Category Archives: learning

Le Parisien

VS : deux lettres pour Very Special, l’entrée de gamme que l’on trouve parfois sous l’appellation Trois Etoiles. Un armagnac composé de diverses eaux-de-vie, dont la plus jeune a été vieillie au moins deux ans. Autour de 15-20 € la bouteille. VSOP : Very Special Old Pale, pour la présence d’une eau-de-vie vieillie au moins quatre ans. XO : Extra Old, également appelé Napoléon pour l’export, avec une eau-de-vie d’au moins six ans. Hors d’âge : un armagnac vieilli au moins dix ans.

Posted in learning | 3 Comments

Houyuan Lu, Jianping Zhang, Yimin Yang, Xiaoyan Yang, Baiqing Xu, Wuzhan Yang, Tao Tong, Shubo Jin, Caiming Shen, Huiyun Rao, Xingguo Li, Hongliang Lu, Dorian Q. Fuller, Luo Wang, Can Wang, Deke Xu, Naiqin Wu

Phytoliths and biomolecular components extracted from ancient plant remains from Chang’an (Xi’an, the city where the Silk Road begins) and Ngari (Ali) in western Tibet, China, show that the tea was grown 2100 years ago to cater for the drinking habits of the Western Han Dynasty (207BCE-9CE), and then carried toward central Asia by ca.200CE, several hundred years earlier than previously recorded. The earliest physical evidence of tea from both the Chang’an and Ngari regions suggests that a branch of the Silk Road across the Tibetan Plateau, was established by the second to third century CE.

Posted in learning | 1 Comment

一番かんたんなJava入門

WordPressの管理画面の上の方に、 「WordPress x.x が利用可能です ! 更新してください。」 って更新を促すメッセージが出てるので軽い気持ちで更新してみると、何分待っても更新が終了せず、仕方ないのでブラウザを閉じた。。 ・・なんていう事をしでかすのは僕だけなんでしょうか? その後、WordPress管理画面にアクセスすると、真っ白な画面に、 Warning: XXXXXX … という素人には到底理解不能な謎の警告文が表示されるだけで、何もできなくなります。内心かなりパニックです。 よく、プラグインが原因で更新が上手くいかないとか聞きますが、状況的に、更新が完了しておかしくなったのか?それとも更新自体正常に完了していないのか?もうわけが分かりませんでした。

Posted in learning | 1 Comment

松本保美

表に出てきた主張だけを見て、センの経済学はラディカルであると批判する経済学者がいるが、その評は浅薄で間違っている。彼の主張は、経済学本来の目的から見て至極真っ当なものである。むしろ、批判されるべきは、伝統的な分析手法に無批判に従っている多くの経済学者の方である。なぜなら、功利主義とか経済人といった極めて単純化・抽象化された概念は、本来、分析のための第一次近似として導入されたもので、分析が進むにつれ、このような概念は人間の現実の行動をより正確に反映するように緩められなければならないにもかかわらず、実際の理論的展開においては、いつの間にか、多くの経済学者は、この第一次近似という前提を忘れてしまい、あたかも普遍的な概念であるかのように錯覚してしまっているからである。

Posted in learning | 1 Comment

Amartya Sen

It is, in fact, arguable that economics has had two rather different origins, both related to politics, but related in rather different ways, concerned respectively with ‘ethics’, on the one hand, and with what may be called ‘engineering’, on the other.

Posted in learning | 2 Comments

野原文男

Posted in learning | 1 Comment

笹口健

人間の文化は、まず基盤としての生活の文化があり、そこから派生した感性の文化と知性の文化とも相互に影響を及ぼし合いながら発展して来たわけで、われわれが文化について語る場合には、これらの中のどの文化を念頭に置いているのかを明確にしておかないと、話しは仲々かみ合わないことになる。例えば、日本国憲法の「健康で文化的な最低限度の生活」という一節の「文化的」という言葉が意味するのは、恐らく主として「生活の文化」であり、生活の基礎である衣・食・住が、その時代およびその地域での平均的な水準に達しているということではないかと思われる。従って、こういう意味の文化を語っているときに、美術や哲学の話を持ち出すと焦点が定まらなくなってしまう。

Posted in learning | 2 Comments

Math Goodies

An experiment is a situation involving chance or probability that leads to results called outcomes. An outcome is the result of a single trial of an experiment. An event is one or more outcomes of an experiment. Probability is the measure of how likely an event is. In order to measure probabilities, mathematicians have devised the following formula for finding the probability of an event. (Probability of an Event) = (the number of ways Event a can occur) / (the total number of possible Outcomes)

Posted in learning | 1 Comment

NASA Ozone Watch

Each year for the past few decades during the Southern Hemisphere spring, chemical reactions involving chlorine and bromine cause ozone in the southern polar region to be destroyed rapidly and severely. This depleted region is known as the “ozone hole”. The area of the ozone hole is determined from a map of total column ozone. It is calculated from the area on the Earth that is enclosed by a line with a constant value of 220 Dobson Units. The value of 220 Dobson Units is chosen since total ozone values of less than 220 Dobson Units were not found in the historic observations over Antarctica prior to 1979. Also, from … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment

NASA’s Goddard Space Flight Center Conceptual Image Lab

In the early 1990s, one thing was fairly certain about the expansion of the Universe. It might have enough energy density to stop its expansion and recollapse, it might have so little energy density that it would never stop expanding, but gravity was certain to slow the expansion as time went on. Granted, the slowing had not been observed, but, theoretically, the Universe had to slow. The Universe is full of matter and the attractive force of gravity pulls all matter together. Then came 1998 and observations of very distant supernovae that showed that, a long time ago, the Universe was actually expanding more slowly than it is today. So … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment

柳谷智宣

Windows 10 のロック画面に、見覚えのない美しい写真が表示される。「Windows スポットライト」という新機能。マイクロソフトがおすすめする画像をランダムに表示してくれる。壁紙とは違って常に鑑賞できるわけではないが、きれいな画像が表示されるのは悪くない。 画像は、隠しフォルダーに拡張子をなくした状態でダウンロードされている。画像ファイルを壁紙にしたい場合などは、エクスプローラーで「C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Packages¥Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy¥LocalState¥Assets」を開こう。ランダムな英数字の名前が付いた拡張子なしのファイルがあり、450KB以上のものが画像ファイルとなる。ファイルをコピーして、拡張子の「.jpg」を追加すればいい。

Posted in learning | 2 Comments

高橋寿郎, 大阪市立自然史博物館

松村博士の研究材料を提供されていた人に鈴木元次郎氏があり、その頃各地を採集していたが、晩年は明石に花園昆虫研究所を開いておられ、私もその頃お伺いしたことがある (昭和15年頃)。氏はその後宝塚昆虫館にもおられた。 ** 鈴木元次郎は中部地方の出身で、もともとは蒔絵の職人。絵柄の参考にするために昆虫の標本に興味を持ち始めた。京都で私設の花園昆虫研究所を作り、昆虫標本の販売や昆虫研究者らへの提供などを行う。1939年に阪急電鉄が宝塚昆虫館を開館させる際、展示標本をほぼすべて、自身の標本から提供し、また昆虫館に勤務して、資料拡充の活動を支えた。

Posted in learning | 2 Comments

FREDON-RA

Drosophila Suzukii: Originaire d’Asie du Sud-Est, cette petite mouche polyphage s’est répandue rapidement depuis quelques années à travers le monde. Repérée pour la première fois aux Etats-Unis en 2008, elle a été signalée ensuite en Europe en 2009, en Italie puis en Espagne. En 2010, elle a été repérée en France pour la première fois en Corse, puis en PACA, en Aquitaine, dans le Languedoc-Roussillon, en Midi-Pyrénées et en Rhône-Alpes. Depuis, l’insecte a continué son expansion, et une grande partie de la France est désormais concernée.

