Category Archives: fact

Addiction Blog

Every racial or ethnic group has specific health concerns which are caused by a combination of genetic, cultural, and environmental factors. For example, some people think that Irish people drink too much as a culture. But American Indians and Alaska Natives statistically suffer disproportionately from substance use disorders compared with other racial groups in the United States. Why is this? And what can be done about it?

Posted in fact | 1 Comment

国立がん研究センター

日本人のためのがん予防法(PDFファイル)

Posted in fact | 4 Comments

Regina Nuzzo

I’m not trying to produce misleading results — but I do have a stake in the outcome. When the data don’t seem to match previous estimates, you think, “oh, boy! Did I make a mistake?” Science is an ongoing race between our inventing ways to fool ourselves, and our inventing ways to avoid fooling ourselves.

Posted in fact | 1 Comment

Monya Baker

More than 70% of researchers have tried and failed to reproduce another scientist’s experiments, and more than half have failed to reproduce their own experiments. Those are some of the telling figures that emerged from Nature’s survey of 1,576 researchers who took a brief online questionnaire on reproducibility in research. The data reveal sometimes-contradictory attitudes towards reproducibility. Although 52% of those surveyed agree that there is a significant ‘crisis’ of reproducibility, less than 31% think that failure to reproduce published results means that the result is probably wrong, and most say that they still trust the published literature.

Posted in fact | 3 Comments

Wikipedia

Posted in fact | 2 Comments

暮しの手帖

Posted in fact | 1 Comment

Oles Yanchuk

This film is my personal contribution to the Ukrainian independence referendum. I wanted people to see what life was like in a colony, the inhabitants of which were mercilessly exploited in the name of a utopian ideology.

Posted in fact | 2 Comments

福江空港

Posted in fact | 2 Comments

Windturner

Now here’s my dilemma. The more I save, the more economically secure would I feel, and the more unsecure will my nation’s economy get. And the more I spend, the less cash I have in bank, in fact it might even go negative which is good for the nation’s economy. Which means what is good for an individual is bad for the economy and vice versa. Who can answer to that?

Posted in fact | 1 Comment

Gregg Herken

Five myths about the atomic bomb The bomb ended the war – the Soviet Union’s unexpected entry into the war against Japan on Aug. 8 was probably an even greater shock to Tokyo than the atomic bombing of Hiroshima two days earlier. The bomb saved half a million American lives – the U.S. Joint War Plans Committee predicted in mid-June 1945 that the invasion of Japan, set to begin Nov. 1, would result in 193,000 U.S. casualties, including 40,000 deaths. The only alternative to the bomb was an invasion of Japan – there were two other options recognized at the time. The first was a demonstration of the atomic bomb … Continue reading

Posted in fact | 1 Comment

Siegfried Modola

Posted in fact | 4 Comments

林典子

Posted in fact | 3 Comments

岡潔

アインシュタインのしたことについて一番問題になりますのは、それまで直線的に無限大の速さで進む光というものがあると物理で思っていたのを、否定したのです。それを否定して、しかしいろいろな物理的な公理をそのまま残したのですね。 ところが光というものがあると考えていたアインシュタイン以前では、そういう公理体系は近似的に実験し得るものだったのです。だから物理的公理体系だったのです。ところがアインシュタインは、在来の光というものを否定した。そうすると、仮定している物理の公理体系が残っても、実験的には確かめることのできないものに変ってしまったのです。物理的な公理体系ではなくなったのです。 これはなんと言いますか、観念的公理体系、哲学的公理体系というようなものに変ってしまいます。そういう公理体系の上に物理学を組み上げたことになったのですね。現在はその状態なんです。 だから数学者はそれを問題にしているのですが、現在の公理体系を再び物理学的公理体系たらしめるにはどうすればよいか、そういうことが可能かという問題があるのです。ところが、それはできそうにもない。だから若い無茶の好きな数学者は、そういう準備もしておりますし、ことによるとそれは可能かもしれませんが、たいていの人はやろうともしていない。現在の物理学は数学者が数学的に批判すれば、物理学ではない。なんと言いますか、哲学の一種ですか。そんなふうな状態だから、それ以上立ち入って理論物理のことをやろうとしている数学者はあまりいないでしょう。早晩なんとかしなければならぬとは思うのです。 しかし公理体系の上にいろいろなものを積み上げて、物理学という知的体系の無矛盾が知的に証明できただけではだめだということが、数学の例でわかっていますが、その知的に無矛盾というものを証明することが、すでに到底できそうもないこととして写っているのです。それはアインシュタインが光の存在を否定しましたから。それにもかかわらず直線というふうなものがあると仮定していろいろやっていますね。 物理の根底に光があるなら、ユークリッド幾何に似たようなものを考えて、近似的に実験できますから、物理的公理体系ですが、光というものがないとしますと、これは超越的な公理体系、実験することのできない公理体系ですね。それが基礎になっていたら、物理学が知的に独立しているとは言えません。そこに物理学の一番大きな問題があると私は思います。たいていの数学者もそう見ているだろうと思います。まだ数学者と物理学者はお互いに話し合ってはいませんが。

