Category Archives: art

島村光

Posted in art | 1 Comment

佐藤幹児

Posted in art | 1 Comment

小西麻美

青花 梅竹山水人物文 八角水滴: 青花とは、中国や朝鮮での染付の呼び方。酸化コバルトを発色の主成分とした呉須顔料で絵付けを施したやきもののこと。側壁に梅と竹、上面に山水文をあらわした、八角に面取りされた水滴です。水滴とは、硯に水を注ぐための容器。傾けることで、側面についた小さな注ぎ口から、少量の水を差すことができます。面をきっちりとった潔い器形ですが、手取りは重く、安定感があります。加えて、上面に厚く掛かった釉薬が、青花の青色と良く馴染み、柔らかい発色となっているのが特徴。シャープな器形ながらも、角のとれた上品さも兼ね備えている作品です。

Posted in art | 2 Comments

teamLab

Posted in art | 1 Comment

Charlotte Perriand

La forme, c’est le fond qui remonte à la surface.

Posted in art | 2 Comments

Bianca Bromberger, Rebecca Sternschein, Page Widick, William Smith, II, Anjan Chatterjee

Historically, art and esthetics have been well ensconced in the humanities and have not been considered seriously within the sciences. Fechner (1876) began the field of empirical esthetics. More than a century later, neuroscience is playing catch-up, and is finally coming of age (Skov and Vartanian, 2009; Chatterjee, 2011). Theoretical positions and a few books linking neuroscience to art have appeared (Ramachandran and Hirstein, 1999; Zeki, 1999; Livingstone, 2002; Chatterjee, 2004a). Empirical studies using imaging techniques looking at our responses to beauty (Aharon et al., 2001; Ishai, 2007; Winston et al., 2007; Chatterjee et al., 2009) as well as to different kinds of artwork (Kawabata and Zeki, 2004; Vartanian and … Continue reading

Posted in art | 2 Comments

元田久治

Posted in art | 3 Comments

Royal Copenhagen

Posted in art | 2 Comments

Arnold Krog

Posted in art | 2 Comments

Berndnaut Smilde

Posted in art | 1 Comment

Fernando Pessoa

Art consists in making others feel what we feel, in freeing them from themselves by offering them our own personality. The true substance of whatever I feel is absolutely incommunicable, and the more profoundly I feel it, the more incommunicable it is. In order to convey to someone else what I feel, I must translate my feelings into his language – saying things, that is, as if they were what I feel, so that he, reading them, will feel exactly what I felt. And since this someone is presumed by art to be not this or that person but everyone (i.e. that person common to all persons), what I must … Continue reading

Posted in art | Leave a comment

Ruben Östlund

So many directors kill people left and right. I have never experienced anything like that in my life. And I want my films to be true to my experience.

Posted in art | 1 Comment

山田喜美子, 張大千

Posted in art | 1 Comment

Alvar Aalto

Our time is so specialised that we have people who know more and more or less and less.

Posted in art | 1 Comment

古谷振一

Posted in art | 1 Comment

Alexandre Cabanel

Posted in art | 2 Comments

池田清明

Posted in art | 1 Comment

徽宗

Posted in art | 2 Comments

Louvre

Posted in art | 1 Comment

Giuseppe Fagnani

Posted in art | 2 Comments

Musée du Louvre

Posted in art | 3 Comments

Rune Froseth

Posted in art | 1 Comment

深澤直人

俳句は、いいものがあって詠むわけではなくて、特別ではない、ふつうの領域が、妙にアーティスティックに高まるということがすごい。きっとデザインと同じように、何らかのことを入力したり考えたりしていたことが、ある瞬間に、ふっとひとつの調和した線みたいなものが見えたときに、ポンとでるのかなあ。デザインと俳句はすごく似ているんじゃないかと思います。

Posted in art | 2 Comments

くろすけ

Posted in art | 3 Comments

France

1 % des sommes consacrées par l’État pour chaque construction d’établissement scolaire ou universitaire devra financer la réalisation d’une œuvre d’art contemporaine intégrée au projet architectural. Les communes, les départements et les régions doivent consacrer 1 % du montant de l’investissement à l’insertion d’oeuvres d’art dans toutes les constructions qui faisaient l’objet, au 23 juillet 1983, date de publication de la loi n° 83-663 du 22 juillet 1983 complétant la loi n° 83-8 du 7 janvier 1983 relative à la répartition de compétences entre les communes, les départements, les régions et l’Etat, de la même obligation à la charge de l’Etat.

