、東京の約4割を灰燼かいじんに帰せしめた昭和20年3月10日の大空襲にも、ことなきを得ていたが、4月15日夜から16日未明までのB29約200機の焼夷弾による波状攻撃で、唐ケ崎町・鷹番町・中目黒2から4丁目・上目黒5丁目・自由ケ丘・原町・洗足・月光町・碑文谷3丁目・緑ケ丘地区では、死傷者76名、全焼家屋2,348戸、罹災者1万1,000名という被害を受けた。
さらに、5月24日、B29約250機が、東京の西部方面に侵入、約2時間にわたり波状じゅうたん爆撃を行い、焼夷弾投下によって広範囲な火災が発生。疾風が起こって火は火を呼び、大被害を生じた。このときの被災地区は、上目黒・中目黒・下目黒・清水町・鷹番町・三谷町・唐ケ崎町・向原町・月光町・東町であり、月光原・油面の国民学校は全焼、区役所の一部も焼失し、死傷者608名、全焼家屋9,200戸、罹災者3万4,600名であった。
ついで翌5月25日夜の空襲で残存していた東京市街の大部分が焼失。このときは、鷹番町・芳窪町・三谷町・柿ノ木坂・駒場町・上目黒・下目黒に被害を受け、死傷者539名、全焼家屋5,087戸に及んだ。
このように悲惨な被害を被ってようやく終戦を迎えるのであるが、戦争終結までの目黒区における被災状況は死者291名、負傷者1,553名、全焼家屋2万6,095戸、罹災者10万3,425名となっている。そして、終戦時、戦禍の中になお居住していた人びとは、3万2,064世帯、10万213名であった。実に区内人口の約4割が減少したのだ。

2 thoughts on “目黒区

  1. shinichi Post author

    歴史を訪ねて 目黒の戦災

    目黒区

    https://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/shokai_rekishi/konnamachi/michi/rekishi/megurorekishi/sensai.html

    空襲で3割を焼失

    昭和初期から兆しを見せ始めた暗い影がとうとう満洲事変、日華事変、そして太平洋戦争となって国民の生活を狂わせていった。目黒ももろにその影響を受け、昭和19年10月には国民学校の児童が山梨県と福島県に集団疎開させられるようなことも。

    そして、空襲。昭和20年8月15日の終戦までに区の約30パーセントが焼き払われるという苦しみを体験。そうした戦時下の重苦しい世相の中で目黒区の住民は家族や隣人と協力しあって精いっぱい生きた。

    あいつぐ空襲

    終戦が近づくにつれ、東京の空はあいつぐ空襲で赤く焼ける日が多くなった。しかし当初は、目黒区は比較的被害が少なく、東京の約4割を灰燼かいじんに帰せしめた昭和20年3月10日の大空襲にも、ことなきを得ていた。だが、やがて4月15日以降、さらに数次の空襲により、ついに区内の一部に被害を受け、多くの家屋が焼失し、死者までも生ずるにいたった。

    すなわち、4月15日夜から16日未明までのB29約200機の焼夷弾による波状攻撃で、唐ケ崎町・鷹番町・中目黒2から4丁目・上目黒5丁目・自由ケ丘・原町・洗足・月光町・碑文谷3丁目・緑ケ丘地区では、死傷者76名、全焼家屋2,348戸、罹災者1万1,000名という被害を受けた。

    さらに、5月24日、B29約250機が、東京の西部方面に侵入、約2時間にわたり波状じゅうたん爆撃を行い、焼夷弾投下によって広範囲な火災が発生。疾風が起こって火は火を呼び、大被害を生じた。

    「空襲警報が鳴って、私たち警防団員は集団疎開で児童のいない五本木小学校に集まった。そこへ焼夷弾が落ち、パチパチ飛び跳ねた。屋根に落ちたのをさおでたたき落とす。無数の油脂焼夷弾が校庭に落ちたが、幸い校舎の炎上は免れた。だから助かったんです。校舎が燃えれば、南風に乗って私らの住んでるこの辺も燃えてしまったでしょうね」。家族を疎開させ、目黒に残って耐え抜いた古老は、空襲の恐怖をこう語っていた。(区制施行50周年記念写真集・「あの日この顔」より・故高品初太郎氏の空襲体験談)