Posted in fact | 1 Comment

Mike

Why is it that liberals always think the populace is stupid? Maybe it’s because they’re so arrogant, sitting in their ivory towers, gazing down imperiously on the people. Most folks know what’s best for them, whether they have a Ph.D., a Nobel Prize, or not. And they spoke this week in a strong voice. They do not want to go where the Democrats want to herd them. They are shedding Democrats as fast as they can. If it wasn’t for the fact that only 1/3 of the Senate is voted upon at any election, the Republicans would have been in this place four years ago.

Posted in american way, fact, information | 2 Comments

Bernard M. Baruch

Every man has a right to his own opinion, but no man has a right to be wrong in his facts.

Posted in fact | 1 Comment

渡辺京二

私のたしかめたところでは、石牟礼氏はこの作品を書くにために、患者の家にしげしげを通うことなどしていない。これが聞き書きだと信じこんでいる人にはおどろくべきことかもしれないが、彼女は一度か二度しかそれぞれの家を訪ねなかったそうである。 。。。 ところがあることから私はおそるべき事実に気づいた。仮にE家としておくが、その家のことを書いた彼女の短文について私はいくつか質問をした。事実を知りたかったからであるが、例によってあいまいきわまる彼女の答をつきつめて行くと、そのE家の老婆は彼女が書いているような言葉を語ってはいないということが明らかになった。瞬間的にひらめいた疑惑は私をほとんど驚愕させた。「じゃ、あなたは『苦海浄土』でも……」。すると彼女はいたずらを見つけられた女の子みたいな顔になった。しかし、すぐこう言った。 「だって、あのひとの心の中で言っていることを文字にすると、ああなるんだもの」

Posted in fact | 1 Comment

AFP

Les cages peintes en vert sont remplies d’animaux mais interdites aux visiteurs : depuis des semaines, l’espace de quarantaine du zoo d’Abidjan affiche complet, de nombreux particuliers abandonnant leurs singes de crainte d’attraper le virus d’Ebola, pourtant absent de Côte d’Ivoire.

Posted in fact | 1 Comment

大谷恭子

法廷は、提出された限られた事実から真実と正義を求めていくしかない。これは決してすべての事実ではないし、実体的正義ではないのだ。裁判での“真実と正義”は、所詮その程度のものでしかない。人間の営みとしては、なるほど工夫され、間違いが少ないようにはなっているが、決して“絶対”ではない。おおよそのところはこの人間の英知の結果を信じるしかないのだが、しかし、果たして、人一人の生命を奪うに足る“真実と正義”かとなると、私には、それは違う、としか言えない。

Posted in fact | 1 Comment

リブ・コンサルティング

Posted in fact | 2 Comments

Friedrich Wilhelm Nietzsche

There are no facts, only interpretations.

