Category Archives: fake

Google

If you are looking for facts in Google Search (maybe to make sure it’s not fake), you will now regularly see information from sites like PolitiFact or Snopes that will prominently appear on the page. Google will present a link to those sites’ fact checks, together with a bit of additional information about the claim and, of course, whether this organization rated it as true or false (or somewhere in the middle).

Posted in fake | 1 Comment

正村俊之

そのことを端的に物語っているのが、生産から金融へのパワー・シフトである。研究開発→生産→販売という生産の論理に依拠して利潤を得るには時間がかかるが、金融取引に基づく利潤は、時々刻々と変化する為替・金利・株価の変動から生ずる。新自由主義政策の一環として行われた金融の自由化は、金融の力を増大させると同時に、短期的合理性の追求を促進することにもなった。 バブル崩壊後の日本を見ていて時々思い起こす言葉がある。それは、ルーマンが社会を分析する際に使った「ありそうもなさ(Unwahrscheinlichkeit)」という言葉である。この言葉は、社会が成立することは、本当はありそうもないことであり、そのありそうもないことが現に起こっていることを示している。

Posted in fake | 1 Comment

Jason Burke

Census reveals that 17% of the world is Indian

Posted in fake | 1 Comment

World Population Review

China, officially the People’s Republic of China, is comfortably the largest country in the world today. In January 2013, the Chinese Government released data confirming that the population of China was an impressive 1,354,040,000, although this does not include Taiwan, Hong Kong and Macau. As of September 2013, that number had grown even further to 1,360,720,000. The current 2015 estimate based on United Nations projections, is just over 1.4 billion. To understand China’s population and demographics, it helps to understand its government a bit. The People’s Republic of China (PRC) is governed by the Communist Party with its seat of government in Beijing, which exercises jurisdiction over 5 autonomous regions, … Continue reading

Posted in fake | 1 Comment

名無しさん@おーぷん

【水俣病】 1970年 政府:「有機水銀はただちに健康に影響は無い」  ↓ 2004年 政府:「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」 【アスベスト問題】 1980年 政府:「アスベストはただちに健康に影響は無い」  ↓ 2005年 政府:「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」 【薬害エイズ事件】 1985年 政府:「非加熱製剤はただちに健康に影響は無い」  ↓ 2002年 政府:「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」 【福島第一原発事故】 2011年 政府:「放射性物質はただちに健康に影響は無い」  ↓ 2013年 政府:「今までも現在も将来も健康に全く問題は無い」  ↓ 20XX年 政府:「メンゴメンゴ・・・」

Posted in fake | 1 Comment

全日本交通安全協会

安全運転自己診断の質問 答え 実際 後ろからクラクションを鳴らされると腹が立つ。 いいえ はい 渋滞時に、横から割り込まれると損した気分になる いいえ はい 割り込みされそうなときは、車間距離をつめる。 いいえ はい 歩行者が道路をゆっくり横断しているとイライラする。 いいえ はい 歩行者や自転車に、自分のペースを乱されるのはいやだ。 いいえ はい 何度も信号で止められると、とてもいやな感じがする。 いいえ はい 夜、歩行者や自転車にハッとすることがある。 いいえ はい カーブでもスピードを落とさずに走れる。 いいえ はい 体調を整えてから運転する。 はい いいえ 夜間や悪天候のときは、運転しないようにする。 はい いいえ 長距離の運転をひかえる。 はい いいえ

Posted in fake | 2 Comments

Tattyoo

Tattyoo produces luxurious temporary and fake tattoos for adults and kids, designed by renowned artists and emerging talents. Our highly emotive range appeals to both parents and children alike, offering unique and iconic designs which are constantly contributing to our fans’ ever-growing collections. Be assured that we are committed to excellence and are passionate about developing products which will continue to excite. Our tattoos are designed with love in Switzerland and printed with the highest security standards in the USA.

Posted in fake | 2 Comments

Sarah Anne Hughes

‘Obama Fried Chicken’ restaurant spotted in Beijing; KFC considering legal action A sign in front of the eatery displays a picture of President Obama wearing a Colonel Sanders-style bowtie and suspenders and a tag­line that reads, “We so cool, aren’t we?”

Posted in fake | 2 Comments

橳島次郎

たとえば、生命科学の世紀を拓いた最も偉大な発見の一つ、DNA の分子構造を解明したジェームズ・ワトソンは、共同研究者クリックとともに、競争相手の他の研究者のデータをこっそり見てまでも、自分たちが知りたいことを知ろうとする。そうした研究姿勢に、生化学者江上不二夫は違和感を表しつつも、日本の科学が一流になるためには、そういう科学者が出なければならないと認めている(ワトソン『二重らせん』とその訳者あとがき)。

Posted in fake | 4 Comments

Peter Schulze, Jack Mealy

Figure 1. Deevey’s graph of the rise of global population first appeared in a 1960 article in Scientific American. According to his analysis, human numbers rose notably at three times in the past, corresponding to the advent of toolmaking, of agriculture and of industry, but this appearance is an artifact of the graph. The extent to which human beings affect the environment depends, in large measure, on the number of people in the world. Despite the paramount significance of this statistic, many students, environmental analysts and even policymakers have a distorted understanding of the history of population growth. The confusion stems from a single misleading graph that often appears in … Continue reading