    このときの被災地区は、上目黒・中目黒・下目黒・清水町・鷹番町・三谷町・唐ケ崎町・向原町・月光町・東町であり、月光原・油面の国民学校は全焼、区役所の一部も焼失し、死傷者608名、全焼家屋9,200戸、罹災者3万4,600名であった。

    ついで翌5月25日夜の空襲で残存していた東京市街の大部分が焼失。このときは、鷹番町・芳窪町・三谷町・柿ノ木坂・駒場町・上目黒・下目黒に被害を受け、死傷者539名、全焼家屋5,087戸に及んだ。

    人口4割減少

    このように悲惨な被害を被ってようやく終戦を迎えるのであるが、戦争終結までの目黒区における被災状況は死者291名、負傷者1,553名、全焼家屋2万6,095戸、罹災者10万3,425名となっている。そして、終戦時、戦禍の中になお居住していた人びとは、3万2,064世帯、10万213名であった。実に区内人口の約4割が減少したのだ。

    昭和20年8月15日、敗戦を知らせる玉音放送が永かった戦争の終わりを告げた。そして、疎開先から、戦地から、多くの人びとが目黒へと戻ってきた。そうした人びとが一様に目を見張ったのが、ふるさと目黒の惨状だった。なにしろ区内面積の約30パーセントが空襲の被害を受け、辺り一面、焼け野原。

    しかし、いつの間にか焼け跡にバラックが建ち並び、生活の煙が立ち始めた。目黒の力強い再建が始まった。

    Reply
  2. shinichi Post author

    5 月 24、25 日 東京大空襲と経堂 (3)

    経堂界隈

    https://plaza.rakuten.co.jp/kd2006/diary/200705130001/

    既に60年以上前のことなのだが、当時を知る人は残り少なく、地元の街と人々が戦争とどのようなかかわりがあったのか?
    はるか昔に明治生まれのお年寄りから聞いた話しも、もう記憶の彼方。
    今のうちに、地元に残る話を集めておかねば、何も残るものがなくなってしまう。
    そのように考え、ここに、知る記憶を残しておくことにする。
    願わくば、読者の中に、何らか関係するお話しをご存知の方がいらっしゃれば、コメントなどで残していただければありがたい。

    ***

    3月10日陸軍記念日の東京大空襲以来、名古屋、大阪など日本の主要都市を次々と空襲した米軍は、5月25日海軍記念日のメモリアルデイ、再び東京に大規模な攻撃を仕掛けた。
    3月10日は、東京でも下町地区が攻撃対象、それに対し、5月24日、25日の空襲は、世田谷を含む山の手地区が攻撃目標となっていた。ちなみに5月24日、25日といっても24日は未明、25日は夜間の空襲であり、つまりこのときは、40数時間の時間差で、2回連続東京へ最大級の攻撃が行われている。

    米軍(陸軍)の記録は以下の通り。
    5月23日の記載
    〇第20空軍
    24日にかけ、B29 562機のうち520機は湾岸西側から皇居の南側までの東京都市産業地域爆撃に送られた。第二次大戦における単一任務で最大数のB29参加。
    〇第7戦闘機集団
    硫黄島の戦闘機 120機は天候の為、所沢・松戸に対する発進を中止。

    5月25日の記載
    〇第20空軍 
    26日にかけB29 464機は工場・民家同様経済、商業、行政区域が含まれる5月23-24日爆撃された箇所の北側、皇居の南側の東京市街を粉砕。この任務で26機を損失、第二次大戦における超重爆の一日の損失としては最大。機銃員は戦闘機19機の破壊を主張。
    〇第7戦闘機集団
    太平洋艦隊司令部の同意により、第7戦闘機集団はその下部部隊と共に、第20空軍の指揮、管理下に配置。