Posted in fact | 2 Comments

ウィキペディア

物理学上の法則というものが、それが即、自然自体の法則そのものだと信じられることも多いが、物理法則というのは、自然法則の不正確な写しや近似に過ぎないとする考え方もある。 また、物理法則が全て“永久で普遍の原理”だなどと信じられていた時代も長かったが、これも現在では疑問視されることも多い。ビッグバン仮説が見出され、科学者らがその理論に基づいて分析した結果、この宇宙の初期の段階では物理法則自体が定まっていない時期があり、あるきっかけで物理法則自体がある方向性で決まってゆく、空間自体の性質がある方向性で決まってゆくというプロセスを経て、現在我々が知っている「物理」自体ができあがってきた、とされているのである。また、現在の物理法則が将来も有効であるという保証は無い、それはそう信じたがっているタイプの物理学者の心に存在しているだけであって宇宙自体のどこにもそのような証拠はない、と指摘されることがある。 ある時点で物理学の領域で記述されている法則が、果たして本当に自然に存在している法則を充分に記述しているかどうか、ということは疑問視されることがある。 ニュートン力学は、20世紀初頭まで絶対的なもののように堅く信じられていた。その後、ニュートン力学というのは、絶対的ではないと理解されるようになってきている。 本物の自然というのは、人間の知的営為のかなたにあって、はるかに複雑であったり不可思議なことが実際には起きているのだ、それなのに理論体系や人工物に囲まれるとそうした基本的なことが分からなくなる、といったことも指摘されている。

Posted in fact | 2 Comments

Dan Brown

History is always written by the winners. When two cultures clash, the loser is obliterated, and the winner writes the history books — books which glorify their own cause and disparage the conquered foe. As Napoleon once said, “What is history, but a fable agreed upon?” He smiled. By its very nature, history is always a one-sided account.

Posted in fact | Leave a comment

兼常清佐

音楽の世界は暗黒世界である。いろいろな迷信が縦横にのさばり歩いている。 タッチの技巧     音楽批評家やピアノの師匠が熱心に主張するようなタッチの技巧というものが、事実上に本当にピアノの上に存在するか、ピアノは名人が叩くのと、私が万年筆の軸で押すのとで、本当に、事実上、音が違うものであるか。常識で考えて、そんな事実の存在しない事は明瞭である。これがピアノのようなものであるからこそ、そんな迷信が今日でも平気で行われている。他の機械なら、誰もそんな事を真面目に考える人はない。 音の混雑     ピアノの音は実際変るべき理由のあるところで、実際いろいろに変っている。たとえば今 c’ の音を或る速さで二度つづけて弾いたとする。楽譜には同じ c’ の音符が二つ書いてある。そしてこの二つの音は全く同じ c’ の音だと批評家も師匠も聞いている。この事を疑った批評家をまだ私は知らない。しかしピアノの構造の上から考えて見れば、そんな事はあり得ない。この二つの音の間には、音の混雑から起る相当な音色のちがいがなくてはならない。 音の遅速     ピアノを弾く人は、ピアノの音が鍵盤を叩いた瞬間よりもいくらか遅れて出るという事実にあまり気がつかない。しかし、そのような事実を平気で聞き落していいものであろうか。よほど上等なピアノの機械でも、この音のおくれを無くする事は出来ない。しかし、この時間の遅れは、決して平気で聞き落してもいいような瑣末なものでない。そしてその時間は鍵盤の沈む角速度に関係するから、音楽としては誠に重要な一問題である。 これはほんの一例である。ピアノにはこのような事はまだまだ沢山ある。これはみな十分明瞭な事実である。それにこの明瞭な事実は批評家にも、ピアノの先生にも一般に聞かれていないで、そして存在の曖昧至極なタッチの巧拙という事だけがひとり明瞭に聞き出されていいものであろうか。一体そんな事で私共の常識が承知するだろうか。

Posted in fact | 1 Comment

Allen Nelson

My Marine company was going through a village, when we were attacked by some Vietnamese soldiers. Many Marines were killed and many were wounded. The rest of us just ran around, trying to find a place of safety. I ran behind a Vietnamese house and ran down into their family bunker. … Once I got down inside of this bunker, I realized that there was someone there with me. I turned and looked. It was a young Vietnamese girl, maybe 15 or 16 years old. … She looked at me like I was a monster. She was very afraid of me, but for some reason she would not get up … Continue reading