Posted in learning | 2 Comments

Tristan Gooley

Practice improves our awareness, but awareness is also a state of mind, one that develops from a need or desire to register details. Having noticed something in our environment, we need to make a decision about how keen we are to think about it and consequently to remember it. Awareness and memory form two parts of our conscious experience, both of which are fed initially by our senses, but which then depend on our choice to hone them.

Posted in learning | 1 Comment

永江朗

猿江商會 アルテスパブリッシング 鉄筆 羽鳥書店 悟空出版 ブックエンド 小さい書房 コルク SPBS トランスビュー ころから 共和国

Posted in learning | 2 Comments

二瀬由理, 行場次朗

同じ漢字をじっと見続けると、漢字としての形態的まとまりがなくなって各部分がバラバラに知覚されたり、その漢字が一体何という字であったかわからなくなってしまうことがある、この現象は漢字のゲシュタルト崩壊と呼ばれる。 It is a well-known observation that when a Kanji character is viewed steadily and continuously, the viewer often becomes unable to recognize the Kanji as a whole pattern and it becomes difficult to judge whether or not the Kanji is orthographically correct. Such a phenomenon is called the “Gestaltzerfall” of Kanji characters.

Posted in learning | 2 Comments

David Z. Hambrick, Alexander P. Burgoyne

Are you intelligent — or rational? The question may sound redundant, but in recent years researchers have demonstrated just how distinct those two cognitive attributes actually are. Irrationality — or “dysrationalia” — correlates relatively weakly with I.Q. A person with a high I.Q. is about as likely to suffer from dysrationalia as a person with a low I.Q. If an I.Q. (intelligence quotient) test measures something like raw intellectual horsepower (abstract reasoning and verbal ability), a test of R.Q. (rationality quotient) would measure the propensity for reflective thought — stepping back from your own thinking and correcting its faulty tendencies. There is evidence that rationality, unlike intelligence, can be improved … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment

Dotan Leshem

Posted in learning | 2 Comments

David A. Kolb

Posted in learning | 2 Comments

Thorin Klosowski

The best productivity tricks used by evil dictators Force difficult decisions on people when their willpower is weak Create a “five-year plan” for personal goals Purge threats to your power Embrace your “cult of personality” Give direct, powerful speeches Learn from experiences, not books

Posted in learning | 2 Comments

早稲田大学

Posted in learning | 1 Comment

クリストフ・ギュリー

「ポピュリズム」を強調することがエリートの間で一般化しているのは、それによって「下から」の診断の信用をなくして「上から」の診断を押しつけることができるからである。だが、ひろく信じられているのとは逆に、合理的で客観的な診断は庶民階級のものである。なぜなら彼らこそ、この30年来、グローバリゼーションの効果(給与の停滞や低下、不安定化、失業、社会的昇進の終り)と移民に関係するグローバリゼーションの帰結(共存による不測の事態、難しい地区、住宅問題、学校の劣化、人口問題の不安定……)を日々生きているのである。至るところで書かれたり言われたりしているのとは反対に「下からの」診断は、思慮分別のない逆上によるもの、非合理的な過激化あるいは表面的な抗議ではない。明確な経済的社会活動的選択の影響の客観的な分析なのである。

Posted in learning | 1 Comment

Christophe Guilluy

Le concept de France périphérique est souvent mal interprété. La «France périphérique» recouvre des espaces urbains, ruraux, périurbains, des petites villes, des villes moyennes, des villes-centres et des périphéries ! L’opposition France des métropoles et France périphérique qui est de nature géographique ne recouvre donc que partiellement la répartition sociale. Il y a des populations «fragiles» dans les deux types d’espaces.

Posted in learning | 3 Comments

Dominic Martin

A government debt is the debt owned by a government in the form of bonds, securities or bills, or in the form of direct loans made to other states and supranational organizations. There is widespread belief among political decision makers, the general public, and finance scholars that such debt ought to be repaid, no matter what. One thinks, for example, of the recent Greek crisis and the strong position taken by the European Union under the leadership of Germany. Other examples include the restructuring of the Argentine debt in 2005, and the cases of many other debtor states of the World Bank or the International Monetary Fund (IMF).

Posted in learning | 1 Comment

田中宇

最近、サウジアラビア王家の内紛がひどくなっている。内紛の中心は、モハメド・ナイーフ皇太子と、モハメド・サルマン副皇太子という、王家の若手世代の筆頭である2人の「モハメド」の権力闘争で、どちらが次の国王になるかをめぐる戦いでもある。現在の継承権は、副皇太子の方が低位だが、副皇太子はサルマン・アブドルアジズ現国王の息子だ。国王は、暗殺など何らかの方法でナイーフ皇太子を外し、自分の息子を皇太子に格上げして、王位を継承させようとしていると指摘されている。米当局筋によると、皇太子の交代は、今夏に行われそうだという。 ロシア発の情報によると、ナイーフ皇太子は、国防相でもあるサルマン副皇太子が、軍を動かして自分を暗殺するのでないかと恐れている。諜報機関を握るナイーフは、サルマンら王族たちの電話をさかんに盗聴しているという。内務相でもあるナイーフは、国内の諸部族の族長と連絡をとり、部族を動かして治安を悪化させ、それを副皇太子や国王のせいにすることで、自分が外されることを防ごうとしている。現国王が就任したとたんに起きたイエメンとの戦争や、今年初めのシーア派のニムル師の処刑は、ナイーフの策に沿っている感じだ。 この内紛は「親馬鹿な国王のわがまま」を超えた、サウジの国家戦略の行方をめぐる政争である。米欧アラブのメディアには、プロパガンダを大量に含んでいそうな各種の見方が散乱しており、どれが事実か見極めにくいが、私が見るところ、ナイーフ皇太子が対米従属派で、サルマン副皇太子(と父親のサルマン国王)は対米自立派であり、米国の覇権が低下するなか、サウジがどこまで米国の支配につき合い続けるかという国家戦略をめぐる戦いだ。 これまで数代にわたり、サウジの国王は80歳前後の高齢の兄弟(スデイリ・セブン)が順番に数年ずつ継承してきた。だが今、ナイーフ皇太子は56歳、サルマン副皇太子は弱冠30歳だ。国王は死ぬまで王位を維持できる。次の国王は20-50年、王位を保持しうる。ナイーフとサルマンのどちらかしか国王になれないだろう。ナイーフが次期国王になると、日本と同様、衰退する米国にどこまでも付き従っていく可能性が高い。対照的に、若いサルマンが王位を継ぐと、サウジは対米自立していき、多極型の世界体制のもとで、中露やイランと並ぶ地域大国として振る舞う傾向を強めるだろう。

Posted in learning | 2 Comments

GenealogyInTime Magazine

This is the official family tree of Charles II of Spain. Notice how unlike a normal family tree, it loops back on itself. Several people are related to each other in more than one way, which is not natural.