    ***

    もともと世田谷は、三宿から桜新町、桜丘まで、陸軍関係の諸施設が並び、軍事拠点を目標とする爆撃の対象となる可能性は十分にあり、実際、この両日(おそらくは25日)の空襲においては、これら拠点が攻撃目標とされていた。

    経堂の被災は、小田急線線路の南隣、今の宮坂2丁目の一角が攻撃されたが、
    区内の被災状況を見ると、25日には
    三宿から三軒茶屋、太子堂、若林から世田谷区役所、国士舘大学にかけて
    梅丘から代田にかけて
    東松原から世田谷線の松原にかけての松原町内
    そして、
    日本大学文理学部のあたり
    が攻撃されている。

    桜上水3丁目にある早苗保育園の園長さんをなさっていらっしゃった鈴木さん(代々ご当主は鈴木佐内を名乗られる)。1960年のはじめまでご存命と思うが、お屋敷に焼夷弾が落ちて全焼、ご本人も焼けどを負われたと、どなたからかお聞きしたような記憶がある。お屋敷は現在の早苗保育園付近だが、おそらくは、日大の文理学部が爆撃目標になっていたため、隣接地の鈴木さんのお屋敷は、そのとばっちりを受けたのだろう。実際、下高井戸から日大付近にかけてかなりの類焼が見られる。
    下高井戸に住んでいた人が、焼け出され、今の桜上水団地のところにあった三井牧場から、やることもなく空襲の様子をながめていた、との記事も読んだ記憶がある。

    甲州街道北側に目を転ずれば、明治大学から和田掘廟所、井の頭線の永福町車庫が攻撃目標。永福町車庫は全焼し、井の頭線の車両は、神泉のトンネル内に非難していた2台以外全滅し、急遽、新代田と小田急線の世田谷代田との間に連絡線を設け(当時は井の頭線も小田急線も東急傘下)、小田急から車両を導入している。
    軍事施設のある世田谷区内の中央部(主要軍事施設は経堂から東側)を抜け、相武台など陸軍関係の連絡に使われる小田急線ではなく、或いは、京王線の桜上水車庫でもなく、井の頭線の車庫が狙われた。

    経堂地区は、現千歳丘高校の敷地のところに高射砲陣地があり、爆撃ルートはこれを避けた可能性がある。24日の空襲では、空襲に飛来した米軍機=第20空軍所属の「Game Cook Charlee」がここの高射砲で撃墜され、赤堤の西福寺北の畑(当時の住所 世田谷区赤堤町1丁目382番地)に墜落、機体の一部と乗員の遺体は経堂小の近くに野晒しで陳列された。(墜落現場では畑にしみこんだ油で周辺の井戸が使用不能となってしまった)
    第二次大戦で単一任務としては最大の出撃機数(562機)となった24日の東京市街地空襲中、本機は第四エンジンを高射砲に直撃され、墜落した。Stalmaker軍曹、Jones軍曹、Macomb伍長、Corrie伍長の4人が東部憲兵隊司令部に拘束され、戦後帰国した。戦死者の遺骨は多磨霊園に安置。
    経堂、桜上水の車庫は、この千歳丘高校高射砲陣地の射程範囲内にあり、25日の米軍はこれを避けて攻撃したのではなかろうか。

    大本営は、この両日の迎撃戦火を次のように発表。
    昭和二十年五月二十四日
    大本營發表(昭和二十年五月二十四日十五時三十分)  
    一、本五月二十四日一時三十分頃より約二時間半に亘り南方基地の敵B29約二百五十機は主として帝都に侵入焼夷彈による無差別爆撃を行ひたり
    二、右により宮城御苑内御茶屋及赤坂離宮御構内の附属建物一棟焼失せり
    三、都内各所に生起せる火災は七時頃迄に殆ど鎮火せり
    四、我制空部隊の収めたる邀撃戰果中判明せるもの撃墜二十七機、撃破約三十機なり