Posted in fact | 2 Comments

Football Italia

Salernitana-Nocerina has been abandoned in Lega Pro after an extraordinary series of events. The local derby started 40 minutes late because the Nocerina players arrived at the stadium and refused to get off the team bus. They had reportedly received threats from their own fans before the game and were extremely nervous. After negotiations with the Lega Pro representatives at the stadium, Nocerina agreed to play, but it only appeared to be a ruse. After two minutes Nocerina made three substitutions, then over the next 17 minutes another five players limped off with ‘injuries.’ Ficarrotta of Nocerina and Salernitana’s Iannarilli were also sent off for a scuffle. This left Nocerina … Continue reading

Posted in fact | 1 Comment

Sarah Sirgany, Laura Smith-Spark

For 67 years, the Virgin Mary Church has been a peaceful refuge for Shenouda El Sayeh, much like the Giza province village of Kafr Hakim where it rests and where he has lived all those years. But, as he swept its floors on Thursday, it was painfully obvious things had changed. The night before, a mob — chanting against Coptic Christians such as El Sayeh and calling for Egypt to become an “Islamic state” — had torched and looted the Virgin Mary Church. “I didn’t expect this to happen,” El Sayeh said. He’s not alone. Christians all around Egypt are cleaning up in the aftermath of a spate of attacks, … Continue reading

Posted in fact | 2 Comments

Rosalind Franklin, James Watson

Rosalind Franklin James Watson Franklin is best known for her work on the X-ray diffraction images of DNA which led to the discovery of DNA double helix. Her data, according to Francis Crick, were “the data we actually used” to formulate Crick and Watson’s 1953 hypothesis regarding the structure of DNA. Franklin’s images of X-ray diffraction confirming the helical structure of DNA were shown to Watson without her approval or knowledge. Though this image and her accurate interpretation of the data provided valuable insight into the DNA structure, Franklin’s scientific contributions to the discovery of the double helix are often overlooked. Unpublished drafts of her papers (written just as she … Continue reading

Posted in fact | 1 Comment

岡田広行

福島市や全村民が避難を余儀なくされている福島県飯舘村など、福島第一原子力発電所からの放射性物質で汚染された地域で、動物や植物に異常が多く見られることが研究者による調査で明らかになった。 筑波大学のランディープ・ラクワール教授: つくば市内の研究所で育てた稲の苗を、飯舘村内の試験農場に持ち込んだうえで、放射線の外部被曝にさらされる屋外に置いた。飯舘村の試験農場に到着してから6時間後に採取したサンプルではDNA損傷修復関連の遺伝子に、72時間後ではストレス・防護反応関連の遺伝子に変化が認められた。 琉球大学の大瀧丈二准教授: ほかの地域と比べて福島県内のヤマトシジミでは、羽のサイズが小さい個体が明らかに多いことがわかった。地面の放射線量と羽のサイズを比較したところ逆相関が見られ、線量が上がっていくにつれて羽のサイズが小さくなる傾向が見られた。生存率も大幅に低くなり、死に方でも明らかな異常が多く見られた。 東京大学の石田健准教授: 帰還困難区域に指定されている浪江町で野生のウグイス4羽を捕獲したところ、うち1羽から今までにウグイスでは見たこともないおできが見つかった。驚くほどの病状で、このウグイスには血液原虫も寄生していた。また、捕獲したウグイスの羽毛を持ち帰って放射線量を測定したところ、大量の汚染が判明した。 羽山伸一・日本獣医生命科学大学教授: 福島市内で捕獲された396頭のサルについて土壌中のセシウムの量と筋肉中のセシウム濃度の関係を検証した結果、土壌汚染レベルが高いところほど、体内のセシウム蓄積レベルも高い傾向があることがわかった。また、木の皮や芽を食べることが多く、土壌の舞い上がりが多い冬期に、体内の濃度が上昇している。

Posted in fact | 1 Comment

Sandra Bowles

The editor’s job has very little to do with working with text. It mostly involves managing the overall process, soliciting articles, and working with the organization. I thought editing was about working with words — but editors do very little work with words. Mostly we work with authors and ideas.