Posted in art | 1 Comment

伊勢英子

Posted in art | 1 Comment

伊東深水

Posted in art | 1 Comment

東信(あずま まこと)

AMKK(東信、花樹研究所)とは、フラワーアーティスト東信の花・植物を題材とした実験的なクリエイションを展開していく集団であり、その活動は、花・植物のみが有しているもっとも神秘的な形を見つけ、それを芸術的レベルに変換し表現する事で、植物の存在価値を高める事に一貫している。

Posted in art | 1 Comment

篠山紀信

想像を超えた美の存在に遭遇したとき、僕は近未来の迷宮にいるような不安を感じる。この心の動揺こそが僕に写真を撮らせているようだ。

Posted in art | 1 Comment

慈照寺東求堂同仁斎

Posted in art | 2 Comments

雪舟

Posted in art | 1 Comment

水野聡

経典に「善悪不二、邪正一如」とある。本来良い・悪いなど何をもって定めるのか。ただ時により用に足るものを良い、足りないものを悪いとするだけのこと。この芸の品々というものも、その時代の人々所々により最大多数の好みによって、受け入れられるものが用に足りるため、花となるのだ。ここではこれこれの芸がもてはやされ、あちらではまた別の芸が愛される。これぞ人それぞれの心に咲く花である。いずれがまことの花であろうか。ただ時が選ぶもの、これを花とすべきである。

Posted in art | 2 Comments

龍安寺

Posted in art | 1 Comment

根津美術館

Posted in art | Leave a comment

中田勝康

禅宗で盛んになった水墨画では小さな紙一枚に宇宙を現した。庭園でも同様に方寸の地に宇宙を象徴した。坪庭は建物の間にある、暗くて狭い場所である。このような限られた場所に、禅の物語を盛り込む事は究極の抽象性が求められる。まさに現代抽象芸術だ。

Posted in art | 1 Comment

妙心寺 東海庵

Posted in art | 1 Comment

隈研吾

金閣は義満の時代、幕府に力があり、高度成長の時代、権力者が造った。 それに対し数10年しか隔ててないにもかかわらず、すとんと時代(空気)が変る。 義政の時代はバブル崩壊後の日本のような時代。 悪条件の中、美学で反転するような生き方がデザインにあるのではないか。 銀閣の全体のレイアウトでおもしろいのは、例えば2階からの視点、その上にあったといわれる草庵からの視点とかいくつかの視点があり、それらの視点から感じられる世界が立体的に重ねあわされている。 胎蔵界曼荼羅、母胎の胎、母なる宇宙に抱え込まれるみたいな感じが全体の地形にある。 義政は地形の読み方や宇宙の読み方に関して長けたデザイナーだった。

Posted in art | 1 Comment

Deyan Sudjic

Kawakubo talks of her admiration of Le Corbusier, and it is not too farfetched to see the influence of his purist Modernism in her own abstraction of fashion into the fundamentals of texture, form and colour.’ Through her examination of clothing as a cerebral and emotional construct, there is a direct line back to the works of the architect. In the strangeness that imbues her pieces, we find her highly personal take on how to live.

Posted in art | 3 Comments

Fondation Louis Vuitton

Icônes de l’art moderne. La collection Chtchoukine. Du 22 octobre 2016 au 5 mars 2017.

Posted in art | 2 Comments

Shafik Alnawab

Posted in art | 1 Comment

Musée d’ethnographie de Genève

Posted in art | 1 Comment

日建設計

Posted in art | 1 Comment

L’Institut du monde arabe

Posted in art | 1 Comment

Victoria and Albert Museum

Posted in art | 1 Comment

Sari Ahokainen

Posted in art | 1 Comment

辻惟雄

わびさびが茶の湯や禅と結びついて日本の美の主流とされる一方、「かざる」美は低く見られてきた。この年になると、わびさびもわかってきますけど(笑)。でも、茶人の小堀遠州が「綺麗さび」を掲げたように、両方を対照的に見せて引き立てる考え方もありました。 それに、「遊び」も日本美術の特質。奇想の画家たちは皆、見る人の笑いを誘う仕掛けを忘れません。歌川国芳は漫画家みたいだし、若冲の水墨画も、長沢蘆雪(ろせつ)が描く虎も遊んでる。世俗的な江戸美術はエンターテインメントという言葉がふさわしい。 美術は堅苦しく学ぶものではない。絵を見る、絵を描く、美術館に行く…アートの世界に首を突っ込むと、ちょっと違う世界が広がる。大げさだけど、生きる喜びにつながると思うんです。

