不安定さ

社会は漠とした不安定さに包まれている
その中で人は漠とした不安を感じている
理由が見えてこない不安はぼんやりしていて
はっきりしない不安はどこまでも漠然としている

不安定さを Precarity といい Précarité といっても
言葉で社会が安定するわけではない
音楽で不安が消えるわけもないし
芸術が何かを変えるわけでもない

生き物の命は不安定で
人の命も不安定で
命は意図的に消され
命は偶然に消える

命の永続性は保証されていないおらず
生き物の命が不安定なのも
人の命が不安定なのも
それが命の特徴だといえばそれまでだ

生き物が不安定なのも
それが生き物の宿命で
人が不安定なのも
それが人の宿命なのだろう

特定の人が優位に立つのを見ていると
普通であることが失敗に見えてくる
予測することは不可能で
明日は誰にも見えない

雇用も収入も不安定で
未来が不安に包まれているとき
人は不安になり
社会は不安定になる

不安な人たちと関わらず
不安定な社会にも関わらず
石と木と水のなかで
君と静かに暮らす

1 thought on “不安定さ

Leave a Reply

Your email address will not be published.