Posted in fake | 2 Comments

Lars

Synthetic and artificial gemstones are the alternatives to natural diamonds or gemstones. Your preference between natural or manmade is a personal choice. You may wonder what experts mean when they discuss artificial versus synthetic stones? In basic terms, an artificial gemstone is made in a laboratory and is made to look like a natural gemstone, but does not have the same chemical, physical or optical properties. A synthetic stone on the other hand, is made in a laboratory using the same chemical composition as naturally occurring stones. However, as their formation is accelerated under artificial conditions they do not always have the same optical properties as their natural counterparts. Cubic … Continue reading

Posted in fake | 3 Comments

A Nigerian doctor

This is absolute quackery. All he did was just glance at the patient and then made a diagnosis and prescribed medications … To take all barrage of medications for this patient with malaria and typhoid. This is wrong, this is all wrong. These drugs are poison. They cause real damage.

Posted in fake | 1 Comment

Board of Wisdom

Psychologists say: If a person laughs too much, even at stupid things, he is lonely deep inside.. If a person sleeps a lot, he is sad.. If a person speaks less, but speaks fast, he keeps secrets.. If someone can’t cry, he is weak.. If someone eats in an abnormal manner, he is tense.. If someone cries on little things, he is innocent and soft-hearted.. If someone becomes angry over silly or petty (small) things, it means he needs love…

Posted in fake | 1 Comment

Mad Affiliator

Mad Affiliator は、CSVファイルを読み込んで、一瞬でそのデータ量に応じたページのサイトを、自動で生成してしまうというスグレモノ。100、200ページというレベルではない。CSVファイルさえあれば、10,000、20,000ページという量でも、一瞬で生成可能なのだ。 例えば、全国の美容室のデータベースを手に入れるとする。これをサーバーにアップするや一瞬で、全国美容室マップなるサイトを構築する。一晩もかからない。わずか数分の世界だ。 例えば、北海道の病院、クリニックに関するデータ(名称、住所、電話番号、ウエブサイトURLなど)を自分でエクセルで作成する。これをサーバーにアップし、一瞬でウエブサイト化できたらどうか?一定量の文章を追加すれば、当然これはAdSenseを表示しうるサイトとなる。200ページ。データの作成時間を別にすれば、ウエブサイトの作成時間は3分とかからない。 例えば、ASPが公開する膨大な商品別のアフィリエイトコード。1000も2000もある商品を1ページ1ページ手打ちするなんてのは、金儲けではなく、持久力と忍耐が勝負の指の運動だ。しかも作ったところで、ロボットにクロールされ、検索エンジンにインデックスされる保証はどこにもない。 そういう世界に僕らは生きている。だから要求されるのはスピード。作っては稼ぎ、翌日には捨て去るくらいのスピードが必要なのだ。Mad Affiliator を使えば、量産の悩みは一瞬で解決する。

Posted in fake | 2 Comments

架空紙幣製作所

Posted in fake | 2 Comments

Wiley Brooks

This water originates and flows from the legendary Fountain of Youth and Immortality in the “Garden Of Eden” in the Kingdom of Love and Wisdom, which is in the 5th Dimensional Earth/Worlds located at the end of the “Yellow Brick Road”. The cost is $10.000.00 for 32 OZ Bottle. Shipping and handling included. This product works best with the “5 magic words” diet and meditation system.

Posted in fake | 2 Comments

軽井沢高原教会

恋をしていない時間も、大切にしてください。 そっと、大切な人を想う時間です。 想いがつながる、静かな夜があります。 あなたの思い描く力で、その恋は未来へと向かいます。 ひとを想う、不思議なちから。その先に、「あなた」がいます。 あなたはただ、あなたでいれば、それでいい。 ちいさな想いから生まれる、ちいさな幸せ。

Posted in fake | 3 Comments

NHK, 新潮社, 文藝春秋

魂の旋律 ~音を失った作曲家~ NHKスペシャル 2013年3月31日 NHKスペシャルでは、去年3月31日、「魂の旋律~音を失った作曲家~」と題し、佐村河内守氏を紹介いたしました。 。。。 NHKは、放送当時、本人が作曲していないことに気づくことができませんでした。視聴者の皆様や、番組の取材で協力していた方々などに、深くお詫び申し上げます。 「全聾の天才作曲家」佐村河内守は本物か by 野口剛夫 新潮45eBooklet (新潮45の2013年11月号の記事を編集し、電子書籍として発売) 2014年01月24日 『NHKスペシャル』で取り上げられて以来、佐村河内守の名声と人気はいや増すばかりの天井知らずである。本稿では、テレビ出演以来くすぶる「本当に氏は全聾なのか?」は棚上げするにせよ、音楽自体にマスコミが絶賛するような価値があるのか否かを考えてみた。心ある音楽ファンなら誰もが溜飲の下がるしごく真っ当な批判であろうと自負している。 全聾の作曲家佐村河内守はペテン師だった! by 神山典士+本誌取材班 週刊文春 2014年2月6日 髙橋大輔「ソチ五輪」使用曲も NHKスペシャルが大絶賛「現代のベートーベン」 全聾の作曲家佐村河内守はペテン師だった! ゴーストライター懺悔実名告白「私は18年間、彼と普通に会話していました。彼の指示で『交響曲第一番HIROSHIMA』を作曲、大震災の被災地のための『レクイエム』も作りました」 2014年2月5日 佐村河内守は『交響曲第1番《HIROSHIMA》』や『ヴァイオリンのためのソナチネ』などの主要な楽曲が、別の作曲家によって作られたものだと代理人の弁護士を通じて明かした。   2014年2月6日 新垣隆が記者会見を開き、佐村河内守のゴーストライターを18年間務めていたことを明らかにした。