Posted in fact | 2 Comments

Petra Boynton

In a large number of these surveys people inflate how often they have sex. They are buying into this idea that great sex is measured by how often you have it. We do have an anxiety about trusting sex research generally, partly because of worries over talking about sex but recently more because of the misuse of the survey tool as an advertising device. It is hardly surprising that journalists and the public don’t trust sex research. What they see shared in mainstream media is not the careful and more balanced work undertaken in social and health research. As sex stories on relationships advice in media are pinned on “statistics“, … Continue reading

Posted in fact | 1 Comment

Brian Wheeler

It is understandable that people want to present a positive image of themselves to friends, family and colleagues. But why fib to researchers? After all, the man or woman from the Office for National Statistics or Ipsos Mori can’t order you to go on a diet or lay off the wine. It is a question that has been puzzling social scientists for decades. They even have a name for it – The Social Desirability Bias. “People respond to surveys in the way they think they ought to. It is otherwise known as lying,” says Kate Fox. It is a particular problem when it comes to “sins” such as alcohol and … Continue reading

Posted in fact | 2 Comments

Michael Blastland

The news is chock full of surveys. Many are blatant self-promotion and/or statistical garbage. All surveys can suffer from bias – deliberately or not – by picking up or missing too many of a vital group and simply extrapolating – as if everyone in the country is the same as the people who completed the survey. Were they?

Posted in fact | Leave a comment

Nigel Hawkes, Leonor Sierra

Statistics borrow from mathematics an air of precision and certainty but also call on human judgment and so are subject to bias and imprecision Knowing what has been counted, and how, tells us whether a study can really answer the question it addresses Like words, numbers and statistics mean different things in different contexts Just because something is statistically significant it doesn’t mean it is practically significant or of importance to society It can be too difficult or not practical to make a complete count – it is impossible to know the exact number of illegal immigrants, for example, and we can only estimate the number. The only time when the whole population is asked … Continue reading

Posted in fact, information | 3 Comments

The Economist

When population density is measured by standard methods, small countries and territories such as Macau, Monaco and Singapore rank among the world’s most crowded. However, given that mostly uninhabitable deserts cover more than 95% of Egypt and mudslide-prone mountains a quarter of Hong Kong, it is not surprising that the built-up urban areas in these places feel much more crowded than conventional comparisons suggest. So an alternative method of calculating population density is to divide the urban population by the area taken up by cities. On this measure Bangladesh’s urban areas hold about 75,000 people per square kilometre (194,250 per square mile). This is likely the world’s highest and is … Continue reading

Posted in fact | 2 Comments

International Business Times

Schematic images of the disaster struck reactors of the nuclear power plant Fukushima Dai-ichi in Japan, helping to understand the various reports about explosions and fires. There are 6 reactor blocks, which are all the same pre-1970 Boiling Water Reactor (BWR) General Electric Mark I design. A crucial weakness of nuclear reactors is their dependence on the outside electricity grid to keep the several pumps and different water circulation systems running, which in turn are vital to keep the reactor core from overheating. In the current case of a failure of both the electricity grid and the emergency power, the reactor core starts overheating and melts down, a process that … Continue reading

Posted in fact | 2 Comments

姜尚中

東日本大震災を第二の敗戦、終戦と言う人がいます。確に似た面がないわけではありませんが、3・11は8・15とあべこべのことが起きたと私は思います。それは「国破れて山河あり」でなく、「山河破れて国あり」ということです。

Posted in fact | 1 Comment

World War II

World War II was the deadliest military conflict in history. Over 60 million people were killed, which was over 2.5% of the world population. The tables below give a detailed country-by-country count of human losses.

Posted in fact | 4 Comments

ГУЛаг

Posted in fact | Leave a comment

Alexander Wienerberger

Passers-by no longer pay attention to the corpses of starved peasants on a street in Kharkiv, 1933.

Posted in fact | Leave a comment

John C. Campbell

The Harvest of Sorrow: Soviet Collectivization and the Terror-Famine; Famine in the Ukraine, 1932-1933 by Robert Conquest Two books remind the world of Stalin’s campaign against the kulaks and the drive for farm collectivization accompanied by force, terror and famine, especially in the Ukraine. Conquest’s study places these events in the context of Bolshevik politics and policy and describes the famine in grisly detail. On one of his main themes, the deliberate destruction of the independent peasantry for reasons of ideology and power, the record is indisputable; on his other theme, that the famine was an act of genocide directed against the Ukrainian nation, the case is less clear, although … Continue reading