Posted in art | 3 Comments

Shafik Alnawab

Posted in art | 1 Comment

平田オリザ

無駄のない社会は病んだ社会である。すなわち、芸術家のいない社会は病んだ社会だ。かつては村落共同体に芸術家が偏在したが、共同体の崩壊とともに芸術家の存在も消え失せた。だから、日本は病んだ社会だらけということになる。多様性、重層性のある社会は民主主義の根幹である。それを保証するためには、どうしても芸術家の存在が地域社会のなかで必要なのだ。

Posted in art | 1 Comment

Catherine Bertola

Posted in art | 1 Comment

田井勝馬建築設計工房

Posted in art | 1 Comment

Kengo Kuma

Posted in art | 1 Comment

桐朋学園大学調布キャンパス1号館

8966″ />

Posted in art | 1 Comment

Claude Monet

Posted in art | 1 Comment

Zinedine Zidane

Posted in art | 1 Comment

Irma Boom

Posted in art | 1 Comment

randy hryhorczuk

Posted in art | 1 Comment

生島浩

Posted in art | 1 Comment

Калачёва Вероника

Posted in art | 2 Comments

久保孝久

Posted in art | 1 Comment

静嘉堂文庫美術館

Posted in art | 2 Comments

Déborah de Robertis

Posted in art | 1 Comment

Frédéric Lère

Posted in art | 2 Comments

いわさきちひろ

Posted in art | 1 Comment

渡部明美

Posted in art | 2 Comments

Shōji Hamada

Visitors to the folk craft museum in Tokyo often complain of the brevity of the descriptions of the objects, written in red on black lacquer tablets, saying that this is inconsiderate and insufficient. Yanagi always insisted that this was a greater kindness because it helped visitors to develop their own perceptions instead of Yanagi always insisted that this was a greater kindness because it helped visitors to develop their own perceptions instead of relying upon written words and other people’s ideas.

Posted in art | 1 Comment

牛山恭男

Posted in art | 2 Comments

Cy Twombly

Posted in art | 1 Comment

松澤漆器店

Posted in art | 1 Comment

永青文庫

Posted in art | 3 Comments

志條みよ子

なにかといえばすぐに原爆々々といまだにいわれている。原爆を書かない小説や原爆を取上げない絵画は広島の人間に限り、真の作品ではないごとくいわれている。七年も経った今日、もう昔のことと忘れ去ってしまえというのではないけれど、しかし、もうそろそろ地獄の絵を描いたり、地獄の文章ばかりをひねり上げることからは卒業してもいいのではないか。科学や政治の世界にまで、芸術の神髄が真実の文学が、低迷して行ってはならないと思う。 原爆は、科学であり、政治であり、なに物かへの一つの道具ではあるが、芸術ではない。

Posted in art | 1 Comment

島津興業 薩摩ガラス工芸

Posted in art | 2 Comments

湯浅ちひろ

芸術は時に私に喜びを与えてくれました。しかし、芸術だけが喜びを与えてくれたわけではありません。そもそも、芸術は都市にしか存在しないものです。本来、自然とともに生きていくべき動物である人間達が都市に住むことで規律を守り、ストレスを抱え、秩序を乱すものを排除する・・・それを芸術に頼り、芸術で美しさを補い、さらなる刺激を求めているだけなのです。それにもかかわらず、多くのアーティストたちは自分が神になっているような高揚感を覚え、芸術を絶対とし、宗教よりも強く崇拝するようになるのです。 三年ほど前、エジプトのオアシスで砂漠生活をしていたことがありますが、遊牧民の彼らはアート、芸術、そんな言葉を必要としていませんでした。砂漠に沈む太陽を見て、祈り、毎日見ているはずの光景に今日も美しいと言っていました。自然のものが一番美しいとは言えませんし、砂漠に一生は住みたいとも思いませんが、芸術という単語が存在しない異世界がそこにはありました。 芸術は脳の投影を作品にする行為です。私たちは東京と言う大都市に生きているわけですが、完全なまでに不自然な暮らしの中で芸術がカオスに混沌になっているのは理に適っているわけです。