Posted in fake | 1 Comment

FuRyu

Posted in fake | 3 Comments

南坊宗啓

紹鴎、わび茶の湯の心は、新古今集の中、定家朝臣の歌に 見わたせば花も紅葉もなかりけり浦のとまやの秋の夕ぐれ この歌の心にてこそあれと申されしとなり。花紅葉は即書院台子の結構にたとへたり。その花もみじをつくずくとながめ来りて見れば、無一物の境界、浦のとまやなり。花紅葉をしらぬ人の、初よりとま屋にはすまれぬぞ。ながめながめてこそ、とまやのさびすましたる所は見立たれ。これ茶の本心なりといはれしなり。また宗易、今一首見出したりとて、常に二首を書付、信ぜられしなり。同集、家隆の歌に 花をのみ待らん人に山ざとの雪間の草の春を見せばや これまた相加へて得心すべし。世上の人々そこの山かしこの森の花が、いついつさくべきかと、あけ暮外にもとめて、かの花紅葉も我心にある事をしらず。只目に見ゆる色ばかりを楽むなり。山里は浦のとまやも同前のさびた住居なり。去年一とせの花も紅葉も、ことごとく雪が埋み尽して、何もなき山里に成て、さびすましたまでは浦のとまや同意なり。さてまたかの無一物の所より、をのずから感をもよほすやうなる所作が、天然とはずれはずれにあるは、うずみ尽したる雪の、春に成て陽気をむかへ、雪間のところどころに、いかにも青やかなる草が、ほつほつと二葉三葉もへ出たるごとく、力を加へずに真なる所のある道理にとられしなり。歌道の心は子細もあるべけれども、この両首は紹鴎、利休茶の道にとり用ひらるる心入を聞覚候てしるしをく事なり。かやうに道に心ざしふかくさまざまの上にて得道ありし事、愚僧等が及ぶべきにあらず。まことに尊ぶべくありがたき道人、茶の道かとをもへば、即、祖師仏の悟道なり。殊勝々々。

Posted in fake | 2 Comments

Вадим Замировский, Анастасия Лукьянова

Posted in fake | 3 Comments

田中宇, 日丸屋秀和

独裁と混乱が続いたエジプトが、米国の傘下を離れ、ロシア外相が訪問したとたん、安定化に向けて動き出した。パレスチナ和平も、米国が何十年も仲介してうまくいかなかったが、フランスが仲介しにきたとたん、ネタニヤフがこれまで考えられなかった首脳の相互訪問を提案した。ロシアやフランスが、特に外交上手なわけではない。米国が下手糞すぎた。

Posted in fake | 2 Comments

日本文化いろは事典

本来、「中元」とは7月15日のことで、古く中国では上元(1月15日)、下元(10月15日)と共に重要な祭日でした。これは道教の思想に由来します。この3つの元はそれぞれ3人の天神様の誕生日で、人々はお祝いにお供え物をしました。 一方日本には仏教の「盂蘭盆会」、つまり先祖供養の行事「盆」があります。この盆には、迎え火や盆踊り、送り火などの様々な儀式があり、その内の1つに「盆礼」があります。これは親や親戚、近所の人々の間で霊前に供える品物をやりとりする習慣でした。盆礼は一部の地域では生御霊とも呼ばれ、死者を供養すると共に、生きた魂も供養する考え方の下、物品を取り交わしたようです。 これが中国の中元の供え物と結びつき、現在のように盆の時期に贈り物のやりとりをするようになりました。この慣習は室町時代の公家の間で広まり、江戸時代になると庶民の間でも定着しました。 歳暮は、元来新年に年神へ供える物品を、年の暮れに本家や家元に持っていく行事でした。今でも新巻き鮭や数の子などを贈るのは、年神様に供えるお神酒の酒肴に由来するといわれています。これもお中元同様、江戸期に庶民層に普及したようです。

Posted in fake | 3 Comments

ご贈答マナー

元々は日本古来の行事である御魂(霊)祭り(1年を2回に分けて先祖の霊を迎えてお供え物をして祀った)が起源で、分家から本家に・嫁ぎ先から実家に・使用人から雇い主などへお供え物が贈り届けられたことに発祥します。 当時は正月を前にして、年の瀬を無事に越し新しい年を迎えるにあたっての必需品として、お酒・お餅・干し魚・数の子・スルメ・昆布・塩鮭などの日持ち食品が贈られていたようです。 現在では、贈られる品物も随分と豊富になりましたが、実家や日頃お世話になっている方々へ一年間の感謝を込めてお礼の気持ちが贈られています。