Posted in learning | 1 Comment

JustSystems

Posted in learning | 2 Comments

文部科学省

OECD等の2012年統計による日本人の海外留学者数を集計したところ、60,138人(対前年比2,637人(約5.0%)増)であり、留学者数の多い国は中華人民共和国(21,126人)、アメリカ合衆国(19,568人)、英国(3,633人)でした。

Posted in learning | 1 Comment

National Astronomical Observatory of Japan

Posted in learning | 2 Comments

東京都交通局

小平駅前 3番のりば 青梅車庫前行 時刻表 平日 休日 05: 06:   35 07:   11   48 08:   24 09:   19   49 10: 11: 12:   18 13: 14: 15:   19 16: 17:   30 18:   38 19: 20: 21: 22: 23: 05: 06: 07: 08:   26 09: 10:   18 11: 12: 13: 14: 15: 16: 17: 18:   07 (大和操車所行) 19: 20: 21: 22: 23:

Posted in learning | 2 Comments

オーガニックヘルシーレストラン

治癒力倍増!免疫力を高める身近食品ベスト10 大根の辛み成分ジアスターゼ 長いものムチン 鶏肉のたんぱく質、抗酸化成分 ヨーグルトの乳酸菌 茶そばのルチン、ビタミンA・C・E 小松菜のクロロフィル、ビタミンA・C・E 納豆のイソフラボン、ビタミンK2 梅干しのクエン酸、特効成分 にらの硫化アリル、ビタミンA・C・E にんにくの硫化アリル

Posted in learning | 2 Comments

長野県果樹試験場

シナノゴールド 昭和58年に「ゴールデン・デリシャス」に「千秋」を交配して得た実生から選抜、育成し、平成11年に品種登録された。(登録番号7328号) 育成地(長野県須坂市)では10月中・下旬に成熟する中生種。果実の形は円から長円で、果実の大きさは300g程度で大きい。果皮は黄緑の地色に浅黄色に着色し、縞は無い。果肉の硬さ、果肉のきめは中程度で、果汁の量は多い。糖度は14~15%、酸度は0.5%程度で、食味は甘味と酸味のバランスがよく、濃厚な味。寒冷な地帯で栽培された果実は、酸味が強い。貯蔵性に優れる。既存のリンゴ栽培地域ならどこでも栽培できるが、長野県では甘酸のバランスが良い果実がとれる温暖な地域を中心に奨励している。長野県における栽培面積はおよそ258ha。

Posted in learning | 1 Comment

クルチャ@侵略帽子屋

Posted in learning | 1 Comment

Alexandre Loukachenko, Gérard Depardieu

Posted in learning | 3 Comments

IAEA

Before the accident, there was a basic assumption in Japan that the design of NPPs and the safety measures that had been put in place were sufficiently robust to withstand external events of low probability and high consequences. Because of the basic assumption that NPPs in Japan were safe, there was a tendency for organizations and their staff not to challenge the level of safety. The reinforced basic assumption among the stakeholders about the robustness of the technical design of NPPs resulted in a situation where safety improvements were not introduced promptly. The accident at the Fukushima Daiichi NPP showed that, in order to better identify plant vulnerabilities, it is … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment

住友化学園芸

ブルーベリー   樹があまり大きくならず、和洋どちらの庭にも適する樹形で、春には釣り鐘状の魅力的な花が咲き、夏には果実、秋には真っ赤な紅葉と、1年を通じて楽しめます。今では「ベリーの王様」として、フルーツとしての利用以外にも、ガーデニング素材としても広く親しまれています。 ブルーベリーの魅力は、果実の健康機能性にもあります。果皮に多く含まれるアントシアニン色素には、ロドプシンの再合成を助ける働きがあり、視力改善や眼精疲労の回復に効果があると多数報告されています。 また、果実に含まれる食物繊維は、フルーツの中でトップクラスに入ります。最近では、ラビットアイブルーベリーの葉に含まれるポリフェノールの一種、プロアントシアニジンに、抗脂肪肝作用や血圧上昇抑制作用などの生理機能がある可能性も報告されており、キナ酸によってさわやかな酸味をもつハーブティーとして、利用されるようになりました。

Posted in learning | 1 Comment

Nicolas Lardot

Nuclear fuel is a material that can be ‘burned‘ by nuclear fission or fusion to derive nuclear energy.

Posted in learning | 2 Comments

Idris Fassassi

One concluding remark should be made about the arrest warrant issued against Omar Al Bashir in 2009 at the request of Luis Moreno-Ocampo. It is not a remark from a brilliant World Chess Champion, but rather a piece of wisdom possessed by the king in Saint-Exupéry’s Le Petit Prince. By requesting an arrest warrant against a sitting President, the Prosecutor sent a powerful signal of his commitment to fight impunity. In actuality, however, the arrest warrant led to the radicalization of the conflict, the forced departure of NGOs in the field, and the strengthening of the sentiment that ICC prosecutions were skewed against African states. Moreover, after four years, President … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment

NAVER まとめ

大阪のおばちゃん 頭部をパンチ状、または遠目から角刈かと誤認される短髪に施す例が多い 豹柄の服を着ている ウェストにくびれがなく、むしろスリーサイズの中でウェストが最大である 会話中に「いや~ん」を連呼する習癖を持ち、加えて互いに声が大きいのを誇る 「激安」「タダ」という言葉にめっちゃ弱い 人のものを見て『なんぼしたん』と聞く 安く買った値段を自慢する 機械のお知らせ(ピー♪)にはかならずお返事「はいはいはいはい」 雨天でも自転車に載って出撃できるよう、道路交通法を無視してでも自転車へ傘を立てる武具(通称サスベー)を必ず装備している。道交法より何より、自分優先の傾向が強くて「そんなもん、いちいち知らんわ」などと吐き捨てる 他人の話に『ウソッ』と大げさに相槌をうつ 「あんたやから言うけどな」と言いながら皆に同じ話 ただで配っているティッシュは行きと帰りで2個もらう(実際は行きだけで4個以上もらう) 大阪のおばちゃんのバッグには必ず飴玉が入っているともいわれる 見知らぬ人にあめをあげる

Posted in learning | 1 Comment

国税庁

居住者の方で、その年の 12 月 31 日において、その価額の合計額が 5 千万円を超える国外財産を有する方は、その財産の種類、数量及び価額その他必要な事項を記載した国外財産調書を、その年の翌年の 3 月 15 日までに提出しなければならないこととされました。 「国外財産調書」の提出制度のあらまし

Posted in learning | 2 Comments

中野信子

「生物的な快楽」とは、おいしいものを食べたり、セックスをしたときに得られる直接的な快楽です。「報酬的な快楽」とは、農作物を育てたり受験勉強をするなど、ある目的を達成するため努力しているときに得られる快楽です。ランナーズハイなどもこれに当たります。そして、報酬的な快楽のほうが、直接的な快楽より強いんです。よく、「ゲームにハマっていてご飯を食べるのを忘れていた」ということがありますが、それは食欲によって得られる快楽をゲームが代替しているからなんですね。そして、こうした報酬的な快楽のなかでも特に強いのが“自分語りの快楽”です。SNS などで自分の行動や考えを書くと世界中の人から「いいね!」などと肯定されます。こうした社会的報酬はセックスの快楽よりもすごく大きい。今は少子化が問題になっているので、本来ならばもっと性欲を発揮してもらわなければ困るのですが、現代はこうした強い快楽があるので、皆さんセックスをしなくなっているのではないでしょうか。

Posted in learning | 1 Comment

石牟礼道子

人間のたれ流した毒によって、生命の根源である海は滅びた。竜神の娘であって海底の宮の斎女であるしらぬいは息もたえだえになって、海底から渚へあがってくる。竜神の息子常若は、人の世のありさまを見めぐってくるよう親から命じられ、その旅からかえってくる。姉弟は渚でめぐりあい、隠亡の尉(実は末世にあらわれる菩薩)のはからいによってしらぬいは再生し、2人は結婚する。 祝婚のために古代中国の歌舞音曲の祖と言われる「き」が呼び出され、浜辺のかぐわしい石を手にとって撃ちならし、妙なる音楽が奏でられるなか、この浜辺に惨死したすべての生きものが舞いに舞い、海は新しい生命をよみがえらせる。