Posted in fact | 2 Comments

Eucharia Uche, Silvia Neid, Pia Sundhage, Hope Powell, Norio Sasaki, Ryuji Sonoda

 

Posted in fact | 1 Comment

労働政策研究・研修機構

標準労働者の生涯賃金(定年まで、退職金を除く – 2009年) 小企業に勤める高卒女子の生涯賃金は、大企業に勤める大卒男子の生涯賃金の、半分 性別・学歴 企業規模 1,000人以上 100-999人 10-99人 女子・高卒 2億0080万円 1億6940万円 1億5060万円 男性・高卒 2億6580万円 2億2510万円 1億9350万円 女子・大卒 2億5430万円 2億3210万円 2億0710万円 男子・大卒 3億0900万円 2億4660万円 2億2030万円   学歴別失業率 中学・高校卒の失業率は、大学・大学院卒の失業率の、1.56倍 中学・高校卒 短大・高専卒 大学・大学院卒 2011年 5.3% 4.2% 3.4%

Posted in fact | 2 Comments

Eric Hobsbawm

The term ‘invented tradition‘ is used in a broad, but not imprecise sense. It includes both ‘traditions’ actually invented, constructed and formally instituted and those emerging in a less easily traceable manner within a brief and dateable period — a matter of a few years perhaps — and establishing themselves with great rapidity. The royal Christmas broadcast in Britain (instituted in 1932) is an example of the first; the appearance and development of the practices associated with the Cup Final in British Association Football, of the second.

Posted in fact | 2 Comments

newsru.com

Как передает РГВК “Дагестан”, 56-летняя Айшат Максудова схватилась с хищником, когда тот напал на нее в селе Ново Бирюзяк – туда пенсионерка приехала погостить к родственникам. Однажды днем Максудова вышла за околицу, чтобы починить заграждение для домашнего скота. В это время на нее вышел здоровенный хищник. Животное сначало зарычало, а потом напало на женщину. В первые секунды превосходство было на стороне волка. Он повалил потенциальную добычу на землю. В это время женщина даже выронила из рук единственное имевшееся у нее на тот момент оружие – топор. Однако, настойчивая пенсионерка не сдалась и сумела вывернутся и схватить волка за загривок свободной рукой. В другую – хищник вцепился мертвой хваткой. Пенсионерка так … Continue reading

Posted in fact | 1 Comment

Edgar Morin

Life is born from the Land. We are all sons of the earth and that is where our roots reside. That means that we don’t just have regional native lands nor national nor European. This is a first reality. The second is that we are bound to a common destiny and we have many common problems to solve: economic, demographic, ecologic problems, problems of drugs and so forth. We therefore have a common terrestrial identity and a common destiny. But we must still become conscious and develop an organized system adequate to that conscientiousness.

Posted in fact | 2 Comments

송희영

米連邦準備理事会(FRB)のグリーンスパン前議長は昨年、ニューヨークで開かれた投資家との会合で講演した。主催者は「講演料をドルで払いましょうか。それともユーロで払いましょうか」と尋ねた。グリーンスパン前議長は「フォーナインにしましょう」と答えたという。フォーナインとは、純度99.99%の金塊を指す。現在のような危機ではどこの国の通貨も信用できないというジョークだった。 主権格付けは一国が借金を返済する能力を表す指標であり、GDPは経済の規模を示す指標だ。経済力が最も凝縮されているのがその国の通貨だ。 40年以上前、カンボジアの通貨は一夜で紙くずになった。経済が破綻し、新政権が樹立されると、それまでの通貨が無効化されたからだ。カンボジアの人々は旧紙幣を貼り合わせ、紙袋などにリサイクルした。 エクアドルは2000年1月、財務省の庁舎前で自国通貨を燃やすセレモニーを行った。米ドルを同国の公式通貨に定めた直後だった。ハンバーガーもドル建てで売られるようになり、銀行預金もドル建てに変わった。しかし、「米国の植民地になるわけにはいかない」と叫ぶデモは起きなかった。国会での小競り合いもなかった。度重なるインフレ、金融危機、通貨危機が身にしみたエクアドル国民は自国通貨が煙の中に消えるセレモニーに拍手を送った。 なぜウォン建て債券が東京やロンドンでは売れず、ソウルでだけ売られるのか。なぜニューヨークの主要銀行に5万ウォン紙幣の札束を持っていっても、ドルに両替してくれないのか。 イ・ミョンバク大統領が就任した日、ウォン相場は1ドル=949ウォンだったが、今月5日のウォン相場は同1111ウォンで、17%もウォン安に振れた。ウォンの通貨としての価値が低下することも知らないまま、自動車、半導体の輸出を最優先してきた結果だ。そろそろウォンを金塊のように堅固な通貨に成長させるという指導者が現れてもよい時期ではなかろうか。