Posted in fake | 4 Comments

NHK放送文化研究所

Posted in fake | 2 Comments

と学会

日本トンデモ本大賞 トンデモ本大賞 ベスト・オブ・ベスト(2011年選定) 副島隆彦「人類の月面着陸は無かったろう論」 第21回(2012年) 泉パウロ「本当かデマか3・11[人工地震説の根拠]衝撃検証」 第20回(2011年) 大川隆法「宇宙人との対話」 第19回(2010年) 杉山徹宗「平和宇宙戦艦が世界を変える」 第18回(2009年) 船瀬俊介「新・知ってはいけない!?」」 第17回(2008年) ウォレス・ワトルズ「富を『引き寄せる』科学的法則」 第16回(2007年) 枡谷猛「人類の黙示録」 第15回(2006年) 前田文彬「量子ファイナンス工学入門」 第14回(2005年) 副島隆彦「人類の月面着陸は無かったろう論」 第13回(2004年) 塩瀬中乗「ガチンコ神霊交友録」 第12回(2003年) 村津和正「歯は中枢だった」 第11回(2002年) 天野仁「忍者のラビリンス」 第10回(2001年) 渓由葵夫「奇想天外SF兵器」 第9回(2000年) 山下弘道「大地からの最終警告」 第8回(1999年) 阿修羅王「異次元の扉」 第7回(1998年) シャーマン武田「想造結果」 第6回(1997年) 松平龍樹「発情期 ブルマ検査」 第5回(1996年) 武田了円「世界の支配者は本当にユダヤか」 第4回(1995年) ヤミリ・キリー「アトランティスのミンダ王女500機のUFO従え「生命の樹」へ」 第3回(1994年) 小石泉「悪魔最後の陰謀」 第2回(1993年) 三上晃「植物は警告する」 第1回(1992年) 川尻徹「ノストラダムス複合解釈」「ノストラダムス戦争黙示」

Posted in fake | 2 Comments

Interbrand

Apple, Google, Coca-Cola, IBM, Microsoft, GE, McDonald’s, Samsung, Intel, Toyota, Mercedes-Benz, BMW, Cisco, Disney, HP, Gillette, Louis Vuitton, Oracle, Amazon, Honda, H&M, Pepsi, American Express, Nike, SAP, IKEA, UPS, eBay, Pampers, Kellogg’s, Budweiser, HSBC, J.P. Morgan, Volkswagen, Canon, Zara, Nescafé, Gucci, L’Oréal, Philips, Accenture, Ford, Hyundai, Goldman Sachs, Siemens, Sony, Thomson Reuters, Citi, Danone, Colgate, Audi, Facebook, Heinz, Hermès, adidas, Nestlé, Nokia, Caterpillar, AXA, Cartier, Dell, Xerox, Allianz, Porsche, Nissan, KFC, Nintendo, Panasonic, Sprite, Discovery, Morgan Stanley, Prada, Shell, Visa, Tiffany & Co., 3M, Burberry, MTV, Adobe, John Deere, Johnson & Johnson, Johnnie Walker, Kia, Santander, Duracell, Jack Daniel’s, Avon, Ralph Lauren, Chevrolet, Kleenex, Starbucks, Heineken, Corona, Pizza Hut, Smirnoff, … Continue reading

Posted in fake | 1 Comment

日経新聞

三菱UFJフィナンシャル・グループなど3メガ銀行が国債の保有残高を大幅に減らしたことがわかった。6月末の残高は合計で約90兆円と3月末から2割圧縮した。大規模な金融緩和を進める日銀の国債買い入れに積極的に応じたことが背景にある。3メガ銀とも2013年4~6月期は増益になったが、国内融資による収益回復は鈍い。 三菱UFJは4~6月に国債の保有額を約8兆円削減。三井住友フィナンシャルグループは6兆円以上、みずほフィナンシャルグループも5兆円規模で圧縮した。4月初旬までは市場で売却する動きも目立ったが、同月4日の「量的・質的金融緩和」以降は日銀が国債買い入れを強化したのに応じて残高を減らした。 3社合計の国債残高はリーマン・ショック後に急増。収益の国債依存度は高く、13年3月期は連結最終利益の合計2.2兆円に対し、国債売買益が3割強を占めた。 各行は国債残高を減らしながら償還までの平均残存年数を短くしており、利回りを確保しにくくなっている。このため「国債頼みの収益構造は限界」との声もある。 国債残高を減らした分の資金の大半は日銀の当座預金に振り替わっており、外国債券や株式への資産シフトは進んでいない。国内融資は昨年後半から増加基調にあるが、国債の減少分を穴埋めするほど資金需要の裾野は広がっていない。

Posted in fake | 2 Comments

Marco Di Lauro

An Iraqi child jumps over a line of remains in a school where bodies had been brought from a mass grave discovered in the desert in the outskirts of Al Musayyib, 50 km south of Baghdad, May 27, 2003 in Iraq. People had been searching for days for identity cards or other clues among the skeletons to try to find the remains of family members, including children, from the grave that locals say contained the remains of hundreds of Shi’ite Muslims executed by Saddam Hussein’s regime after their uprising following the 1991 Gulf War. (Photo by Marco Di Lauro/Getty Images) (The BBC is facing criticism after it accidentally used a … Continue reading

Posted in fake | 4 Comments

Darrell Huff

The secret language of statistics, so appealing in a fact-minded culture, is employed to sensationalize, inflate, confuse, and oversimplify. Statistical methods and statistical terms are necessary in reporting the mass data of social and economic trends, business conditions, “opinion” polls, the census. But without writers who use the words with honesty and understanding and readers who know what they mean, the result can only be semantic nonsense.

