誰もが少数派

どんなことにも
 違う見方があり
どんな意見にも
 違う意見がある

見方が違えば
 同じことでも 違って見える
意見が違えば
 同じ立場だとしても 賛成はできない

見方はひとつではなく ふたつ以上あることが多い
 時には 100もの違う見方があったりする
意見もひとつではなく ふたつ以上あるのがあたりまえで
 時には 100もの違う意見があったりする

たくさんの違った見方を単純化して2つの見方に括り
 賛成か反対かで物事を決めるのが民主主義だとしたら
 民主主義はたくさんの見方を無視するやり方ではないか
たくさんの違った意見を単純化して2つの意見に括り
 賛成か反対かで物事を決めるのが民主主義だとしたら
 民主主義はたくさんの意見を封じ込めるやり方ではないか

100%の黒と 75%のグレイと 51%のグレイとでは
 ぜんぜん違うのに
 どれも黒と呼び
0%の白と 25%のグレイと 49%のグレイとでは
 ぜんぜん違うのに
 みんな白と呼ぶ
51%のグレイと 49%のグレイとは
 ほとんど同じなのに
 片方は黒で もう片方は白だという
そんな無茶なことを いいことだと信じ
 多数でもないのに 多数だといい
 正しくもないのに 正しいという

いい加減な私たちには
 民主主義などと言う
 いい加減なシステムがよく似合う
いつかいい加減でなくなった私たちの前に
 進化した AI が考え出したもっといいシステムが現れて
 多数決という欺瞞を正してくれるのだろうか

いつも少数派の僕の見方が取り上げられたり
いつも少数派の僕の意見が通ったりする
そんな日が来るのだろうか
それとも やっぱり 来ないのだろうか

1 thought on “誰もが少数派

Leave a Reply

Your email address will not be published.