Posted in learning | 3 Comments

無料辞典, 二字熟語

無学、無能、無職、無双、無上、無窮、無縁、無謀、無限、無類、無心、無力、無愛、無位、無依、無意、無為、無為、無畏、無異、無医、無印、無韻、無益、無益、無援、無塩、無音、無音、無下、無価、無価、無我、無害、無涯、無蓋、無冠、無官、無感、無間、無期、無期、無機、無季、無記、無休、無給、無興、無業、無極、無菌、無卦、無形、無稽、無芸、無欠、無血、無月、無言、無功、無効、無口、無垢、無高、無告、無腰、無根、無沙、無妻 有事、有人、有位、有価、有償、有利、有刺、有力、有功、有効、有史、有名、有害、有形、有志、有性、有意、有数、有料、有望、有期、有権、有機、有段、有毒、有為、有用、有畜、有益、有終、有給、有線、有罪、有職、有能、有色、有蓋、有衆、有識、有閑、有限、有難、有様、有縁、有王、有賀、有界、有涯、有学、有官、有感、有休 在位、在院、在営、在園、在欧、在家、在荷、在外、在学、在官、在監、在京、在郷、在郷、在原、在原、在校、在国、在獄、在在、在室、在社、在住、在宿、在所、在職、在世、在世、在席、在昔、在籍、在線、在俗、在隊、在宅、在地、在中、在庁、在朝、在廷、在天、在島、在特、在日、在任、在判、在藩、在番、在否、在府、在米、在米、在方、在民、在名、在銘、在野、在役、在来、在留

Posted in learning | 2 Comments

Chris Martenson

Congress doesn’t have any money, so the request for additional spending gets passed over to the Treasury Department. The Treasury Department, in order to raise cash, will print up a stack of Treasury bonds, which are the means by which the US government borrows money. Treasury bonds are sold in regularly scheduled auctions, and the majority of these bonds are bought by big banks, such as those of China and Japan. Money gets sent into the Treasury coffers, where it can be disbursed for the usual array of government programs. When the Fed buys a Treasury bond from a bank, they simply transfer money in the amount of the bond … Continue reading

Posted in learning | 2 Comments

Federal Reserve Bank of Boston

When you or I write a check there must be sufficient funds in our account to cover the check, but when the Federal Reserve writes a check there is no bank deposit on which that check is drawn. When the Federal Reserve writes a check, it is creating money.

Posted in learning | 1 Comment

さつま町立鶴田中学校

本校は,鹿児島県の西北部に位置する旧鶴田町全体を校区とする中学校である。近くを国道267号線が通り・さつま町鶴田総合支所に隣接した場所に位置する。また,近くには町の鶴田中央公民館・体育館・武道館等があり,教育環境に恵まれている。 校区は鶴田・神子・柏原・紫尾の四区からなり,東は旧薩摩町,西と南は旧宮之城町,北は出水市,伊佐市に隣接している。校区の北側は紫尾連山・平江山が連なり,南は川内川が曲流する。その本流の渓谷には西日本一の鶴田ダム(ダム湖の愛称は大鶴湖)や発電所がある。 本校は昭和22年5月,新学制の施行により「鶴田村立鶴田中学校」として,鶴田青年学校に併設の形で開校している。そして,平成17年3月旧鶴田町・宮之城町・薩摩町合併により「さつま町立鶴田中学校」となる。

Posted in learning | 1 Comment

永井路子

鎌倉を歩く・・と決めたらバスの道を歩いてはいけない。大きな通りに平行して、必ずひっそりした道がある。たとえば八幡宮の東の方へのびる金沢街道はひっきりなしに車が通るが、ちょっとその通りを避ければ、二人で肩を並べて歩くのにふさわしい道がたくさんある。

Posted in learning | 1 Comment

村井淳

ロシア革命後、ソヴェト当局は反革命勢力などを弾圧するために、収容所を設けた。その後、ソ連邦が成立すると、白海に浮かぶソロヴェツキー島に本格的な強制労働収容所が建設された。1930年代のスターリン時代には、インフラ整備などで労働力が必要なことから、強制労働収容所とそれを管理運営するグラーグ(収容所管理総局)システムが必要に応じて構築されていった。その切っ掛けを提案したのは、自らも最初は囚人であったフレンケリであった。30年代の大粛清などにより無実の人が逮捕され、新しく建設された強制労働収容所で過酷な無賃労働を強いられた。また、第二次世界大戦期には、ドイツ軍や日本軍などの捕虜も同様の労働を強いられた。その結果、スターリン時代に、数百万もの人々が死亡した。1953年スターリンの死とともに、この強制労働システムは急速に崩壊し、囚人や捕虜は釈放されていった。

Posted in learning | 2 Comments

Robert McNeel

Why does VBScript have Null, Nothing and Empty, and what are the differences between them? When you declare a variable in VBScript, the variable’s value before the first assignment is undefined, or Empty. Dim varValue ‘ Empty value So basically, Empty says I am an uninitialized variant. If you need to detect whether a variable actually is an empty variant and not a string or a number, you can use IsEmpty. Alternatively, you could use TypeName or VarType, but I prefer IsEmpty. Nothing is similar to Empty but subtly different. Empty says I am an uninitialized variant, Nothing says I am an object reference that refers to no object. Objects … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment

Axu94

Does “nothing” exist? No, nothing does not exist, concretely. It’s an abstract thing. A name for the opposite of ‘everything’, that inevitably exists and whitout which, we could not live. Everything and nothing are clear opposites. Everything is relative, but nothing is not, everything has to exist, but nothing can not. Almost exactly like black and white, that are spectres. White is all light, while black is no light. Therefore you can say white and black are symbolic colours for everything and nothing.

Posted in learning | 1 Comment

sinobu_wednesday

原爆の炸裂によってばらまかれた「放射性物質」は、キノコ雲に乗って成層圏まで吹き上げられ、そのまま大気中をぷかぷか漂ったり、原爆のもたらした物理的破壊によって空中に吹き飛ばされた埃に付着して地表に降り注いだりしました(死の灰、黒い雨)。地表に降り注いだ放射性物質の一部は雨水とともに土壌に染みこみ、また風で吹き飛ばされて広く拡散したことでしょう。原子のレベルではα崩壊・β崩壊によってしか放射性物質は減少しませんから、広島・長崎の原爆でばらまかれた放射性物質は、空中に吹き飛ばされようが土壌に染みこもうが、未だに地球上のどこかには存在するはずです。 ただ、α崩壊、β崩壊によって徐々に放射線を放出しながら安定化していき、長い時間の後には半減(1/2)→半減の半減(1/4)→さらに半減(1/8)と放射性元素の数は減少していくはずです(それにより放射線の強度も減少していく)。 なお、広島・長崎の爆発後に環境に放出された放射性物質の総量は、チェルノブイリ事故でそれの400分の1に過ぎなかったと言われています。元々、少量の核物質(せいぜい十数キロ)を急激に反応させて一気に破壊力を得る原爆は、その爆発の瞬間に放出される放射線こそ強力無比ですが、ウラン・プルトニウムの残り滓である各種放射性物質は大した量ではありません(燃料が十数キロだとすれば、残り滓も同程度です)。爆発時の強力な放射線照射により淡い放射能を持った爆弾の破片なども多少はあるでしょうが、強力な放射性物質はウラン・プルトニウム由来の残り滓であると考えられ、量的には決して多くないのです。 ところが大量の核燃料(何トン・何十トン)を長時間にわたって反応させ巨大なエネルギーを生む原子力発電所は、そもそも核燃料の残り滓が非常に大量に生じ、万が一の事故の際はその大量の放射性物質が外部に漏洩しますから、放射能汚染の程度で言えば原爆の比ではないでしょう。

Posted in learning | 1 Comment

Cell Signaling Technology (CST)