Posted in fake | 1 Comment

Mel Calman

Posted in fake | Leave a comment

Samuel Johnson

Round numbers are always false. Men more frequently require to be reminded than informed. To a poet nothing can be useless.

Posted in fake | Leave a comment

Benjamin Disraeli, Mark Twain

There are three kinds of lies: lies, damned lies, and statistics.

Posted in fake | 1 Comment

Kenneth K. Carroll

Posted in fake | 2 Comments

William C. Burns

My favorite example is to do the following: 1. Get data on all the fires in San Francisco for the last ten years. 2. Correlate the number of fire engines at each fire and the damages in dollars at each fire. Note the significant relationship between number of fire engines and the amount of damage. Conclude that fire engines cause the damage. The reason that I like this example is that the conclusion is so absurd. Anyone will quickly recognize that both variables result from and are correlated with the overall size of the fire. However, many spurious correlations do not seem absurd and some seem compelling.

Posted in fake | 3 Comments

R. Burke Johnson

Examples of Spurious Relationships Observed Spurious Relationship Reason for the Relationship (the Third Variable) Amount of ice cream sold and deaths by drownings (Moore, 1993) Season: Ice cream sales and drownings tend to be high during the warm months of the year. Size of left hand and size of right hand Genetics: The size of both hands is due to genetic makeup. Height of sons and height of daughters (Davis, 1985) Genetics: Heights of sons and daughters are both due their parents’ genetic makeup. Ministers’ salaries and price of vodka Area (i.e., urban or rural): In urban areas, prices and salaries tend to be higher. Shoe size and reading performance … Continue reading

Posted in fake | 1 Comment

Redtram

Posted in fake | 2 Comments

Confucius (misattributed)

The hardest thing of all is to find a black cat in a dark room, especially if there is no cat. If there is no cat, how can you find a black cat?

Posted in fake | 1 Comment

HVCULTURE

The Observer Effect, you learned it in science class: the act of observation itself will change the phenomenon being observed. That’s never been more obvious than with what Google Street View cars find these days. At first the Google cars caught some real, debaucherous moments, stuff you weren’t supposed to see. Now, when people see a Street View car coming, they know it, and they prepare for the lulz. Case in point, this sexy-time couple in Australia, who must have seen the car coming on Dukes Highway, sped in front and got into position. This public display is actually on the Google map, but that doesn’t mean the P went … Continue reading

Posted in fake | 1 Comment

Investopedia

Definition of ‘Greater Fool Theory‘ A theory that states it is possible to make money by buying securities, whether overvalued or not, and later selling them at a profit because there will always be someone (a bigger or greater fool) who is willing to pay the higher price. Investopedia explains ‘Greater Fool Theory‘ When acting in accordance with the greater fool theory, an investor buys questionable securities without any regard to their quality, but with the hope of quickly selling them off to another investor (the greater fool), who might also be hoping to flip them quickly. Unfortunately, speculative bubbles always burst eventually, leading to a rapid depreciation in share … Continue reading

Posted in fake | 1 Comment

YouTube

Posted in fake | 1 Comment

Alan Taylor

While researching a photo entry about North Korea’s recent threats of war, I discovered an image released by North Korea’s official Korean Central News Agency (KCNA) that appears to have been digitally manipulated — at least two, possibly three hovercraft appear to have been pasted into the scene of a military exercise, reportedly taking place on North Korea’s east coast on March 25, 2013. Two hovercraft crashing through the surf, nearest to the photographer, appear to be just a single hovercraft, with a digital twin copied and pasted nearby. Two of the more distant craft appear to be digital twins as well. A third vehicle in the scene has some … Continue reading

Posted in fake | 3 Comments

安倍晋三

日米同盟の信頼、強い絆は完全に復活したと自信をもって宣言したい。

Posted in fake | 2 Comments

The Conference Board

The Conference Board Consumer Confidence Index, which had declined in January, rebounded in February. The Index now stands at 69.6 (1985=100), up from 58.4 in January. Consumers’ assessment of present day conditions improved in February. Those claiming business conditions are “good” rose to 18.1 percent from 16.1 percent, while those stating business conditions are “bad” decreased to 27.8 percent from 28.4 percent. Consumers’ appraisal of the labor market was mixed. Those saying jobs are “plentiful” increased to 10.5 percent from 8.5 percent, while those claiming jobs are “hard to get” edged up to 37.0 percent from 36.6 percent. Consumers were more optimistic about the short-term outlook this month. Those expecting … Continue reading

Posted in fake | 1 Comment

Le Nouvel Observateur

Jour après jour, au rythme des tests ADN réalisés par les Européens, le scandale de la viande de cheval dans des plats censés être préparés à base de boeuf s’étend à de nouveaux pays. En Europe surtout, mais également dans le reste du monde.