Posted in art | 1 Comment

坂東玉三郎

何かきっかけがあって、人はその出来事をまず「感受」します。やがて、それが自分の頭脳に、いわゆる感情として「浸透」していき、その結果「反応」が生まれてくるわけです。これは生理的に行われるものなのですが、それを意識的に作っていくというのが演技なのです。したがって、演技をする、つまり感情をリメイクしていくというためには、「感受」、「浸透」、「反応」の3つの過程が必要だということになります。 「感受」ですが、これは五感のことです。つまり、見る、聞く、においを嗅ぐ、味を感じる、そして肌で感じる。そして、その場の状況や「感受」した出来事や衝撃、あるいは誰かの行為に対して五感が受けた刺激の大小によって、その人の血圧や脈拍が反応して、浸透の速度が決まるわけです。その結果、自分の身体を使って、人間は「反応」していくわけです。 「演技」をする上で、もう一つ大切なことがあります。それは、内的感情というか、内的煥発とでもいうものです。自分の心の内からこみ上がってきたものに、不意にハッとすることがある。つまり、そこで内的感受ということが起きるわけです。

Posted in art | 1 Comment

荒井修

私は親方から仕立てをぜんぶ習って帰って来たんだけど、絵はこれといって習ってなかった。で、独学でやっちゃったんです。箔押しから何やら。だから、あたしに絵を教えたという人はあんまりいないの。ほとんどいない。ただ、しいていえば、感覚的なものはたぶん、私の絵の師匠は、玉三郎さんかもしれない。 坂東玉三郎という人に、「もうちょっと、ここを、こう逃げて」とか、「色は、そうじゃない方がいいんじゃない」とかって、話してもらいながら、最初はずいぶんいろいろ教わったんです。

Posted in art | 2 Comments

籏野康弘

昨今の日本では「コミュニケーション能力」や「空気を読む」という言葉が示すように、相手に対して積極的に配慮する文化が根付いています。 私は、対人関係に悩んだ高校生の時から、人の顔色を極端に伺うようになりました。相手の表情を読んで、思考をめぐらせて、自分はどのような行動をとるか考える―これらを日常的に繰り返すことに、疲弊してしまいます。 ここでは、彼らがどんな人なのか。どんな表情をしているのか。どれが目で、どれが鼻か。あるいは、人の顔に見えなくとも。相手に対して、何を考えても構いません。 あなたなら、彼らからどんな感情を読み取るでしょうか。どんな顔をした人に見えるでしょうか。 どこかで、あなたが会った人? もしくは・・・

Posted in art | 1 Comment

上村松園

Posted in art | 2 Comments

Imān Maleki

Posted in art, knowledge | 3 Comments

辛美沙

日本のアートが勝てないのは作品に言説がないことも一因です。もともとアートとは西洋美術のことであり、アートという概念をもたない東洋人はただ輸入し見よう見まねで油絵を描くしかなく、いわゆる言葉で表現するものがないのです。

Posted in art | 2 Comments

飯島洋一

何よりも重要なのは、建築はそれを使う人たちのためのものだという当たり前の事実である。だからお金を出す人よりもそれを実際に使う人の意見を素直に聞くのが、本来の建築家の正しい在り方である。この当たり前の仕事が、本質的に全ての建築家に使命として求められている。その意味で建築家とは芸術家ではなく、あくまでも設計技術者であるべきである。

Posted in art | 4 Comments

山本容子

美術評論家とか専門畑の人たちに褒められたり、あるいはどこかのコンクールで賞をもらって美術界に認められて初めて世に出られる、そういう考え方があります。でもそうすると選ぶ人が一番偉くて、アーティストはその次になってしまう。私は「それしかないの? そういう関係は私には向かない」と思いました。そこで考えてみた。私の絵を好きな人がどのくらいいるだろうか。ピカソだってべつにピカソが偉いから好きになるわけではなくて、たまたま見た彼の絵が好きになったからですよね。一般の人たちにとって、美術はわかるとかわからないではなくて、まずは好き嫌いの問題です。そういう人たちに私の絵をじかに見てもらって、好きになっていただけたらエールを送ってもらおうと思いました。そういうやり方の方が私らしいと思いました。

Posted in art | 2 Comments

Monroe Beardsley

I say that an artwork is either an arrangement of conditions intended to be capable of affording an experience with marked aesthetic character or (incidentally) an arrangement belonging to a class or type of arrangements that is typically intended to have this capacity.