Posted in learning | 1 Comment

須田夏野, 田中幹子, 伊藤武彦, 白髭克彦

体の形づくりの過程では、適切な場所で、適切な量の細胞が増殖したり、分化したり、あるいは死んだりすることで、器官や組織が正しい形につくられる。細胞が自主的に死ぬ “細胞死”は、発生過程でおこる重要な現象の一つであり、様々な器官や組織の形成過程でみられる。特に四肢の発生過程では、手首や指の間で細胞死がおこることが知られており、細胞死の数が少ない場合には指の間に水かきができる。このよく知られた現象がどのようなメカニズムによって制御されているのかという問題については、細胞死をおこす領域に特異的に発現している BMP が関与していることはわかっていたが、BMP シグナルから細胞死がどのように実行されるのかについてはわかっていなかった。 そこで、BMP シグナルと細胞死をつなぐ因子の候補として、ほかの器官の形成過程で BMP シグナルに制御されており、かつ、細胞死や細胞増殖などに関わる複数の遺伝子を標的にすることが知られていた AP-1 転写因子 MafBに着目し、四肢の細胞が生きるべきか、死ぬべきかの運命を制御する仕組みを解明した。 (上)MafB (緑)のヘテロ二量体(異なる二種のタンパクの結合体)のパートナーが cJun (青)であった時は、p63 や p73 といった細胞死を促進する遺伝子(紫)の発現が活性化され、細胞は死ぬ運命に導かれる。 (下)MafB (緑)の二量体パートナーが cFos (橙)で あった場合は、細胞は生きる運命に導かれる。 また、MafB、cJun、cFos 遺伝子のうち、細胞死がおこる領域に特異的であった MafB 遺伝子の発現が BMP シグナルによって制御されていることも見出した。

Posted in learning | 2 Comments

Book Buddy

Posted in learning | 3 Comments

山本健治

でも,「いま考えている系」 というのが宇宙一大きな系だったとしたら,上のことばの約束ごとは全てご破算にしなくてはならない。このときは,C からの力も含めてすべてが〝内力〟ということになる。

Posted in learning | 1 Comment

Vali Nasr

The Shia-Sunni conflict is at once a struggle for the soul of Islam — a great war of competing theologies and conceptions of sacred history — and a manifestation of the kind of tribal wars of ethnicities and identities, so seemingly archaic at times, yet so surprisingly vital, with which humanity has become wearily familiar. Faith and identity converge in this conflict, and their combined power goes a long way toward explaining why, despite the periods of coexistence, the struggle has lasted so long and retains such urgency and significance. It is not just a hoary religious dispute, a fossilized set piece from the early years of Islam’s unfolding, but … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment

ウィキペディア

々 々  々 同上記号 ゝ ゝ  ゝ 平仮名繰返し記号 ヽ ヽ  ヽ 片仮名繰返し記号 ゞ ゞ  ゞ 平仮名繰返し記号(濁点) ヾ ヾ  ヾ 片仮名繰返し記号(濁点) 〻 〻  〻 二の字点、ゆすり点 〳 〳  〳 くの字点上 〴 〴  〴 くの字点上(濁点) 〵 〵  〵 くの字点下 〱 〱  〱 くの字点 〲 〲  〲 くの字点(濁点)

Posted in learning | 2 Comments

松本保美

ある人は、実は w に投票したかったのだが、w に当選の見込みがなかったので、2番目に好ましい x に投票したのかもしれない。また、ある人は、実は x を最も支持していたのだが、政治はバランス・オブ・パワーだと考えているため、あえて y に投票したのかもしれない。こうなると、当選者は最も多くの人々に支持されたから当選したとは必ずしも言えない可能性が出てくる。これは、世の多くの人々が投票による多数決制度を民主的制度の根幹と捉えていることを考えると、投票制度の極めて重大な欠陥と言えるだろう。 だが、理論的検知からすると、もっと興味のある事態がある。  。。。 国民の意思が反映される真に民主的な社会では、多数決制度は民主制にとって十分条件になる。一方、現在民主主義国家といわれている国の選挙制度では、多数決制度は政治体制を決定するための必要条件になっているにすぎない。

Posted in learning | 1 Comment

大江英樹

人間は経験でしか学ぶことができない生き物です。それまで何の運用経験もないのに、いきなり大金を投じるのは危険だということは、冷静に考えれば分かるはずです。泳いだことのない人がいきなりボートから海に飛び込むようなもので、一時は波に乗ってうまく泳げるかのように見えても、いずれおぼれてしまう可能性が極めて高いのです。 無謀な「退職金投資」を防ぐには、若いころから無理のない額で積立投資などを始め、失敗も経ながらノウハウを身に付けていくのがベストです。こうした経験をまったく積んでこなかった人は、少なくとも一度に退職金の多くを投資に充てるのはやめるべきです。 定年退職後も長い人生が続きますから、預貯金だけに頼らず株式や投信を一定割合持っておくことも必要です。それでも残念な退職金投資家にならないためには、少しずつ勉強しながら投資経験を積んでいくことが欠かせません。

Posted in learning | 1 Comment

デジタル・ガーデン

Remote Telecine: Digital Garden の Bay-204 と Company3 (US) や Rushes (UK) の grading rooms を専用回線でつなぎ、日本のクリエイターと世界 トップクラスのカラリストたちの感性を real time で共有できる color grading services

Posted in learning | 2 Comments

テレビ東京

長浦製網所は江戸時代から9代続く、老舗の漁網メーカー。海外に目を向けるようになったのは7代目の故長浦善弘さんが受け取った、アラスカからの一通の手紙だったという。 アラスカから工場に届いた手紙には、あなたの漁網を是非一度使ってみたいと書かれていたという。アラスカの人が日本の漁網を知るきっかけとなったのは、港のゴミ捨て場で古い漁網を見つけたことだった。9代目の長浦善徳さんは、北海道当たりでサケ・マス漁に使っていた網が流れ着いてのではないかとコメント。早速おくった漁網はアラスカの漁師たちの間で大評判となり海外への販路を広げていったという。

Posted in learning | 2 Comments

ウィキペディア

本歌取とは、歌学における和歌の作成技法の1つで、有名な古歌の1句もしくは2句を自作に取り入れて作歌を行う方法。主に本歌を背景として用いることで奥行きを与えて表現効果の重層化を図る際に用いた。       「三輪山を しかも隠すか 春霞 人に知られぬ 花や咲くらむ」  『古今和歌集』巻2 94番歌紀貫之       「三輪山を しかも隠すか 雲だにも 心あらなも かくさふべしや」  『万葉集』巻1 18番歌額田王       (貫之は額田王の第1句・第2句をそのまま採用して第3句以後を自作としている。) こうした本歌取については様々な受け取り方があった。六条藤家の藤原清輔はこれを「盗古歌」ものとして批判的に評価した。これに対して御子左家の藤原俊成はこれを表現技法として評価している。

Posted in learning | 1 Comment

ウィキペディア

東北日本の東の海中では、約1億年前に太平洋東部で生まれた太平洋プレート(比重の大きい海洋プレート)が、東北日本を載せた北アメリカプレート(比重の小さい大陸プレート)に衝突している。重い太平洋プレートは、軽い北アメリカプレートにぶつかって、斜め下40 – 50°の角度で沈み込んでいる。プレートが衝突して沈み込む部分は海溝となり、衝突した岩盤が互いに動くことで、地震が発生する。地下深く沈んだ太平洋プレートから分離された水が、周辺の岩石の融点を下げるため、マグマが発生し、多くの火山を生成する。太平洋プレートに衝突され押された北アメリカプレートは、圧縮応力を受けてひび割れ、たくさんの断層が発生し、北上山地などが生まれた。 また、海嶺で作られて以来、長い時間をかけて海の底を移動してきたプレートには、チャート、石灰岩、砂岩、泥岩といった多くの堆積物が載っているため、プレートが沈み込む際に陸側のプレートに張り付く現象が起こることがある。これを付加と言い、そうしてできたものを付加体と呼ぶ。日本列島もこのようにしてできた部分が多い。

Posted in learning | 1 Comment

Space Weather Prediction Center (SWPC)

Posted in learning | 3 Comments

Business Insider

Posted in learning | 1 Comment

Joseph Stromberg

You come in from a summer hike covered with itchy red mosquito bites, only to have your friends innocently proclaim that they don’t have any. Or you wake up from a night of camping to find your ankles and wrists aflame with bites, while your tentmates are unscathed. You’re not alone. An estimated 20 percent of people, it turns out, are especially delicious for mosquitoes, and get bit more often on a consistent basis.