Posted in fake | 1 Comment

神武天皇、明治天皇

綏靖天皇のなかの神武天皇の血は 1/2 安寧天皇のなかの神武天皇の血は 1/4 懿徳天皇のなかの神武天皇の血は 1/8 孝昭天皇のなかの神武天皇の血は 1/16 孝安天皇のなかの神武天皇の血は 1/32 明治天皇のなかの神武天皇の血は 1/4,722,366,482,869,650,000,000 (47垓2236京6483兆分の1) それにしては、よく似ている。

Posted in fake | 3 Comments

FeelingProsperous

“Don’t waste your time or money on any of these sites. Do the work yourself. Some of the people on this site try to act like they are giving you advise about other writers just to suck you in and defraud you of your money. Take the time and do the work. There are probably some honest writers that you can find locally, where you can meet them face to face.” After the above text, FeelingProsperous continued: “If you are legitimate and want to know more about how I was just ripped off this week, let me know. Email me and we’ll exchange contact info. I’ll give you all the … Continue reading

Posted in fake | 1 Comment

pheelyks

http://essaysorigin.com/ lists 5 best essays writting companies as the following: Essays Council Best Research Paper Essay Services Dissertation Capital UK Essays pheelyks: essayorigin.com is owned by the same company that owns all of the sites listed. There is no “best of” or “top five” list of sites for this industry, and any site claiming to have received a top ranking from some independent body is lying. This is just one more way the fraudsters are trying to trick you in to paying for their crap.

Posted in fake, information | 1 Comment

GordonStone

“… we cannot predict which is best and which fraud is. There are many essays writing companies are online. Most of them are fraud and they cheated many students. I have googled by using keyword “Essay writing services” and listed many results. And found bestessays.com also showing up first page of Google. I was wondered… . You know bestessays.com claims that they are from US. But actually they located in Ukraine. The companies like bestessays.com, essayontime.com, superiorpapers.com, uk.bestessays.com, a-writer.com and essaymill.com also owned by single person. The each website showing up that they have years of experiences and owned by different persons, different locations etc. Then how students can realize … Continue reading

Posted in fake | 2 Comments

田母神俊雄

菅政府では、また昨日文部科学大臣が、小学生など学童が浴びても良い年間累積放射線量を1ミリシーベルト以下に決めたそうだ。これは全日本国民が年中浴びている自然放射線以下である。馬鹿げたことを決めて、生活や教育を不便にしているだけである。低線量率放射線療法を実践している東大の稲恭宏医学博士から聞いた。毎時100マイクロシーベルト、即ち年間876ミリシーベルト以下の放射線なら24時間、365日継続的に浴び続けていても人体にとって悪いことなど一つもないそうだ。稲博士は従来治りにくかったリュウマチなども、ガンの治療に使われる高線量率放射線とは別物の低線量率放射線を当てることによって治ることも多いと言っている。 私はブログやツイッター、講演などで、現在の福島原発周辺の状況は放射能的には「危険ではないのでは?」という持論を言い続けている。 私は私の思いつきで言っているわけではない。私は東京大学の稲恭宏博士や札幌医科大学の高田純博士などから、いろいろと教えていただきながら発言をしている。

Posted in fake | 2 Comments

大阪維新の会

平成8年から平成18年の10年で、大阪府総生産は、2.41兆円減少している。 大阪府民の一人当たりの所得は、357万円から308万円へ約49万円減少している。 大阪市民の一人当たりの所得は、412万円から344万円へ約68万円減少している。 東京都民の一人当たりの所得は、427万円から482万円へ約55万円増加している。 大阪市民と東京都民の所得の差は、約15万円から約140万円へと拡がってしまった。 大阪では、優秀な人材の流入や将来性のある企業立地を促すこともできず、企業流出に歯止めをかけることもできなかった。その結果、多くの生活指標が悪化し(全国最高の生活保護率、低い消費支出、高い完全失業率等)、貧困家庭の子弟が十分な教育を受けられず、そのため世代を超えて貧困から抜け出せない、いわゆる貧困の再生産という最悪の事態が進行している。 大阪は一地域でありながらアジアや中東の中規模国家、例えば台湾やサウジアラビア並みのGDPを擁している(府内GDPは約38兆円)。 環境、エネルギー、エレクトロニクス等の分野では世界をリードする技術を誇り、産業基盤も充実している。これからの日本経済を牽引できる潜在可能性は十分ある。 いまこそ、地域が自らの発展を戦略的に目指すことのできる枠組みを構築する必要がある。

Posted in fake | 1 Comment

Riley Woodford

Lemmings do not commit mass suicide. It’s a myth, but it’s remarkable how many people believe it. It’s a complete urban legend. It blew out of proportion based on a Disney documentary in the ’50s, and that brought it to the mainstream. In 1958 Walt Disney produced “White Wilderness,” part of the studio’s “True Life Adventure” series. “White Wilderness” featured a segment on lemmings, detailing their strange compulsion to commit mass suicide. According to a 1983 investigation by Canadian Broadcasting Corporation producer Brian Vallee, the lemming scenes were faked. The lemmings supposedly committing mass suicide by leaping into the ocean were actually thrown off a cliff by the Disney filmmakers. … Continue reading