    大本營發表(昭和二十年五月二十六日十六時三十分)  
    南方基地の敵B29約二百五十機は昨五月二十五日二十二時三十分頃より約二時間半に亘り主として帝都市街地に對し焼夷彈による無差別爆撃を實施せり
    右により宮城内表宮殿其の他竝に大宮御所炎上せり
    都内各所にも相當の被害を生じたるも火災は本拂暁迄に概ね鎮火せり
    我制空部隊の邀撃戰果中判明せるもの撃墜四十七機の外相當機數に損害を與へたり

    ***

    24,25日の東京空襲では秩父宮、三笠宮、閑院宮、東伏見宮、伏見宮、山階宮、梨本宮、北白川宮の各宮邸、東久邇宮鳥居坂御殿、李鍵公御殿などが災厄を受け、
    公共施設では外務省、海軍省、運輸省、大審院、控訴院、特許局、日本赤十字社の一部ないし大部の焼失をみたほか、
    帝国ホテル、元情報局、海上ビル、郵船ビル、歌舞伎座、新橋演舞場なども一部ないし大部を焼失した。
    3月10日、硫黄島をB29の緊急避難と支援戦闘機の基地として使用を開始して以来、米軍は、その空襲を以下のように変化させていった。
    3月10日~ 東京、名古屋、大阪を初めとする主要大都市への夜間焼夷弾攻撃
    4月16日~ 沖縄作戦を有利に導くため戦略爆撃を主とし、九州、四国方面の航空基地、あるいは航空機工場が目標
    5月14日~ 5月14、17日名古屋、24、25日東京、29日横浜と、再び大都市無差別爆撃を開始、
    29日の横浜爆撃からは従来の夜間爆撃戦法をやめ、午前の晴天時に来襲するようになった。
    (海野十三敗戦日記より)

    米軍の記録には、
    「B29は最後の仕上げをした。東京は両日の爆撃で6,908tの焼夷弾に見舞われ、約30平方キロの市街地が焼かれた。そして東京は焼夷弾攻撃のリストから除外された」とある。
    3月10日の空襲、参加B-29爆撃機325機(うち爆弾投下機279機)、投下弾量1,665tと比較いただくと、5月24、25両日の空襲がいかに激しかったがお分かりいただけるだろう。

    この両日、経堂が直接の被害を受けたという記録を私は知らない。だが、宮坂、桜上水に焼夷弾が落ち、赤堤にB29が墜落。私たちの街を囲む地域が被害を蒙ったのは3月10日ではなく、この両日だということは、記録しておこう。

    (世田谷区内の被害状況 世田谷平和資料室の資料による)
    年 月 日  被害場所    被害・罹災世帯数   死亡・罹災者数
    20年2月 上北沢・烏山他      24 件      19 人
    20年3月 玉川町他        185       332
    20年4月 若林町他        483       857
    20年5月 松原町他     23、261    44,995

    1945年3月から8月までの間に、米軍が爆撃の対象とした都市は64にのぼり、米軍の公式記録では、330,000人の死者(日本側の記録は明らかではないが、1百万人超と言われる)、負傷者476,000人、2,500,000もの建物が破壊され、8,500,000人の人々が家を失う。
    3月10日と5月24、25両日を含めて戦争期間中東京は100回以上も火の雨にさらされ、市街地の6割を焼失し、687万人だった区部人口は253万人に減少した。

    ***

    去る4月22日日曜日、散歩がてら水道道路と緑中の間にあるお寺、密蔵院へお伺いした。境内にひっそりと立つ、戦没者記念碑(昭和45年)には、十名さまほどの御名が刻まれるが、鈴木さんの苗字の方が多い。密蔵院は、今は桜上水町内だが、もともと上北沢村(現 上北沢及び桜上水)の人々を檀徒とするお寺(経堂の福昌寺、赤堤は西福寺に相当)。戦前から戦中にかけて、人口もまだまだ少ないなか、密蔵院の檀家から10名もの戦没者が出ている。
    福昌寺、西福寺にも同じような記念碑、供養塔などがあるのだろうか?
    今度の休みにもお参りすることにしよう。

    密蔵院境内の記念碑に刻まれた如く、私達の地元も、家族、親戚、隣人、知人…そういった方々の出征、空襲と、否応無く戦争と対峙せざるを得なかった。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.