Posted in learning | 1 Comment

GlobalSpec

Dyes Pigments Soluble Insoluble Vulnerable to fading Resistant against fading Functional groups bond between dye and substrate Functional groups do not bond; typically requires a binder. Structure alters Retains particulate form Often combustible Relatively less combustible Typically organic Typically (but not always) inorganic Longevity – shorter Longevity – longer

Posted in learning | 1 Comment

市場染色工房

Posted in learning | 2 Comments

Bank for International Settlements (BIS)

Japan struggled to revive growth. GDP increased significantly in the first half of 2013, following the announcement of an ambitious economic programme. This included open-ended Bank of Japan asset purchases (until inflation reaches 2%), short-run fiscal stimulus alongside the phasing-in of tax hikes, and the commitment to implement growth-enhancing structural reforms. However, growth slowed markedly in the second half of 2013. The current account also deteriorated amid a marked depreciation of the yen. Growth bounced back strongly in early 2014 in anticipation of the first consumption tax hike in April, but the rise was expected to be partly reversed.

Posted in learning | 1 Comment

Urban Dictionary

Doesn’t Cut the Mustard This phrase originates from the Old English craft of Mustard making. The chief mustard maker or Mustardeer would make their mustard in large oaken barrels, allowing each barrel to mature for a number of months. This maturing of the mustard produced a thick, leathery crust at the top of the barrel which would need to be removed before the contents could be tested. The consistency of the crust would be such that a specialised cutting implement was required to remove it. Initially a modified scythe was used but this often lead to the crust being ‘dragged’ at certain points and falling into the rest of the … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment

RedGrittyBrick

True north differs from magnetic north, which varies from place to place and over time due to local magnetic anomalies. A magnetic compass almost never shows true north. In fact over millions of years, magnetic north wanders considerable and occasionally reverses so that the magnetic north pole has been near the geographic south pole at some periods in the earth’s history. In the arctic region, a magnetic compass is not very useful. To find true north from a magnetic compass you have to know the local magnetic variation and how it is varying over time. For ordinary folk this is difficult (although good maps will have magnetic deviation marked on … Continue reading

Posted in learning | 2 Comments

Jonathan Schlefer

There are no mathematical requirements for Assumptions, but there are thinking requirements. The book is about what economists do in their secret lives as economists, when they aren’t dashing off op-eds to tell everybody else what to believe, pulling the wool over undergraduates’ eyes in textbooks, or otherwise engaging in public relations. What economists otherwise do is make simplified assumptions about our world, build imaginary economies based on those assumptions – otherwise known as models – and use them to draw practical lessons. In fact, we all do much the same thing less formally when we think about economies, since the real world is way too complicated to understand in … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment

楠見晴重

京都盆地は南北約33km、東西約12kmの縦に長い形をしており、約3万年前に薄くたい積した沖積層、約150万~500万年前にたい積した洪積層、約1億~1億5千万年前にたい積し岩盤から成る古生層が分布しています。地下水は主に沖積層、洪積層の砂れき層に多く包蔵されています。 その南北方向の地下の様子は、京都市消防局が人工的に地震を起こして活断層を探る反射法地震探査を用いて行った図のとおりで、岩盤までいちばん深い場所は巨椋池(宇治の辺りにあった大きな池で、埋め立てられて今はない)付近で約800m、その上に砂れき層は何層にも分布していることがわかります。また、京都盆地に入ってきた地下水が流れ出る個所は桂川、宇治川、木津川の3川が合流する幅約1kmの天王山―男山辺りです。天王山と男山は同じ古生層から成り、地下わずか30mのところでつながっています。すなわち幅約1kmの天然の地下ダムが存在しているのです。 私は、ほかの地震探査資料、重力探査資料、約8000本のボーリング資料から、京都盆地の地下水賦存量を計算した結果、約211億トンとなりました。琵琶湖が約275億トンですから、京都盆地の地下には、琵琶湖に匹敵する水量の地下水が存在していることになり、しかも天然の地下ダムによってほんのわずかな量しか流れ出さないため、京都盆地には多量の地下水が貯留されていることになります。

Posted in learning | 1 Comment

ネルケ無方

禅の教義のひとつに、「不立文字」がある。文字や言葉による教義ではなく、体験によって伝えるものこそ真髄とする教えだ。だから経典も念仏も拠りどころとしない。 経典はいわば実践の脚注に過ぎない。たとえて言うなら、山登りをするために必要な地図。じーっと地図を眺めるよりも、山に入って自分で道を求めるというのが禅のスタンスである。 道元禅師は「只管打坐」(ただ坐る)を重視し、不立文字を極めた人だったが、とことん言葉を使って仏法を追求する人でもあった。それは、彼が53歳で亡くなるまでに書き続けた、膨大な著作に残されている。 後世になってから道元禅師の言葉は「修証義」などにまとめられ、まるでお経のように扱われるようになった。しかし私は崇高な教義としてではなく、生の体験としての道元禅師の言葉が好きだ。「不立文字」とは一見矛盾しているが、そこに私は惹かれる。 道元禅師の言葉は缶詰ではない。生の体験の表現だから、それは常に変化し続ける。『永平広録』から『永平清規』、そして最後の大作『正法眼蔵』までに、様々な発展を遂げている。結局、最後まで結論を出していない。しかし、それこそが仏教なのではないか。 道元禅師は信仰を持った宗教家でありながら、絶えず問い直している。以前自身が書いたものに疑問を持ち、また新しいものを生み出し、それにも疑問を持つのだ。 ・・・ その教えは理屈のみに終わらず、とても実践的なのだ。道元禅師は、とにかく日常生活を大事にする。 そして、「坐る」という実践。 ・・・ 「何のために坐るのか。何のためでもない。ただ坐る」と説いている。 ・・・ 道元禅師はこういう人だと、一言ではなかなか言えない。100人が見たら、100人の違う道元禅師が見えてくるだろう。 当時、中国へ渡れるのはエリート中のエリートで、帰国したら出世をするのが普通だった。ところが道元禅師は、日本に帰っても出世せず、深い山の中に入ってしまう。そこで、のちの永平寺を開く。出世しようと思えばいくらでもできたはずなのに、一切しようとしなかった。我が道をとことん突き詰めた。出世しよう、金儲けしよう、禅宗を大きくしよう、という考えがまったくなかったところも、道元禅師の魅力と言えよう。

Posted in learning | 3 Comments

道元

示シテ云ク 世間ノ人多分云ク 學道ノコヽロザシアレドモ世ハ末世ナリ 人ハ下劣ナリ 如法ノ修行ニハタユベカラズ 只隨分ニヤスキニツキテ 結縁ヲ思ヒ 他生ニ開悟ヲ期スベシト 今マ云フ 此ノ言ハ 全ク非ナリ 佛敎ニ正像末ヲ立ルコト 暫ク一途ノ方便ナリ 在世ノ比丘必ズシモ皆スグレタルニアラズ 不可思議ニ希有ニアサマシク 下根ナルモアリキ 故ニ 佛ケ種々ノ戒法等ヲマフケ玉フコト 皆ワルキ衆生 下根ノ爲ナリ 人人皆ナ佛法ノ器ナリ カナラズ非器ナリト思フコトナカレ 依行セバ必ズ證ヲ得ベキナリ 既ニ心アレバ 善惡ヲ分別シツベシ 手アリ足アリ 合掌歩行ニカケタル事アルベカラズシカアレバ 佛法ヲ行ズルニハ器ヲエラブベキニアラズ 人界ノ生ハ皆ナ是レ器量ナリ 餘ノ畜生等ノ生ニテハカナフベカラズ 學道ノ人只明日ヲ期スルコトナカレ 今日今時バカリ 佛法ニ隨テ行ジユクベキナリ 今は云く、この言ふことは、全く非なり。仏法に正像末を立つ事、しばらく一途の方便なり。真実の教道はしかあらず。依行せん、皆うべきなり。在世の比丘必ずしも皆勝れたるにあらず。不可思議に希有に浅間しき心根、下根なるもあり。仏、種々の戒法等をわけ給ふ事、皆わるき衆生、下根のためなり。人々皆仏法の機なり。非器なりと思ふ事なかれ、依行せば必ず得べきなり