Posted in art | 2 Comments

Vandy Rattana

Posted in art | 1 Comment

飛騨春慶

Posted in art | 1 Comment

Thomas Prescher

Posted in art | 2 Comments

重森三玲

Posted in art | 1 Comment

東福寺

Posted in art | 6 Comments

長谷川潾二郎

Posted in art | 3 Comments

Société Populaire des Beaux Arts

Posted in art | 1 Comment

坂上桂子

マネ以来、印象派、ポスト印象派へつながる 19 世紀後半の画家たちはボードレールの主張する「モデルニテ modernité(現代性)」を、つまり自身が生きる「現代生活」の表現を自分たちの芸術の課題とした。スーラは短い生涯において、ひたすら点描を探求し続け、点描を通してこれを表現しようとしたといえる。スーラが点描の中に探求したモデルニテとは何だったのか。

Posted in art | 1 Comment

湯村光

Posted in art | 2 Comments

Frida Kahlo

Posted in art | 1 Comment

Alexandre Cabanel

Posted in art | 2 Comments

飛騨産業

Posted in art | 1 Comment

カゴアミドリ

Posted in art | 2 Comments

Milo Manara

Posted in art | 4 Comments

長谷製陶

遠赤外線効果の高い釉薬を使用しているのでお米の芯まで熱が通り、火加減なしでふっくらしたご飯が炊き上がります。肉厚成形なので熱をしっかり蓄えて、火を切ってからも沸騰しながら蒸らし続け、保温性にも優れています。二重蓋なので、圧力釜の機能を果たし、吹きこぼれも防ぎます。 多孔質の粗土のため、木のおひつと同じように呼吸をし、ご飯がべとつかず冷めてもおいしくいただけます。 炊き込みご飯や玄米もおいしく炊けます。

Posted in art | 2 Comments

五島美術館

古伊賀水指 銘 破袋   伊賀焼は、桃山時代を代表するやきもののひとつ。今の三重県伊賀市で焼かれた釉薬を掛けない焼き締め陶器。本品は、左右に長方形の耳がつき、正面には焼成中の灰がとけた自然の釉薬である若草色のビードロ釉が厚く掛かる。背面は赤く焼き締まり、器全体に窯の中の灰や土が付着する。焼成時に、焼台に底がめり込むようにへたったため、底部には焼台の痕が残る。歪みが強く大きく割れた姿は、桃山時代の武将茶人古田織部(ふるたおりべ 1543~1615)が添えた「今後これほどのものはないと思う」という内容の手紙(関東大震災で焼失)通りのたぐいまれな存在感で圧倒する。籠形(かごがた)水指と呼ばれた独特の姿は、桃山時代の茶人の好みを反映したものだろう。伊賀藤堂家伝来の名品。

Posted in art | 2 Comments

Michael Delahunt

Examples of art world -isms of the first kind — doctrines, theories, systems of principles: Abstract Expressionism;   aestheticism;   classicism and Neoclassicism;   Cubism or cubism, Orphism,;   deformalism;   existentialism;   expressionism and Expressionism;   formalism;   Futurism;   humanism;   Impressionism (including French, American, and variants of other regions — thus "American Impressionism"), Neo-Impressionism, and Post-Impressionism;   Luminism;   Mannerism;   Minimalism and Post-Minimalism;   Modernism, modernism and postmodernism;   multiculturalism;   Naturalism, naturalism;   Realism, realism, photorealism, social realism, and socialist realism;   Romanticism;   structuralism and post-structuralism;   Surrealism. Examples of isms of the second kind — signifying an attitude strongly in favor of or … Continue reading

Posted in art | 1 Comment

田部光子

Posted in art | 1 Comment

Tony McNicol

春画はポルノにあらず As the exhibition’s curator Tim Clark puts it: “I think people are surprised by the combination of the sexually explicit artworks and their beauty and humor—and ultimately the humanity coming through.”

Posted in art | 3 Comments