Posted in fact | 4 Comments

Department of History, United States Military Academy

Posted in fact | Leave a comment

週刊オブイェクト (Объект)

2012年10月に普天間基地への配備される予定のオスプレイですが、4月11日にモロッコでMV-22(海兵隊仕様)が墜落、6月13日にフロリダでCV-22(空軍仕様)が墜落しました。 事故が2回続いた事で安全性を懸念する声が出るのは仕方がないですが、問題となるのはその内容です。事故が2回起きたというだけなら、日本の海上自衛隊のSH-60J対潜ヘリコプターも今年の2月8日に横転大破、4月15日に墜落と重大事故が連続していますが、パイロットの操縦ミスが原因であり、機体の欠陥などではないとされています。オスプレイについても現時点では機体の問題は発見されておらず、パイロットの操縦ミスの可能性が高いとされています。 ◯ モロッコの事故は経験の浅い操縦士が機体の速度が遅いまま転換飛行を試みる操縦マニュアル違反を犯し、機首下げ状態で追い風の中、失速した。 ◯ フロリダの事故は前方の僚機との距離が近過ぎた事で僚機の出す乱流に巻き込まれた可能性があり、250フィート離れるという操縦マニュアルに違反していた。。。かもしれない。 この二つの事故を入れたオスプレイの実戦配備以後の事故件数は、MV-22がクラスA事故2件(うち墜落1回)、CV-22がクラスA事故3件(うち墜落2回)、計5件です。総飛行時間についてはMV-22が11万5千時間、CV-22が2,2266時間(2012年6月15日時点)で、MV-22とCV-22を合わせて約13万7千飛行時間です。ここからオスプレイの事故率は10万飛行時間あたり約3.65件となります。最近10年の軍用ヘリコプターの事故率の平均が10万飛行時間あたり2~3件なので、若干悪い程度です。海兵隊に限れば、MV-22は2件未満で、平均以下です。

Posted in fact | 4 Comments

宋文洲

なぜここまできれいごとを嫌うかというと、中国の文化大革命を経験したからです。数億人が十年間にもわたってきれいごとを言い合い、人間としてのあらゆる不道徳を革命や毛沢東思想で包み込み、他人を害し、社会を害し、最後は自分も害しました。その壮大なきれいごと社会が人間社会にもたらした壮大な悲劇を体験したからです。 なぜ90年代初頭から急に成長が止まり、20年間にもわたってその成長を止めたのでしょうか。私は日本社会が本音を言わず、きれいごとばかりにはまったのが重要な原因だと思うのです。きれいごとを言うから本質を見失い、本質が見えなければ戦略もビジョンもありえないのです。 きれいごとになれた社会には評論家が大量発生します。きれいごとが武器となり、他人を攻撃する時も自分を防衛する時にもこれを使うのです。きれいごとを言っているうちに自分が偉くなる気分になり、世の中のマイナス面は全部ほかの誰かのせいで、自分だけが正しい気分になります。実際に税金を払う人がどんどん少なくなり、実体経済がどんどん悪くなるのです。 きれいごとをやめないと本質が見えてきません。きれいごとをやめないと個人が自立できません。きれいごとを言い合っても世の中は何一つ変わりません。

Posted in fact | 2 Comments

>Nassim Nicholas Taleb

> Things always become obvious after the fact. When you develop your opinions on the basis of weak evidence, you will have difficulty interpreting subsequent information that contradicts these opinions, even if this new information is obviously more accurate. If you hear a “prominent” economist using the word ‘equilibrium,’ or ‘normal distribution,’ do not argue with him; just ignore him, or try to put a rat down his shirt.

Posted in fact | 4 Comments