Posted in learning | 1 Comment

Kate Bahn

Impostor syndrome—the feeling that, regardless of your accomplishments, you’re still about to be unmasked as a fraud—is an all-too-common affliction among academics. Ironically, it’s the successful who tend to suffer from it: In order to feel like you’re faking it, you need to have already reached a certain level in your discipline. Think of it as a twisted version of the Socratic paradox—the more you know, the more you feel like you know nothing. … While both men and women experience impostor syndrome, women are far more susceptible. Given the messages of inadequacy that many women have internalized throughout their lives, it’s hardly surprising that many of us are wondering … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment

国立がん研究センター

多くの場合は、がんがどこからできてきたのかがはっきりしていますので、肺がんや胃がんなどのように、がんのできてきた場所の名前がついたがんの診断が確定します。 ところが、原発巣がごく小さかったり、診断が難しい部位では病理検査でがん細胞は確認できたものの、どこからがんができてきたのかわからない時があります。以前は、膵臓がんや肺がんなどの身体の深いところにあるがんの診断は大変困難でしたが、レントゲン検査などの画像診断の進歩により原発不明がんは数%までに減少しました。 原発不明がんは、多くの場合原発部位よりも転移部位のがんのほうが大きくなって発見されたのですから、一通りの検査後は原発部位を特定するための検査に時間をかけるより、原発不明がんとして治療を開始することもあります。 したがって、原発不明がんには厳密にはいろいろな種類のがんが含まれている可能性がありますが、がんの広がり方が通常のがんの広がり方とは違っていることも多いため、原発不明がんというまとめ方で研究なども行われています。 このような原発不明がんについて、最後まで原発部位がわからない場合も多いのですが、その後の経過などから原発部位がわかった場合を調べてみると、肺がんや膵臓がんが多いようです。

Posted in learning | 1 Comment

飯坂譲二

従来の地図ですと、何処に何があるかということで、家がある、森がある、谷がある、岩があるということを示していた。しかし、今はそれだけの話ではなくて、地球全体にしろ、我々の近隣にしろ、理解しなければならない範囲が非常に大きくなって来ています。 もう一つ大事なことは、さらにその理解することを超えて、それをもう少し発展させると、空間利用の計画と維持をどうするかという問題になって来る訳です。「維持可能な開発」といった言葉がありますが、その計画無しにやってしまって取り返しのつかないことが起きているケースが沢山ある訳です。 開発を含めた地球の変動にどう対応するか。地球環境問題や、地域レベルの環境問題にどう対応するか。地球レベルの問題と日常生活や地域の空間との関係が密接になっているということもだんだん判って来ました。大げさに言いますと、今は生物の生存条件自体が変化しています。そこで、化学的、生物的、社会的な変動にどう対応するかということが問題になってまいります。 生物といえども化学的、物理的な環境の支援なしに生きられない訳ですから、その生物的な環境も、大きな植物とか、砂漠化という話だけでは無く、動物性プランクトン、植物性プランクトンなどの変動と影響というものを見ていく必要があると思うのです。その上に立って、人間は一部、空間の恩恵を受けている訳ですが、それもまた社会的な環境の変化として捉えて行かなければいけないと言えます。

Posted in learning | 1 Comment

神田愛花

(日本放送協会について) コマーシャル、ありませんからね。

Posted in learning | 1 Comment

Irrational Numbers Search Engine

Posted in learning | 1 Comment

バリバラ

「かわいい女性と飲みたい!」(あべけん太 ダウン症) …お酒が大好きで家族と飲んだり、馴染みの店で飲んだりするけん太さん。そんな彼だが、行ったことがない店にも一人で飲みに行きたいと思っている。その理由を聞かれての一言がこちら。冗談にもとれる一言。自由にすれば…とも思えるが、番組で行ったけん太さんの突撃インタビューでは「何かあったら・・・」を理由に、飲食店の店長の多くは、「お酒を出せない」と答えた。ダウン症への世間の認識はまだまだ低いようだ。

Posted in learning | 1 Comment

Aleister Crowley

There is no law beyond Do what thou wilt. Love is the law, love under will.

Posted in learning | Leave a comment

Elizabeth Howell

Diagram of a wormhole, or theoretical shortcut path between two locations in the universe.   Quarks, fundamental particles seen here in a three-dimensional computer-generated simulation. Two nascent black holes formed by the collapse of an early supergiant star.   The HST WFPC2 image of gravitational lensing in the galaxy cluster Abell 2218, indicating the presence of large amount of dark matter.

Posted in learning | 1 Comment

世阿弥

しかれば物数をきはめつくしたらんしては、初春の梅より秋の菊の花の咲きはつるまで、一年中の花の種を持ちたらんがごとし。いづれの花なりとも、人の望み、時によりて、とりいだすべし。物数を究めずば、時によりて花を失うことあるべし。たとへば、春の花のころ過ぎて、夏草の花を賞翫せんずる時分に、春の花の風体ばかりを得たらんしてが、夏草の花はなくて、過ぎし春の花を、また持ちていでたらんは、時の花に合ふべしや。

Posted in learning | 2 Comments

Xiangjun Shi

Posted in learning | 2 Comments

倉西裕子

法隆寺の夢殿には、救世観音像と称されてきた仏像が安置されています。救世観音像は、明治17年、米国人のアーネスト・フェノロサ、岡倉天心と加納鉄斎によって開扉されるまで、長い布によって包まれ、封印という言葉にふさわしい状況にあった謎の仏像です。 では、なぜ、謎であるのか。それは、『日本書紀』や『古事記』、そして、法隆寺関連史料などのいかなる史料も、この仏像が、いつ、誰によって造仏されたのか、モデルがあったとしたならば、それは、いったい誰であったのか、そして、なぜ、秘仏化・封印されるに至ったのか、その経緯を黙して語らないからです。 救世観音像は、法隆寺の東院伽藍の本尊として、1千年以上にわたって、たいせつに祭られてきたにもかかわらず、あまりに謎多き仏像なのです。

Posted in learning | 2 Comments

上山智士

The earthquake occurred at 14:46 JST on Friday 11 March 2011:

Posted in learning | 2 Comments

トレイン・トレイン

Posted in learning | 2 Comments

遠峰菊郎

(東京都の人工降雨装置について) ヨウ化銀は、マイナス5度からマイナス10 度くらいになると水蒸気を凍らせ、雨を降らせるが、そのためには今の時期なら高度5000メートルほどの高さまで到達させなくてはならない。 東京都の装置 で発生させたヨウ化銀が自然の上昇気流に乗ってその高さまで確実に上がっていくかどうかに疑問があり、信頼性に乏しい方法だ。 現在、人工降雨の主流は、航空機を雲の中に飛ばしドライアイスなどを直接まく方法なので、東京都もより信頼できる方法に見直したほうがいいと思う。 安全性が確認された範囲の分量でヨウ化銀を使っているとは思うが、人体に影響を及ぼす重金属だから使わないに越したことはない。人工降雨に使える薬剤はヨウ化銀だけでないので、検討し直したほうがいいように思う。 都の方式は、理屈では理解できるが時代遅れ。そもそも、人工降雨は梅雨時の雲があるときにやった方が効果的。渇水を事前に予測して対策を取るべきだ。

