かもしれない

人が文字を獲得し 使うようになってから
何千年経つのか 私は知らない
とはいっても たかだか何千年だかのことであり
そのあいだに人は
文体やスタイル 語彙などというものを作り
作ったものを壊し また作り
そんなことの繰り返しで今に至っている
つまり言葉は
生まれてからまだ数千年しか経っていないのだ

何万年後かの人たちの言葉に比べれば
私たちの言葉は 未熟としか言えない
だから
言葉で説明できないことがたくさんあっても
なんの不思議もない
そう
私たちの言葉は 完成形には程遠い

未来には
言いたいことを言える言葉があって
言いたいことが伝わる言葉があって
言うべきことを言える人がいる
数千年後には いや数万年後には
そんな状況になっているかもしれない

十年後とか百年後のことを考えるのは止めて
千年後とか万年後のことを考えよう
そうすれば どんな悲観的なことも
とても明るく思えてくる

千年後とか万年後には
すべてが きっと 良くなっている
地球は きっと 終わっていない
人の系譜も たぶん 途絶えてはいない
。。。かもしれない

1 thought on “かもしれない

Leave a Reply

Your email address will not be published.