Posted in fake | 2 Comments

Josef Gotlib

Я готов утверждать, что “интервью” Григрия Перельмна, опубликованное в КП – не настоящее. В нем слишком много нестыковок, противоречий и глупостей. Я не знаю, выдумано ли оно автором заметки, человеком, который сдал его автору или человеком, который представлялся Перельманом. Мне непонятно, как такое могло появиться в одной из самых массовых газет без надлежащей верификации, и как его без сомнений перепечатали и использовали други СМИ, не задав вопросов. Часть важных нестыковок указана Машей Гессен в “Снобе”, за что ей спасибо. Мы исходим из того, что Перельман очень хороший математик и, как следствие, обладает четкостью формулировок и пониманием своей науки. …

Posted in fake | 2 Comments

Wikipedia

Buyer purchased a credit default swap (CDS) at time t0 and makes regular premium payments at times t1, t2, t3, and t4. If the associated credit instrument suffers no credit event, then the buyer continues paying premiums at t5, t6 and so on until the end of the contract at time tn. However, if the associated credit instrument suffered a credit event at t5, then the seller pays the buyer for the loss, and the buyer would cease paying premiums to the seller.

Posted in fake | 2 Comments

Jean-Jacques Rousseau

S’ils n’ont pas de pain, qu’ils mangent de la brioche !

Posted in fake | 1 Comment

>東谷

>

Posted in fake | Leave a comment

>Laney Salisbury, Aly Sujo

>

Posted in fake | Leave a comment

>Laney Salisbury, Aly Sujo

>The grand moment of the reception finally arrived. Two Tate conservators wearing white gloves came in carrying a pair of five-foot-tall paintings jointly titled Spring Woodland. The works were beautifully composed, semiabstract figures resembling birds and vegetation, set against an electric-blue background. Conversation stopped as everyone at the table acknowledged the gifts. There was a moment of respectful silence. “Ahh, the Bissières, how lovely,” someone said, in a voice barely above a whisper. Myatt was stunned. He had painted the two “Bissières” himself just two weeks before.

Posted in fake | Leave a comment

>Wikipedia

> 金を生むという意味から転じて、安い元手から高額の利益(この時点では金の意味はgoldからmoneyに転じている)を生むようなビジネスモデル・投資や、資金洗浄に利権を指して「錬金術」と称する場合がある。同時に、その考案者や運用者を「錬金術師」と表現することもある。 これは、卑金属を貴金属へ変えることを例えたことから来たもので、その方法の成果から脚光を浴びているような、新しい利益を持つビジネスモデル・投資など経済活動の紹介として肯定的に使われている一方で、「あやしげ」「いかがわしい」といった詐欺や悪徳商法を意味する否定的表現としても使われている。 政治家の関連企業が二束三文の土地を買い占めた直後、公共工事が決まって地価が高騰し、巨額の利益を得た事例。こうした手法も「錬金術」と称されることがある。 原子力は「現代の錬金術」と表現されることもある。 高度な数理的手法を用いて莫大な利益を生み出す金融工学も、前述の否定的な意味を含めて「現代の錬金術」と表現されることがある。 インターネットは「ビジネスチャンスを生む現代の錬金術」と言われることもある。 驚異的なパフォーマンスをあげる投資家やヘッジファンドを指して錬金術師と呼ぶ。

Posted in fake | Leave a comment

>Dan Rattiner

> It seems that almost every week, you hear about a film or TV show underway in the Hamptons. In recent weeks, we’ve had “Revenge” and “Ringer” on television, and a few months back the romantic comedy film Something Borrowed, and the spy thriller Salt last year, and for the last three years we’ve had many episodes of the TV show “Royal Pains.” You would think you would see film crews just about everywhere, wouldn’t you? But you don’t. The reason? Read the fine print. Practically all of “Royal Pains” is filmed elsewhere, in places that look like the Hamptons, but are not in the Hamptons. They have found a … Continue reading

Posted in fake | 5 Comments

日本ユニセフ協会

2009年度は18,831,496,226円お預かりし、その80.7%がユニセフ本部に拠出され、子どもたちを支援するための活動に充てられました。残りの19.3%を、日本国内での募金活動費、啓発宣伝費、管理費等の事業経費や緊急支援時のための積立金等に充てさせていただきました。 公益財団法人 日本ユニセフ協会役員名簿 (※常勤及び常勤に準ずる者) 評議員 渥美伊都子  公益財団法人渥美国際交流財団理事長、鹿島建設(株)顧問 評議員 佐藤禎一  国際医療福祉大学大学院教授、元文部事務次官 評議員 玉利齋  (財)日本スポーツ健康連盟理事長 評議員 野口昇  公益社団法人日本ユネスコ協会連盟理事長 評議員 橋本宏  公益財団法人日本国際フォーラム監事、元駐オーストリア大使 評議員 服部禮次郎  セイコーホールディングス(株)名誉会長 評議員 古野喜政  大阪ユニセフ協会副会長 評議員 細川佳代子  認定NPO法人‘世界の子どもにワクチンを’日本委員会理事長 会長   赤松良子  元文部大臣、元駐ウルグアイ大使 副会長※ 東郷良尚  前専務理事 専務理事※ 早水研 理事 上村文三  前(社)青少年育成国民会議副会長 理事 小山森也  (株)セコム顧問、元郵政事務次官 理事 島尾忠男  公益財団法人結核予防会評議員会会長・顧問、エイズ予防財団会長、元WHO執行理事 理事 廣野良吉  成蹊大学名誉教授、元国連事務次長補 理事 別所文雄  杏林大学医学部客員教授、元日本小児科学会会長 理事 山本和  国際基督教大学常務理事・理事長代理、元ユニセフ本部財務局長 監事 宮内忍  公認会計士 監事 浅田克己  日本生活協同組合連合会会長 日本ユニセフ協会大使 アグネス・チャン 日本ユニセフ協会大使 日野原重明  

Posted in fake | 1 Comment

>Link-Replicas.net

>

Posted in fake | 2 Comments

>Diamond Nexus Labs

>Below you will see two rings. On the left (from Bluenile.com) is a 1.03carat, D color, IF clarity stone set in a simple 18kt gold solitaire setting. The cost is $24,345. The ring on the right (from Diamond Nexus Labs) is a one carat, D color, IF clarity stone set in a simple 18kt gold solitaire setting. It costs $877. That is a difference of $23,468. Yes, it is a diamond simulant, but what does that mean anyway? Unless you are a scientist, the only real difference between a mined diamond and our made-in-a-laboratory diamond simulant is the chemistry of the stone. Also, and importantly, a created diamond simulant is … Continue reading

Posted in fake | 4 Comments

>Shashank Joshi

>Just as Iraq cast a pall over the idea of intervention, Libya will give a fillip to those who see the campaign as a template that can be applied elsewhere in the Muslim world. But a world in which a small group of former colonial powers can run roughshod over the interests of poorer countries has few takers in the capitals of the rising powers. And their resistance will not remain passive – China, for example, is already well practised at coercive diplomacy. Last year, after a naval spat with Japan, it simply cut off the supply of rare earth metals. The next time that China is unhappy with Nato … Continue reading

Posted in fake | 1 Comment

池田信夫

チェルノブイリ原発事故では、原子炉圧力容器が破壊され、核燃料が上空数十㎞まで噴き上げられた。 だが、今回の事故は、それとはまったく違う。「最悪の事態は防げた」という意味で、よく現場は原発をコントロールしていると言える。 今回は、地震が起こった瞬間に制御棒が入り、連鎖反応が止まった。 ところが、東電の経営陣か技術陣が判断を誤り、初動で冷却をきちんとしなかった判断ミスにより、数か月も収拾のつかない事態に陥った。 今後、検証すればわかると思うが、防げない事故ではなかったはずだ。現在の政府や東電の力不足でこうなってしまった罪は大きいが、人類は原発を安全にコントロールする知恵と技術は本来持っているのである。

Posted in fake | Leave a comment

>堺屋太一

> (モンゴル帝国の財政官)ヤラワチは「自分に通貨の発行権を与えてくれたら、向こう100年間、増税なしで国家運営できるようにしてみせます」と大見得を切り、実際に紙幣を大量に発行した。彼は「おカネは金や銀に換わるから価値があるのではなく、有利子で借りる人がいるから価値がある」と考えた。つまり、おカネの「投資手段としての価値がある」ことに目を向けたわけです。  そこで、ヤラワチは借り手を確保するために今で言うファンドを作り、貿易商人らに事業の運転資金としておカネを貸した。しかし30年後には、運転資金に貸すだけでは借り手が足りず、設備資金としても貸します。さらに、もう30年後には、王侯貴族に大名貸しまで始めた。これは消費者金融ですから、危険です。  はたしてその20年後、モンゴル帝国は内乱が起きて大名貸しが回収不能となり、ファンドは次々に倒産してモンゴルの紙幣は価値を失ってしまうのです。  このヤラワチと同じことをやったのが、レーガン大統領以降のアメリカです。  つまり’80年代から、アメリカはドルをどんどん発行し、中小企業や新興企業に貸した。これがジャンクボンドです。そして、’90年代にはジャンクボンドが行き詰まると新興国に貸した。それも、’97年のアジア通貨危機でダメになり、次にはIT企業の設備投資に融資してITバブルが起きます。これも’01年には崩壊した。こうしていよいよ貸す相手がなくなり、目を付けたのが消費者金融、つまりサブプライムローンです。  問題はここからです。こうしておカネの借り手が行き着くところまで行くと、次なる借り手はどこか。いま、それは国です。  アメリカもイギリスもイタリアも日本も、めちゃくちゃな財政赤字の国です。だから国が借り手になるわけです。では、国の財政再建が実現したらどうなるか。もはやおカネの借り手はなくなり、資金の行き場がなくなります。だから、財政再建を先送りして減税を継続した。これが現在のアメリカです。

Posted in fake | 2 Comments

日本ユニセフ協会

日本ユニセフ協会は、当協会内に「東日本大地震緊急支援実行委員会(仮称)」を設置。当面の支援活動の費用として、当協会が同実行委員会に1億円を準備し、本緊急支援への募金を受け付ける口座を設置しました。こちらでお預かりした募金は、全額、子どもたちを中心とする被災者の方々への支援に活用させていただきます。(なお、当緊急支援に必要な資金を上回るご協力をいただいた場合(被災者の皆さまへの支援が行き届き、ユニセフと日本ユニセフ協会が提供できる内容の支援が被災地では必要ないと判断される場合)、ユニセフが実施する他国・地域での紛争・自然災害などによる緊急・復興支援に活用させていただくことがありますので、ご了承願います。)

Posted in fake | 3 Comments