Posted in learning | 1 Comment

林寧彦

「伝統は戴くものではなくて、踏まえるもの」と先日書いて、そのあと反芻しています。「伝統って何?」 「踏まえる」ということから連想したのは1本の若木。若木が踏まえているのは、養分をふんだんに含んだ土。その養分は、以前その地に生えていた木々の葉や、幹が朽ちたもの。若木はそれを踏まえて、根から自分に必要な養分を吸い上げて育つ。なんだ、伝統って、先人が残してくれた「肥やし」のことじゃないか、と気がついた。 いくら大木でも、そのままでは肥やしにはならない。原型をとどめないくらい朽ちてくれないと、養分をもらえない。 釉薬を作るときには植物の灰を使う。灰は植物ごとに成分比が違う。松の灰には鉄分がたっぷりで、ワラや竹には珪酸分が多い。鉄分も珪酸分も、すべて地面から吸い上げたものだ。植物ごとに地面からもらうものに違いがあるのが面白い。たとえ鉄分が少ない土地でも、松はほかの木よりも多くの鉄分を吸い上げる。珪酸の少ない土地でも、竹は珪酸分を好んで吸収する。 足元にある肥えた土から、おそらく無意識のうちに何かをもらう。おなじ土地に生えても、松は松になるし竹は竹になる。なるほど、それが個性というものではないだろうか。 個性的な人は個性的な服なんか着ない。

Posted in learning | 2 Comments

小出五郎

ミツバチの激減が世界中で問題になっています。アメリカの養蜂家によると、2006年以来、年間に30ないし35%減少しているといいます。ミツバチが少なくなると蜂蜜が値上がりするという単純なことではなく、農作物の生産が大打撃を受ける可能性があるのです。国連の食糧農業機関(FAO)によると、100種類の作物のうち71種類、それは食料全体の90%にあたるのですが、ミツバチが花粉を運んで実らせているといいます。それが失われる危機というわけです。 いったいミツバチ激減の原因はいったい何なのか。安全性が高いということで世界的に普及しているネオニコチノイド系農薬がいちばんに疑われています。欧州連合(EU)は今年の春、予防原則を適用して「ネオニコチノイド系農薬の2年間使用禁止」を決めました。 しかし、ネオニコチノイド系農薬が原因という確かな証拠はありません。他にもさまざまな要員がありその相互作用の結果ではないかとみられます。だからこそ「予防原則」というわけです。 「予防原則」の適用は、明確な証拠はないがとりあえず禁止して、不確実なところを明らかにして再検討するということで、単に先送りして放置するということではありません。 もしネオニコチノイド系農薬が原因の一つという可能性があるなら、そして量より質の高品質農業を実現しようとするなら、EUが決めた「予防原則による2年間の使用禁止」は極めて妥当な措置です。

Posted in learning | 4 Comments

Karl Popper

Worlds: The world of physical objects or states The world of states of consciousness The world of objective contents of thought

Posted in learning | 1 Comment

Léonce Verny

Léonce Verny dirige le grand arsenal naval de Yokosuka, premiers chantiers navals modernes du Japon, de 1866 à 1875. Il crée, également, une école d’ingénieurs et une école d’architecture navale puis conduit un large programme de construction de phares, notamment ceux de Kanonzaki et de Jogashima. Le souvenir de Verny dure encore : sa statue existe toujours sur le port de Yokosuka et la ville célèbre chaque année sa mémoire en novembre. Construction de l’arsenal Yokosuka

Posted in learning | 1 Comment

Daphne Koller

As a society, we can and should invest more money in education. But that is only part of the solution. The high costs of high-quality education put it off limits to large parts of the population, both in the United States and abroad, and threaten the school’s place in society as a whole. We need to significantly reduce those costs while at the same time improving quality. (Daphne Koller is one of the founders of Coursera, an online education platform.)

Posted in learning | 1 Comment

Khan Academy

A free world-class education for anyone anywhere. Khan Academy is an organization on a mission. We’re a not-for-profit with the goal of changing education for the better by providing a free world-class education for anyone anywhere. All of the site’s resources are available to anyone. It doesn’t matter if you are a student, teacher, home-schooler, principal, adult returning to the classroom after 20 years, or a friendly alien just trying to get a leg up in earthly biology. Khan Academy’s materials and resources are available to you completely free of charge.

Posted in learning | 1 Comment

Coursera

Discover a course you’re interested in and enroll today Choose from 300+ courses in over 20 categories created by 62 Universities from 16 countries. Learn with 3 million Courserians Watch short video lectures, take interactive quizzes, complete peer graded assessments, and interact live with your new classmates and teachers. Achieve your learning goals and build your portfolio Finish your class, receive recognition for a job well done, and achieve your goals, whether they be career, personal, or educational.

Posted in learning | 1 Comment

河添健

複雑化し、不確実性の高い現代社会において、既知の学問をよく習得できる人材だけでは不十分であり、新しい状況を的確に理解し、最適な状況を作り出すための技術や制度、組織の設計ができる人材が必要とされている。 環境との共生、活力ある長寿社会、貧困の解決など、よりよい世の中を実現していくためには、さまざまな分野の学問領域を取り込んでいかなければならない。法律や経済の仕組み、テクノロジー、場合によっては「心」の問題に直面することもある。そういった問題の本質がどこにあるのかを発見し、実際の現場に飛び込み、問題の解決に関わりながら学ぶことを重視する環境。幅広い視野と得意領域を併せ持った人材は、そういう環境から生み出される。

Posted in learning | 1 Comment

Mi Cafeto

Posted in learning | 1 Comment

木田元

かねがね、わたしは、日本の哲学者の態度は、ちょっと違うんじゃないかな、という気がしてなりませんでした。哲学者の元祖のソクラテスなんて相当人を食ったふざけた人間なのですが、日本の研究者はみんな真面目一本槍で、自分があたかも西洋人であるかのように思い込み、「哲学」という学問は素晴らしいものだと信じきっています。わたしもも哲学研究者の一人ですが、、哲学をやっているのは、ちょっとこれは違うな、と感じる人ばかりです。わたしとは、哲学へのアプローチが、はじめから少し違っているのかもしれません。 もともと「哲学」という言葉自体が、西周による明らかな誤訳なんです。ですから、「哲学」を後生大事にありがたがっている方がおかしいわけなんです。 「哲学」の直接の原語は英語のphilosophyあるいはそれに当たるオランダ語で、これは古代ギリシア語のphilosophiaの音をそのまま移したものです。philosophiaは、philein (愛する)という動詞と sophia (知恵ないし知識)という名詞を組み合わせてつくられた合成語であり、「知を愛すること」つまり「愛知」という意味です。 しかし、「愛知」という言葉を日常的に使うことは、これはこれでかなり不自然なことで、「哲学」を「愛知」にすればいいというものでもありません。実は、philosophiaという言葉自体も、古代ギリシアの中では複雑な経路を経て生まれたものでした。 この言葉は最初、紀元前6世紀頃のピュタゴラス教団の創始者が、ho philosophos「知識を愛する人」という形容詞として使いました。hoは男性の定冠詞です。形容詞に定冠詞を付けると、その性質をもった人間ないし物を意味するというあれですね。ピュタゴラスは、世界にはho philargyros「商人のように金銭を愛する人」とho philotimos「軍人のように名誉を愛する人」と、自分のような「知識を愛する人」の3種類の人がいると言っているのです。

Posted in learning | 2 Comments

Christopher Moore

How did the name philosophos come to be? Two views are now popular. Some say it first meant “lover of wisdom.” Others say it first meant “intellectual curious person” before later acquiring a specialized disciplinary meaning defined by Plato. Two views were popular in ancient times. Both take it as Pythagoras’ selfapplied name. One has Pythagoras demurring that the name sophos is appropriate only for god. The other has him distinguishing philosophoi from the people who care for either honor or money. This paper argues against these four views. It conjectures instead that philosophos was coined as a bemused, ironic, perhaps derisive name-calling name meaning “wanting to become sophos,” where … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment